※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

さあ、おまいら!小説書きましょうよ♪



やあ(´・ω・`)ようこそ

うん、そうなんだ。小説なんだ。やってみようとおもってね。
やりたかったらやればいいと思うんだ。
でもね、ちょっと難しいよね。恥ずかしいよね。
でもね、ここは良いインターネッツなので誰が書いたかわかりませんよ( ̄ー ̄)ニヤリ

では、ちょっと練習してみましょう。
一つの事を擬人化、擬音化、たとえ話などを駆使してより感情的に表現してみましょう。



例題:「私は今、喉が渇いている」

散々と照りつける太陽の下、私は一人砂漠にたたずんでいるかのようだ。
額から流れる汗はまるで意思を持っているかのごとくに私に襲いかかり、平常心を奪っていく。
こんな状態ではまともにしゃべることもできず、ただゼーゼーと息を切らしている哺乳類だ。
たとえ今私がライオンだったとしても百獣の王たる威厳を示す事はできないだろう。
つまり簡潔に言うと喉が渇いて我慢できないのだ。




どうだい?(´・ω・`)なんとなくわかったかな?
あとはこのWIKIをつかってガンガン書いていけばいいと思うんだ。
まずメニューに項目を作り、第1章-○説といった具合にページを新設していけばいいよ。
メニューからリンクするタグはヘルプを見てくれればいいと思う。
うん、そうなんだ。目指せ書籍化で印税生活なんだ。
じゃあ、ぼくはそろそろいくよ(´・ω・`)