虎将 蒼月


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

◆虎将 蒼月(こじょう そうげつ)

ISSの初代会長。年齢は65歳。
元は警視庁捜査一課(後に捜査特務課所属)の刑事で、龍神 吼一郎雀舞 美緑とは旧知の仲。
かつて二度に渡る落葉絡みの大事件(斑目事件亀澄事件)の解決に直接的に貢献しながらも、
大きな被害を出したことで警察を追われてしまい、それを切欠に警察に代わる対異能犯罪機関創設を決心した。
二年前からISSインド支部創設のためにISS本部ビルを留守にしているが、雀舞曰く「情報が全く入ってこない」らしい。
九鬼 義隆が死亡し、厨弐市での異変に人々が気づき始めた矢先に、突如として辞任を発表。行方をくらました。
しかし、この時既に、虎将本人は亡き者にされていたことが【第参部】で明らかになっている。