Oracle VM サーバー仮想化構築ガイド


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

  • サーバ仮想化の種類
    • ホスト型
    • ハイパーバイザー型
  • Oracle VM Server
    • Oracle VM Manager
      • インストールメディアまたはテンプレートからの仮想マシンの作成
      • 仮想マシンの削除
      • 仮想マシンの電源オフ(停止)
      • 仮想マシンのアップロード(起動)
      • 仮想マシンの配置
      • 仮想マシンのライブ・マイグレーションの実行
      • ISOイメージのインポートおよび管理
      • 仮想マシン・テンプレートの作成および管理
      • 共有可能なハードディスクの作成および管理
    • Oracle VM Agent
      • Oracle VM Serverと共に物理サーバにインストールされ、Oracle VM Managerと通信して仮想マシンを管理する。
    • 優位性
      • コスト・パフォーマンス
        • Xenハイパーバイザーを採用し、I/Oオーバヘッドの削減、メモリーのオーバヘッドの削減、プロセス・スケジューリングの効率化などの機能拡張を実施。

●保守サーポート
最大2個(ソケット数)のCPUを搭載したハードウェア 無制限(ソケット数)のCPUを搭載したハードウェア 詳細情報
ソフトウェア 無料 無料 無償のインストール可能なバイナリおよびソースはオンラインで入手可能
Oracle VM Premier Support(1年) 65100円(税抜) 130300円(税抜) Unbreakable Linux Network からのソフトウェアおよび更新へのアクセス 24時間365日の技術サポート
Oracle VM Premier Support(3年) 195300円(税抜) 391000円(税抜) サポート内容は同上 サポート期間が3年