セキュリティ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

HTTPSの使用

ページ内容やユーザ入力の盗聴やなりすましを防ぐ事が出来る。

社内システムなどでHTTPSを使用しない場合は、同一ネットワーク上のユーザがログイン時に入力したパスワードも盗聴可能である。その為に、殆どの情報漏えい対策が無効になると言っても良い筈だが、多くの場合は予算の関係上から無視される。


パスワード・エイジング

パスワードに使用期限を設定して、同じパスワードを長期間使えないようにする事。


多重ログイン制御

(作成中)

脆弱性対策

(作成中)
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

メニュー


タグ


更新履歴

取得中です。


カウンタ -