雨音 稟


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

プロフィール

名前:雨音 稟(あまね りん)
性別:女
年齢:26
身長:178cm
体重:60kg
職業:御影家特殊戦闘部隊『ヴァルキリー』隊員。
容姿:雪のように白い肌に同じく白い長髪を後ろで纏めている。
   着物を着崩したように着用し、襟の部分に白い薔薇の刺繍が施されている。
   健康的な露出の南雲とは違い、妖艶な雰囲気が漂う。
眼名:氷炎眼(ひょうえんがん)
能力:周囲の熱量を操作する。最大で半径30メートルほど。
   熱を加え続けることで発火、奪い続けることで凍結させることも可能。
人物紹介:御影家施設戦闘部隊『ヴァルキリー』隊員。
     サバサバとした姉御肌で、他の隊員(隊長含む)の面倒を見ることが多いが、普段はだらけており、任務をすっぽかすことも偶にある。
     そのせいか、アイリーン不在の時に隊を纏めるのは尹 明華が任されることが殆ど。
     無類の酒好きであり、任務がない時は1日中飲んでいることもあるとか。
     『崩牙』(ほうが)という大剣と『月閃』(がっせん)という長刀を武器に闘う。
     どちらも常人が持てる重さではなく、外見からは想像出来ないほどの怪力を持つ。
     尚、本人の口から言われたことはないがアイリーンに匹敵するほどの実力を持ち、実力的には隊のNo.2と言っても過言ではない。

過去


戦歴

【悪鬼編】
vsアイリーン→敗北

技一覧

『陽炎の陣』(かげろうのじん)

殺傷力:F
周囲の熱量を操作して空気の密度を変え、意図的に蜃気楼を作り出し操作する。
基本的に作り出せる数に制限はないが、数が増えるほど単調な動きしか出来なくなる。
更に、蜃気楼によって生み出された分身には当然実体はなく、当たってもすり抜けるだけだが、
本体がどこかに必ずいるため、それを見抜けない限り相手は攻撃されても避けるしかない。

『絶凍の陣』(ぜっとうのじん)

殺傷力:C
周囲の熱を奪い取り、一瞬で極寒にする。最大で半径10メートルほど。
この空間では物体を自由に凍らせることが出来、理論上では炎すらも凍らせることが出来る。
仮に融けたとしても、融けたところで再び凍らせる、ということを繰り返せば、半永久的に凍らせ続けることが可能である。