モブハントとは

普通のモンスターよりもちょっぴり危険なモブを殺して回る
そんな光の戦士を称えてグランドカンパニーは同盟記章と神話、戦記をくれる
カンスト前から神話や戦記を集められる神コンテンツ

トークン取得量

ランク 同盟記章 神話 戦記
Bランク 5 30 0
Aランク 20 ??? ???
Sランク 50 100 ???

交換アイテム

+交換アイテム
名前 同盟記章
エリート武器 1740
エリート防具(頭) 600
エリート防具(胴) 1000
エリート防具(手) 600
エリート防具(脚) 1000
モブハンターの手記 250
アレキサンドライト 200
ベンチャースクリップ(5) 10
転送網利用券(3) 15
ダミー(木人) 180
RGアルテマウェポン(家具) 80
トレジャーボックス 440
マメット・サキュバス 500
レイゲンの野菜 20

※「モブハンターの手記」は、モードゥナのエリナで「アラグの時砂」、「アラグの時油」などに交換可能。
  アラグの時砂/時油は、戦記装備の入手・強化に使用する。
※アレキサンドライトは、ゾディアックウェポン「古の武器:ノウス」の作成に使用



リスキーモブ情報

リスキーモブについての情報は各地のエーテライト付近や町にいるモブハンターから聞ける

リムサ

+中央ラノシア

ランクB 森林の女王「スコッグ・フリュー」

畑の益虫を片っ端から喰らう、レディバグの女王「スコッグ・フリュー」。
その食欲は留まるところを知らず、ついにはチョコボや人まで襲うようになったらしい。
硬い甲殻に守られているため、討伐は手こずりそうだ。

ランクA 求職の傭兵「醜男のヴォガージャ」

傭兵の職を求めて、はるか西方の新大陸から渡って来たものの、雇い主を見つけられなかったマムージャ族傭兵がいる。
「ヴォガージャ」という名のこの傭兵は、職が得られないのは、自分が醜男だからなのかと激昂。
手当たり次第に、リムサ・ロミンサの民を襲っているらしい

ランクS 巨躯の耕人「クロック・ミテーヌ」

頭頂部に茂らせた植物を、何よりも誇りにしているグゥーブーがいる。
毎日、頭に新鮮な川水を注ぎ、肥料を振りかけて手入れする熱心ぶり。
問題なのは、独占欲が強すぎることだ……。
良質な栽培用の土を求めてやって来た者が、次々と襲われている。
栽培をしたいなら、迷惑をかけずにやってもらいたいものだ。

+低地ラノシア

ランクB 坑道の吸血王「バーバステル」

おぞましい吸血蝙蝠、「バーバステル」は、「ブラインドアイアン坑道」のヌシともいえる存在だ。
「レッドルースター農場」の家畜が、干からびた変死体で発見された事件も、「バーバステル」による仕業だと考えられている。

ランクA 寓話の海獣「ウンクテヒ」

モラビー湾岸地域に、古くから伝わる伝承がある。それは、海から人喰いの怪物「ウンクテヒ」が、上陸してくるというものだ。
長らくこの伝承は、子どもを叱るための寓話と思われてきた。
しかし、近年になって、怪物の目撃情報が多発……。
周辺住民から、不安の声が上がっているそうだ。

ランクS 不祥な大蝦蟇「ケロゲロス」

イエロージャケットが、ある婦人から夫の捜索を依頼された。
件の夫は、無くした指輪を探しに出かけたらしい。
婦人は夜遅いからと止めたそうだが、夫は月明かりがあるから大丈夫と、忠告を無視してな。
結局、必死の捜査もむなしく夫は見つからなかった。
彼が姿を消した場所の周辺で見つかったのは、一匹の肥え太った大蛙だけだったそうな……。

+東ラノシア

ランクB 鮮血の母鳥「ブラッディ・マリー」

あるキキルン族の船乗りが、大好物の卵を求めて、ブラッドショア沿岸のアプカルの巣をあさっていた。
その時、親アプカルが海から帰巣……。
激怒した母鳥は、卵泥棒をくちばしで滅多刺し……。
結果、緑の体毛が深紅に染まったこのアプカルは、「血塗れのメアリー」と呼ばれるようになったそうだ。

ランクA 暴走兵器「魔導ヘルズクロー」

ガレマール帝国といえば、魔導技術で有名だ。
だが、それも万能というわけではないらしい。
整備不良が原因なのか、あるいは改良に失敗したのか。
帝国兵のコントロールが効かなくなった魔導兵器が暴走しているようだ。

ランクS 眠れる悪鬼「ガーロック」

ブラッドショアの岩場にある、薄暗い洞穴。
その奥には、「ガーロック」と呼ばれる怪物が、棲んでいると噂されていた。
その噂が、コスタ・デル・ソルの地主、ゲゲルジュ氏の耳に入ったらしくてな……。
部下に「ガーロックの棲処」を捜索させたんだ。
ところが、これがやぶ蛇だったらしい。
雨がしのげる安眠の地で、ぐっすり休眠していたヤツが覚め、以後、暴れ回るようになったのさ。

+西ラノシア

ランクB 動く鉄兜「ダークヘルメット」

鉄兜を背負うヤドカリがいるのを知っている?
厳しい生存競争を勝ち抜いて、成長するうちに、貝殻では満足できなくなった猛者のようね。
より大きく、より硬い兜を求め、次々と兵士や冒険者を襲う存在……。
冗談のようだけど、実在するそうよ。

ランクA 蒼茫の大蟹「ナン」

サプサ産卵地のサハギン族が、蒼茫洋の海底都市から、秘密兵器を持ってきたらしいの。
いえ、正しくは、連れて来たというべきかしら……。
そいつは「ナン」という名の巨大肉食蟹よ。
先日、現われたときは、黒渦団の精鋭たちが、どうにか退けたみたいだけど……かなりの難敵みたいね。

ランクS 狂熱の巨大牛「ボナコン」

サハギン族との緊張が続く西ラノシアで、黒渦団の将校たちの頭を悩ます存在がいるわ。
巨大牛「ボナコン」……
普段は温厚なんだけど、突然狂ったように暴れだし、長大な角を振りかざして人を襲うことがあるそうよ。
被害者の共通点は、稀少な葉菜を扱う商人だったこと……。
どうやら、その香りが「ボナコン」を興奮させたみたい。

+高地ラノシア

ランクB 不気味な飲助「ミラドロッシュ」

コリブリという鳥は、花の蜜を好む。
特に好物としているのが、オシュオンローゼルやレインキャッチャーといった、赤い花の蜜だ。
そのためか、「ミラドロッシュ」という怪コリブリは、赤い液体に異常な執着を示すようになった……。
たとえ、それが花蜜ではなく血であったとしてもな。

ランクA 石緑の魔道士「マーベリー」

「ワンダラーパレス」の探索に向かったまま、行方知れずになったララフェル族の呪術士がいた。
その冒険者の名は「マルタ・ノルタ」。
マルタと同じ帽子を被った奇妙なトンベリが、ブロンズレイクの周辺に姿を現すようになったのは、それからだ。
怨みを冒険者にぶつける、そのトンベリは何者なのだろうな?

ランクS 魔眼の彫刻家「ナンディ」

魔眼の力で、さまざまな生物を石化させ、作りだした彫像を、満足そうに眺める獣がいる。
その正体は、バイルブランド島の山奥で、長い時を生き延びてきたカトブレパス……。
地元の者は「ナンディ」と呼んでいるそうだ。
風変わりな連れといっしょに、高地ラノシアを旅するのは、控えたほうがいいだろう。
自ら不幸を招き寄せるようなものだからな。

+外地ラノシア

ランクB 猛禽の人拐い「ヴオコー」

「ヴオコー」は、人喰いの大型コンドルよ。
以前にも「ニーム浮遊遺跡」を調査していた一団が襲われ、多数の被害が出たというわ。
悲鳴を聞きつけた黒渦団の紅燕陸戦隊が駆けつけたけど、時すでに遅し……。
なんと人の肩を掴み、遠方へと飛び去ったそうよ。

ランクA 近東の大怪鳥「コンヌ」

ズー属という鳥は、近東地域とエオルゼアの間を、季節ごとに行き来する性質を持っているの。
「コンヌ」は、その中でも特に凶暴な存在よ。
しばらく姿を見せていなかったんだけど、最近になって、目撃報告が増えてきている……。
どうやらバイルブランド島に、ふたたび渡って来たようね。

ランクS 闇黒の老兵「チェルノボーグ」

人の死の匂いを嗅ぎつけ、現われる不気味な影……それが、「チェルノボーグ」と呼ばれる妖異よ。
浮遊遺跡で発掘された石板によると、第五星暦末期の「魔大戦」の折に、ニーム攻略のため、敵対勢力が召喚した妖異らしいわ。
「ニーム海兵団」の学者たちが、数十人がかりで封印したようだけど……。
何かのきっかけで、目覚めてしまったようね。


グリダニア

+中央森林

ランクB 清白の猛獣「ホワイトジョーカー」

「ホワイトジョーカー」は、その名のとおり、世にも珍しい、白いスクウィレルよ。
しかし、その特異な毛並みが原因で、同族たちからは、のけ者にされてきたみたい。
そして生き抜くため、凶暴さを身につけたのね……。

ランクA 黒翼の妖異「ファルネウス」

ある鬼哭隊の隊士が巡回中に、
「ハウケタ御用邸」から黒い影が飛び去るのを目撃したの。
当初は、誰も信じなかった話だったんだけど……
森で「黒い妖異」による襲撃が多数報告されるようになり、状況は一変したわ。
妖異の名は「ファルネウス」、くれぐれも気をつけることね。

ランクS 醜悪な乙女「レドロネット」

かつてグリダニアに、美しい赤髪の少女がいた。
しかし、突然の不幸が彼女を襲ったわ……。
第七霊災で両親を失ってしまったの。
悲しみのあまり、彼女の赤髪は抜け落ち、美しさは消えて、無残にも醜くなり果ててしまった。
そして、ある雨の日、彼女は都市から姿を消したわ……。
この悲しい出来事を境に、長雨が続くと森に赤い大蛇が現われ、人を襲うようになったそうよ。
蛇に化けた少女が、悲しみを広めていると噂になっているわ。

+東部森林

ランクB 大針の魔蜂「スティンギング・ソフィー」

「スティンギング・ソフィー」は、「フルフラワー養蜂場」の蜜蜂を食い荒らし、ブクブクと肥え太った大物のホーネットだ。
冒険者ギルドに討伐が依頼されたが、その極太の針の餌食になり、倒れる者が続出。
「リスキーモブ」に指定されるに至ったそうだ。

ランクA 正体不明「メルティゼリー」

シルフ族の「いたずら」の悪趣味さは知っているな?
連中が、何やらよくわからない……いや、知りたくもない物を、煮詰めて造ったのが「メルティゼリー」だ。
一体、何をどうやったら、あんな薄気味悪い魔法生物を造り出せるのか……。
見ただけで、三日は寝付けなくなる気持ち悪さだぞ。

ランクS 吸血の妖樹「ウルガル」

ある密猟者に、貼り付けの刑が言い渡された。
といっても、森の木に一晩縛り付けるだけの、ちょっとした見せしめの罰に過ぎない。
だが、翌朝に鬼哭隊の隊士が、様子をうかがいに行ったところ、密猟者は消えていた。
そう、縛り付けられた木が妖樹「ウルガル」だったのさ。
普段は木に擬態しているが、喧噪や物音を聞くと動きだし、人を襲って、その血を吸って養分にするらしい……。
戦の物音を聞きつけられないように、注意しろよ。

+南部森林

ランクB 蜻蛉の大君主「モナーク・オーガフライ」

腐敗した「古アムダプール市街」は、粘菌が広がらぬように「大封扉」で封印されている。
だが、それも完璧ではないらしくてな。
化物のような大型フライが飛び出し、神勇隊が射かける弓をかわして、逃亡したそうだ。
粘菌が森に広がる前に、仕留めなければ……。

ランクA 流浪の毒舌王「ゲーデ」

「古アムダプール市街」の内部には、グレムリンという名の奇妙な妖異がいる。
これがまた、口汚いヤツでな……。
そんなグレムリンの中でも、別格な「毒舌王」がいる。
まぁ、口が悪すぎて、仲間から追放されたらしいがな。
正に口は災いの元、というわけさ。

ランクS 脳髄啜り「マインドフレア」

黒衣森に入り込んだカルト集団「最後の群民」の残党が、妖異「マインドフレア」と、不浄な契約を交わしたそうだ。
こいつは、妖異学者が定めた「妖異十二階位」のうち、第5位に位置する上級騎士級の妖異でな。
人の脳髄を啜る、おぞましい野郎さ。
何でも月の光届かぬ日に、人の骸を依代として捧げる不浄な儀式を執り行うことで、この世に顕現するらしい。
月神「メネフィナ」の加護がない日は、気をつけることだ。

+北部森林

ランクB 北天の大熊「フェクダ」

はるか北方、北アバラシア山脈から、遙々、黒衣森まで下ってきた巨大熊よ。
森の恵みを食い荒らすだけではなく、討伐に向かった猟師たちを、幾度も返り討ちにしているの。
その爪は、常に犠牲者たちの血で濡れているというわ。

ランクA 大蠍の家長「ギルタブ」

北部森林に跋扈するマイトたちの長、それが「ギルタブ」と呼ばれる魔物よ。
コイツは新鮮な獲物を好むらしくてね……。
粘糸で絡め取った獣や人を、じっくり時間をかけ、生きたまま貪り喰う……という噂よ。

ランクS 濃緑の釣師「サウザンドキャスト・セダ」

北部森林に君臨する巨大なオチューよ。
ここまで大きく成長したのには、エサに秘密があるようね。
通常は、甘い香りで誘引した虫を補食するのだけど、セダは触手のような長い蔓を使って、釣りをするの。
そして、魚を捕らえて食べるというわ。
特に好むのは毒棘を持つエイだとか。
今では自分で釣りをするだけじゃなく、釣果を狙い、漁師を襲うまでに、凶暴化しているそうよ。


ウルダハ

+西ザナラーン

ランクB 鉱業廃水「スェアーシロップ」

再開発中のカッパーベル銅山より流れ出た廃水から、不浄な魔物が産まれたわ。
採掘師たちが、つけたあだ名は「スェアーシロップ」。
アマジナ鉱山社の自警組織「鉄灯団」が討伐に挑んだけど……
刺すような刺激臭に耐えかね、近づけなかったらしいわ。

ランクA 狩猟の天才「アレクトリオン」

ジズ属の魔物は、ペアで狩りを行うのを知ってる?
獲物を見つけ追い立てる「見張り役」と、待ち伏せて仕留める「伏兵役」よ。
だけど、「アレクトリオン」は見張り役を放棄し、たった一匹で狩りを続けて、相棒を餓死させたというわ。
いわばジズ界の「狩猟の天才」といったところかしら。

ランクS 天上の怪物「ゾーナ・シーカー」

「ゾーナ・シーカー」は、ハイウィンド飛空社の飛空艇を幾度も襲撃し、問題となっている空の怪物なの。
普段は、はるか高空を悠然と飛んでいて、滅多なことでは姿を現さないわ。
だけど、上空からキラリと光る物を見つけると、急降下して、低空に降りてくるそうよ。
何が気になるのか、鈍い銅色の輝きを好むって話ね。

+中央ザナラーン

ランクB 悲哀の魔法人形「アウゼン」

「アヴゼン」は、ある富豪が所有していた魔法人形よ。
何でも、相当な年代物らしくて、故障がちだったため、所有者に手放されたみたい
ところが、工房で解体処分されようとしたその時、「アヴゼン」は突然暴れ始め、彫金師を傷つけて脱走した……。
かわいそうだけど人を襲った以上、討伐は避けられないわね。

ランクA 幻の大花「サボテンダー・バイラリーナ」

数十年に一度の周期で咲く、幻の大花を咲かせたサボテンダー。
その花の香りは、扇情的な踊り子が男を興奮させるように、サボテンダーを猛らせるというわ。
集団大暴走が始まる前に、駆除しなくちゃね。

ランクS 単眼の美食家「ブロンテス」

数年前、冒険者ギルドが、バイルブランド島で、凶暴なサイクロプス族2匹を討伐したの。
ところがそいつらは生命力が強く、生きていてね……。
ギルドの人たちは、2匹を捕獲して、片割れをウルダハの見世物小屋に売り払ったの。
そいつが逃げ出しちゃったから、さぁ、大変ってわけね。
ちなみに、見世物小屋時代にあたえられていた人の食べ物に、すっかり味をしめたみたいでね……。
美味しそうな料理の匂いがすると、姿を現すらしいわ。

+東ザナラーン

ランクB 荒野の墓荒し「ガトリングス」

「ガトリングス」は、「聖アダマ・ランダマ教会」の園墓に棲み着いていた、凶暴なヘッジモールだ。
ヤツがねぐらにしていたのが、著名な彫金師であり、錬金術師だった、「ガトリング氏」の墓だったため、そう呼ばれている。

ランクA 歴戦の闘獣「マヘス」

「ハラタリ修練所」から脱走した獣闘用の魔物「マヘス」……。
隊商の脅威となっているため、手配されている。
実に凶暴なヤツだが、過去に一度、名うての女冒険者が追い詰めたことがある。
だが、あと一歩のところで、逃げられてしまったようだ。

ランクS 逃奔の多頭龍「バルウール」

獣闘大会の目玉として、コロセウムに移送中だった多頭龍「バルウール」が、台車の檻を破壊して逃げ出した。
元々、どう猛な生き物であるうえに、試合で大暴れするようにと、特別に訓練されていてな。
戦いの喧噪に反応し、興奮するよう躾けられているのだ。
東ザナラーンで戦仕事をするときは気をつけろ。
戦いの空気を感じ取り、ヤツが姿を現すかもしれないからな。


+南ザナラーン

ランクB 執念の族長「死灰のアルビン」

「アルビン」というのは、約800年前にザナラーンにやって来た、ヒューラン族の部族長の名だ。
当時、ララフェル族の「ベラフディア」が支配していたザナラーンに攻め込んだが敗れ、討ち死にを遂げたらしい。
しかし、執念深い彼の肉体は、今も彷徨っているという。

ランクA 魔装ドレイク「サニゴ」

「ザニゴ」は、アマルジャ族の錬金術師が、ウルダハ攻略の切り札として、品種改良を加えたドレイクだ。
四肢につけた刺具によって、闘争本能を刺激しつつ、身体に魔紋を刻むことで魔力を付与している。
ただのドレイクと思うと、痛い目を見るだろう。

ランクS 孤独なる石兵「ヌニュヌウィ」

南ザナラーンには、ゴーレムが多い。
これらは「カルン埋没寺院」を守るために、ベラフディアの魔道士たちが造ったものと思われる。
その中でも、特に巨大で脅威とされているのが、孤独なる石兵「ヌニュヌウィ」だ。
普段は動かず、荒野の大岩にしか見えないが、大規模な戦闘が多発すると、目覚めて動き出すという。
すりこまれた防衛本能が、そうさせるのだろうな。

+北ザナラーン

ランクB 猛者の亡骸「不滅のフェランド闘軍曹」

第七霊災の直後、ガレマール帝国軍が、北ザナラーンに侵攻してきた際、応戦した部隊に「フェランド闘軍曹」という人物がいたわ。
戦闘中に、仲間を殺されて怒り狂った彼は、さながら狂戦士の如く戦い続け、最後には散っていったの。
彼の肉体は、死した後も、敵を求めて徘徊しているそうよ。

ランクA 猛者の霊魂「ファイナルフレイム」

帝国軍相手に奮戦し、壮絶な最後を迎えた「フェランド闘軍曹」。
その魂は、今も北ザナラーンに留まっているというわ。
嘘か誠かは解らないけど、彼の最後の執念が怨霊となって地上に留まり、人々を襲っているみたい。

ランクS 青燐の怪蟲「ミニョーカオン」

「アマジナ鉱山社」の輸送隊が、巨大なウォーム「ミニョーカオン」に襲撃され、極めて大きな損害を出したわ。
輸送隊が運んでいたのは、青燐水の精製時に用いる触媒みたい。
どうやら、ヤツはこれを喰おうとしていたようね。
討伐に挑むつもりがあるなら、地中に潜っている「ミニョーカオン」を誘き出す、エサが大量に必要になるわね。


クルザス

+クルザス

ランクB 黄竜の使徒「ナウル」

イシュガルド教皇庁からの協力要請で、数体のドラゴン族が「リスキーモブ」に指定されたわ。
「ナウル」も、その一体というわけね。
黄竜「スヴァラ」とともにスチールヴィジルを襲い、あの要塞を廃墟に変えたと言えば、危険さは解るかしら?
名門「アインハルト家」の三男も、奴に焼き殺されたそうよ。

ランクA 鋼鱗の硬竜「マラク」

硬竜「マラク」は、デュランデル家の仇敵よ。
なぜなら、過去に10名を超える同家の騎兵を、戦神「ハルオーネ」が待つ天界に送っているから……。
対竜カノン砲の直撃を受けても、びくともしない頑強な肉体が、最大の特徴よ。
討伐したいのであれば、準備は入念にすることね。

ランクS 高空の翠竜「サファト」

翠竜「サファト」は、巨体にもかかわらず、飛翔能力に優れたドラゴン族よ。
普段は雲海を遊弋しているんだけど、悲鳴を聞くと、どこからともなく飛来するというわ。
人の恐怖心を好む残忍なヤツってわけね。
逆に言えば、肝を冷やすような恐ろしい思いをすれば、奴をおびき出せるということ。
ドラゴンスレイヤーを目指すなら、試してみるといいわ。


モードゥナ

+モードゥナ

ランクB 大蛭の帝王「リーチキング」

銀泪湖で活動する「聖コイナク財団」の人々に、「リーチキング」という身も蓋もない名前をあたえられた、
巨大リーチがいるわ。
ふくれ上がった肉塊のような姿は滑稽だけど、意外にも素早く、決して侮れる存在ではないわ。
血を吸われて干からびたくなければ、注意することね。

ランクA 潤う柔肌「クーレア」

「クーレア」は、非常に獰猛な両生類よ。
冒険者が狩った獲物を、横取りすることで有名だったけど、いつしかそれに満足せず、自ら人を襲うようになったみたい。
ある熟練の槍術士が退治に挑んだのだけど、ブヨブヨとした皮膚に槍を弾かれ、仕留め損なったそうよ。
生半可な攻撃では、通用しないって訳ね。

ランクS 重装巨兵「アグリッパ」

ガレマール帝国軍の連中が、魔導コロッサスの新型機を開発したようよ。
コードネームは「アグリッパ」……。
帝国のお偉いさんの名前だか知らないけど、連中が冒険者の活動を、快く思っていないことは確かね。
お宝狙いの冒険者が、その新型機をけしかけられて、ひどい目にあったらしいわ。
モードゥナで活動するときには、気をつけることね。