※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

フォルタ (フェイバードソウル(コード))


セッション前の打ち合わせでは、「大剣もって突っ込みます」という話から、ファイターかそれに類する前衛系では、と想定されていたのだが実際はクレリック版ソーサラーとも言うべきフェイバードソウルであった。

プレイヤーはメンバー中、D&DおよびTRPGの経験がもっとも浅かったと思われるが、それゆえに本キャンペーンにおいてもっとも成長したともいえる。

キャラクターのタイプとしてはBuff(自己強化呪文)型戦士であるが、作成当時のプレイヤーのキャラクタービルド能力不足もあり、Buffが完了し前線に到着する場合もしばしば、という光景が見られた。
逆に、敵が多大な場合、信仰呪文の術者であるため回復に追われることとなり、前線に出れないというジレンマを抱えたキャラクターとなってしまった。

なお、プレイヤーの名誉のためにいっておくと、キャンペーン開始から2~3年後には同じコンセプトのフォルタMkIIで相当すばらしいキャラクターを作成している。成長著しいといわれる所以である。


キャラクターは明朗快活な好漢であるが、上記のような理由やプレイヤーの下品もとい不用意な発言からしばしば不憫な結果を招くことも多い。


最終的にはフェイバードソウルというスペルキャスト回数の多さと柔軟なミラクル運用から、パーティ内でもっとも頼りになる回復役として機能するようになった。
また、ほかのキャンペーンでは見ることができないだろうと思われるフェイバードソウル18Lv(羽が生えて空が飛べるようになる)まで達したのも特筆すべき点である。