※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ここの項では、ミックスの項で紹介した方法で、各パートの実例を紹介します。
個人的によく利用する方法で順を追って紹介していますので、
飽くまでも、幾多ある方法の中の一例であると認識してください。

全てはトライアンドエラー、その時に聞いた音、自分の感覚を信じてください。
教科書に載っていることが全てではない、 百聞は一見にしかず です。

では、大した事は書いていませんが、読み方を知っておいてください。

それぞれの項目では、インサートするエフェクトを順番に並べて記載しています。
基本的にはその順番で挿してゆき、足りない所は補ってください。
(低音がハッキリしない時はEQで高域を削るなどなど・・・)

それだけです。

続いて基本的な考え方ですが、 エフェクトは挿す順番で音が変わります。

例えばコンプをかけてからステレオイメージャーを挿すのと、
その逆では意味が違ってきます。

前者であればコンプ後の音に広がり適用されますが、
後者は音が広がった後にコンプがかかります。

コンプは音を潰すエフェクトであるため、場合によっては 後者だと意味が無くなります。
順番は、後からいくらでもドラッグ&ドロップで変更できますので、色々試すのも イイネ!