高槍 一成


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

プロフィール

名前:高槍 一成(たかやり いっせい)
性別:男
年齢:32
身長:184cm
体重:63kg
職業:流辿一派のメンバー(元スイーパー)
容姿:深緑色のカーゴパンツにブラックのミリタリージャケット
   服の上からでも分かるほどの鍛えられた体幹と筋肉を持つ
   髪は黒い短髪で善人面の顔は戦闘時以外はあまりオーラはない
眼名:銀槍眼(ぎんそうがん)
能力:触れたものを銀に変換し、それによって造られた槍にも同様の効果がある
   生み出す銀は純銀に限らず錆びついたものや、銀と名のつく化合物まで様々
人物紹介:かつては『銀の魔槍』と呼ばれた優秀なスイーパーだった。
     自分の能力を何よりも信用する男であり、戦闘において熱くなりがち。
     あまり頭を使うことは得意ではなく、与えられた仕事をこなす方が力を発揮できるタイプである。だが、独断行動多し。
     ローラ・アルベルティとはよく一緒にいており、気の合う相棒として接している。
     スイーパーになり立てだった十代の頃にあるトラウマを受け、それが理由となって秋雨 流辿に着いてきた。

過去

ごく一般的な家庭に生まれ、幼少時より邪気眼を発動できた。
隔世遺伝であり、親はごく普通の人間。
周囲からは冷ややかな扱いを受けていたが、唯一自分を認め愛してくれた親のためスイーパー試験に17才で合格する。
だが18才のある日、異能犯罪者を殺害する自分の姿を畏怖の眼で見る両親の瞳がトラウマとなり、生き方が激変する。
スイーパーやISSを歪な存在だと定義し、自分自身もその歪んだモノの一部としてただ犯罪者制圧に没頭してきた。
その考えは秋雨 流辿に出会うことで更に変化し、『新たなISS』という目的を見つける。

戦歴

VS獅子堂
VS二条院 茜

技一覧

【悪銀擬セ(コンタクト・カロウジョン)】

手のひら、または槍に触れた無機物を錆びた銀へと変える。
無機物であれば邪気眼で生み出しものであれ、どんな堅牢な防壁をも突き破る。

【刻刺無槍(スティッキング・シルヴァー)】

槍を地面に突き立てることで邪気を地中に送り、辺り一面を純銀へと変える。
そこからその銀を変化させて生み出した槍で相手を下から穿つ。
相手へと自動的に追い続けるが、『銀の浸食したフィールド上にいる高槍以外の人間』を狙うよう調節しているので敵味方の識別不可。
範囲が広く多人数に対応できるが、高槍が一対一を好むためあまり使われることはない。