異牙の里


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

◆異牙の里(いがのさと)

かつて東北の人里離れた山奥「異牙」という地にあった集落のこと。
異牙忍者と呼ばれる忍の本拠地であったことから、「異牙忍村」とも呼ばれていた。
戦国乱世の時代にはおよそ数千から数万の忍が居住していたといわれているが、
明治以降は過疎化が深刻化し、現在では朽ちた廃屋のみが残る廃村と化している。