柊 冬箕


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

プロフィール

名前:柊 冬箕(ひいらぎ ふゆみ)
性別:女
年齢:?
身長:【第弐部】158cm→【第参部】変わらず
体重:【第弐部】42kg→【第参部】変わらず
職業:【第弐部】ISS研究部門統括→ISS会長→【第参部】極東01地区EDER所長。
容姿:【第弐部】眼鏡をかけ、髪を紫色に染めて前髪を切り揃え、長い後髪を大きな一本纏めの三つ編みにしている。常に白衣姿。
    【第参部】でも変わっていない模様。
眼名:?
能力:?
人物紹介:【第弐部】で本部の研究部門を統括していた年齢不詳の美女。
       「ですわ」や「よくてよ」など、お嬢様のような女性語を多用し、態度でも気品ある振る舞いを見せるが、
       その裏では年下の女性に対し公然と思わせぶりな発言をするなど、理解し難い一面も持っている。
       ただ、幹部としては鬼怒 輝明らなどの一部過激派とは違って基本は穏健派であり、
       レッド・フォースの暴挙の際には率先して市民の避難誘導に当たったり、
       またISSに蔓延る悪を炙り出そうと独自に調査を開始したり、一定の良識を見せている。
       しかし、【悪鬼編】で御影 篠の手により深手を負って戦線離脱。
       療養中の最中に残す幹部の虎将 蒼月夜霞 龍之介がISSを離脱した為、
       自動的に次の会長に選出されたが、直後にISS解体が決定し解任。治療に専念することになる。
       その後、EPSILONから誘いを受け科学者として現場復帰。
      【第参部】では極東01地区「EDER」所長となっている。

過去


戦歴


技一覧