保管場所


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ぶっかけはしたいけどフィギュアを保管する場所が無い……
無洗浄したいけど家族の目が気になる……
そんな人は少なく無いでしょう。
もちろん中には「俺はぶっかけをする!無洗浄もする!人からの評価?そんな物は知るか!」という人もいるでしょうが、少しは世間体を気にしてください。
ぶっかけフェチはマイノリティであるため、ここではあえてそんな少数派の我々の為にぶっかけ済/予定問わず、フィギュアや本などの保管場所の例をあげておきましょう。
ですが、言い方を変えるとこれは「公言された保管場所」であり、推奨する場所ではありません。あくまでも参考とし、独自の保管場所を自ら開拓してください。

日用品に隠す

自分しか触れる事の無い日用品に隠すのは、物を隠す際の常套手段です。例えば工具箱や洋服箪笥の奥等があります。
これらの保管場所は「日用品を借りる」というイベントが発生しない限りは基本的には見つかる事はありません。言い換えれば、その手のイベントは忘れた頃に発生するので、あくまでも一時的な保管場所程度にしかなりません。

上に隠す

人間は物を探すとき、何かと近い場所を優先的に探すものです。なので、物を隠す際は(座っている人間の)手から遠い、人間が立った際の視線から上の方に隠すと良いとされています。
棚の上や箪笥の上、無造作に置かれた箱の蓋に埃が積もっているなんてのはよくある話です。

風景に隠す

ありふれた風景の中に隠されていると、例えそれが異質なものであっても気付きにくいものです。わかりやすく言うなら、100冊以上並んだ本の中から、ぶっかけられている本を探し出すのは容易ではないと言う事です。
無論、そのままの意味で隠しても隠し通せる確率はかなり低いでしょう。が、アイデア次第ではいくらでも活用方法のあるパターンです。例えば、あなたは機械製品を分解した事はありますか?大型の壊れた機械製品は、中身を取り外してしまえば大型の宝箱になります。(なお、機械製品は十分な知識と技術の無い方は分解しないでください。感電、爆発、爆縮等の危険性があります)

埃の中に隠す

大掃除の際に埃が溜まっている場所というのは、人の目に触れない、人が触らない場所です。そのため、家の中で埃が溜まっている場所があれば、そこは物を隠すのにうってつけの場所だと言う事です。
ですが、風通しが悪いと言う事でもあります。フィギュアを保管するには向いていないため、戦場後の乾燥/無洗浄放置する際は、他の場所を用意する必要があります。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。