ファンサカ2ch辞典 @wiki 2007年:第31節~第34節
※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第31節

孔明の罠

怪情報も全くなく、静かに迎えた今節の12:00:00。
しかし、12時を過ぎても何故か編成可能なまま。
スレ内では「これは中の人が柏のスタメン発表を待っている」や「12時以降に弄った奴は0fp」等と書き込まれる中、
あえて編成を変えたり、ベンチを変えたり、キャップを変えたりする猛者も現れる。
さらにはこの機に乗じて締め切り詐欺や公式発表詐欺まで発生する始末。
結局13:45分、G大阪vs千葉のスタメン発表の直後に何の前触れもなく締め切られてしまう。
この事件で未編成となったオーナーがいたとかいないとか。

大型地雷

山瀬兄、小宮山、松田など小さな地雷が幾つもあった今節。
そんな中、人気ランク上位に入った柏のDF蔵川がまさかのスタベン。
微妙情報は伝えられていたものの皆出場すると予想したのか起用率は高めだった。
しかし結局出場せず、試合も引き分けた為、確定0fpと散々な結果に終わった。

第32節

茄子収穫祭

ボーナス平均が24.09fpと今期2番目だった今節。
甲府の林の6fpを筆頭にエンリケ、今野(DCK)の5fp、そしてミスターファンサカ遠藤ら10名ほどが4fpと、
完勝、引き分け、完敗等の試合結果に関わらず高ボーナスを得た選手が続出。
しかし、チーム人気が横浜FCの対戦相手だった新潟に次いで2位だったガンバ大阪の一部の選手はこの祭に乗り遅れてしまったようだ。

得点者リスト

--2 FW エジミウソン 新潟 4550万 4668 61.2 % ※2得点内1PK 
----------↑ とっていないと厳しいねライン(25%以上) ↑---------- 
-17 FW マグノ アウベス G大阪 6000万 1392 18.3 % 
-18 FW ジュニーニョ 川崎F 9540万 1385 18.2 % ※2得点 
----------↓GJチョイス!ライン(10%以下) ↓---------- 
-31 FW レアンドロ 神戸 5150万 718 9.4 % 
-33 MF 田中 隼磨 横浜FM 6790万 626 8.2 % 
-42 DF 中澤 佑二 横浜FM 6960万 318 4.2 % 
----------↓ いいセンスの持ち主(3.0%以下) ↓---------- 
-55 FW 鄭 大世 川崎F 1640万 171 2.2 % 
-57 FW 前田 遼一 磐田 3770万 165 2.2 % 
-60 FW ヨンセン 名古屋 3380万 158 2.1 % ※3得点 
-72 MF 工藤 浩平 千葉 1580万 124 1.6 % 
-90 FW 佐藤 寿人 広島 5330万 95 1.2 % 
101 MF 船山 祐二 鹿島 300万 79 1.0 % 
106 FW 高松 大樹 大分 3210万 72 0.9 % 
119 FW 大島 秀夫 横浜FM 3140万 56 0.7 % 
141 FW ルーカス F東京 5260万 38 0.5 % 
----------↓ 超センスの持ち主(0.1%以下) ↓---------- 
245 FW レイナウド 千葉 1580万 5 0.1 % ※PK 

第33節

孔明の罠 第2章

今季の守備陣選択の定番である横浜FCの対戦相手だった名古屋。
しかし今節はスタメン予想サイトでもスタメンが読み辛い状況。
14時キックオフという事で、編成終了の12時までに続々とスタメンが発表される中、
なぜか名古屋対横浜FCのスタメンは発表が遅れていた。
そしてもう締め切りまで2分を切ったところでのスタメン発表。
吉田、スピラールがスタメンDF、大森はMFというスタメンを見てギリギリながらも編成を変える人が続出。
その結果、未編成になったオーナーもいたとかいないとか。

結局、名古屋は横浜FCと引き分けた為、守備陣はまずまずのfpを稼いだ。
しかし前節のヨンセンハットを見て攻撃陣も起用したオーナー達は、改めて中位力の恐ろしさを知る事になった。

BS劇場

勝つ事でしか優勝への道はないガンバ大阪がホームで神戸を迎えた今節。
前半40分に播戸のゴールで先制し、さらに鹿島リードという事で最終節三つ巴決戦も手の届く位置に。
しかし後半終了間際に茂木にまさかの同点ゴールを決められ万事休す。
NHK-BSの中継試合の劇場化現象は相変わらず健在だった。

ファンタジー審判

勝てば二連覇、しかもホームでの優勝が懸かっていた浦和。
一方、勝てば逆転優勝への望み、10冠への望みを繋げる鹿島。
そんな両チームによる首位決戦を裁いたのは6人しかいないSR(スペシャルレフリー)で国際審判の扇谷健司主審。
だが、荒れた試合、6万人を超える観衆の中で混乱したのか、序盤からカードを乱発。
前半で新井場を退場させ、そして後半には唾吐き!?による一発レッドで船山を退場させる。
さらには遅延行為によって小笠原、野沢、曽ヶ端にもイエローを提示。
多少荒れ気味だったとはいえ、面白い試合を審判が壊してしまったと言っても過言では無いだろう。

得点者リスト

--4 MF 中村 憲剛 川崎F 6240万 5346 61.7 % 
--5 FW ジュニーニョ 川崎F 10490万 5062 58.5 % 
----------↑ とっていないと厳しいねライン(25%以上) ↑---------- 
-20 FW 鄭 大世 川崎F 1970万 1099 12.7 % 
----------↓GJチョイス!ライン(10%以下) ↓---------- 
-31 MF 藤本 淳吾 清水 4850万 623 7.2 % ※2得点内1FK 
-50 MF 野沢 拓也 鹿島 4970万 373 4.3 % 
-55 FW 播戸 竜二 G大阪 3730万 337 3.9 % 
-56 DF 近藤 直也 柏 990万 286 3.3 % 
----------↓ いいセンスの持ち主(3.0%以下) ↓---------- 
-68 DF 河合 竜二 横浜FM 2370万 238 2.7 % 
-88 DF レアンドロ 大宮 2840万 165 1.9 % 
128 DF 秋本 倫孝 甲府 1840万 82 0.9 % 
144 MF 石川 直宏 F東京 1580万 51 0.6 % 
163 MF 鈴木 慎吾 大分 2980万 37 0.4 % ※FK 
164 FW 巻 誠一郎 千葉 2160万 36 0.4 % 
196 FW 茂木 弘人 神戸 2590万 18 0.2 % 
196 DF ジョルジェビッチ 千葉 1450万 18 0.2 % 
196 MF 藤本 主税 大宮 1840万 18 0.2 % 
----------↓ 超センスの持ち主(0.1%以下) ↓---------- 
226 MF 鈴木 達也 柏 860万 10 0.1 % 

最悪イレブン

193 GK 下田 崇 広島 2860万 2570万 -290万 3 -2 0 -1 0 1 1 1             ▼18節ぶり4度目▼ 
144 DF 斎藤 大輔 千葉 2670万 2400万 -270万 1 0 0 0 -4 1 -2 -2.        ▼31節ぶり2度目▼ 
146 DF ストヤノフ 広島 3200万 3200万 0万 2 -3 0 -1 -4 2 -4 -8 ★cap(初)★ ▼5節ぶり2度目▼ 
171 DF 槙野 智章 広島 1230万 1050万 -180万 3 -3 0 -1 0 2 1 1         ▼初▼ 
-71 MF 平川 忠亮 浦和 2740万 2520万 -220万 1 0 0 0 0 0 1 1             ▼初▼ 
-89 MF 兵働 昭弘 清水 3020万 2720万 -300万 2 0 0 0 -2 0 0 0         ▼初▼ 
225 MF 池上 礼一 F東京 250万 250万 0万 2 0 0 0 -2 0 0 0              ▼初▼ 
135 MF 柏木 陽介 広島 1510万 1280万 -230万 2 -2 0 -1 0 2 1 1           ▼初(過去リザーブ1回)▼ 
-97 FW ウェズレイ 広島 5060万 4660万 -400万 2 0 0 -1 -2 1 0 0           ▼初▼ 
-28 FW エジミウソン 新潟 5230万 4810万 -420万 3 0 0 0 -2 0 1 1         ▼初(過去リザーブ1回)▼ 
115 FW レアンドロ 神戸 5410万 4980万 -430万 2 0 0 0 -2 0 0 0.          ▼11節ぶり2度目▼ 
合 計 33180万 30440万 -2740万 23 -10 0 -5 -18 9 -1              ▼★-5★▼ 

第34節

ファンタジーJリーグ

首位浦和は勝てば二連覇、しかも相手は20試合勝ちのない最下位横浜FC。
追う2位鹿島は結果次第では逆転優勝、しかし相手は4位清水。
ほとんどの人が浦和の鉄板を信じて逆横浜FCで固め、人気ランキング上位には浦和の選手が並んだ。
しかし、結果は浦和が横浜FCに0-1でまさかの敗戦。
一方鹿島は90分以内で決着を付けるようになった2003年以降の新記録となる9連勝で見事に逆転優勝を果たした。

結局人気ランキング上位を固めた浦和、ガンバ、川崎が総崩れだった為、
ベストイレブンには人気ランク200位以下の林(磐田)をはじめ、まるで最悪イレブンのような面子が並ぶ事に。

得点者リスト

--4 FW バレー G大阪 6410万 3916 47.0 % 
----------↑ とっていないと厳しいねライン(25%以上) ↑---------- 
-22 MF 二川 孝広 G大阪 7050万 1132 13.6 % 
-30 FW 鄭 大世 川崎F 2600万 862 10.3 % 
-33 MF 小笠原 満男 鹿島 5520万 742 8.9 % ※PK 
-37 FW マルキーニョス 鹿島 7480万 622 7.5 % 
-47 MF 本山 雅志 鹿島 3530万 418 5.0 % 
-50 FW 前田 遼一 磐田 4040万 386 4.6 % 
-52 FW ルーカス F東京 5500万 378 4.5 % 
----------↓ いいセンスの持ち主(3.0%以下) ↓---------- 
114 MF 上田 康太 磐田 2980万 84 1.0 % 
125 MF 根占 真伍 横浜FC 1400万 67 0.8 % 
134 FW 佐藤 寿人 広島 5150万 57 0.7 % 
134 MF 鈴木 慎吾 大分 3940万 57 0.7 % ※FK 
170 MF 森重 真人 大分 2150万 29 0.3 % 
181 DF 槙野 智章 広島 1260万 26 0.3 % 
189 MF 犬塚 友輔 磐田 940万 24 0.3 % 
217 FW 林 丈統 磐田 800万 15 0.2 % 
----------↓ 超センスの持ち主(0.1%以下) ↓---------- 
--- MF 斉藤 雅人 大宮 1340万 0 0.0 % 

最悪イレブン

110 GK 南 雄太 柏 5240万 4820万 -420万 3 -3 0 -1 0 2 1 1.               ▼初(過去リザーブ1回)▼ 
-84 DF 市川 大祐 清水 9780万 9000万 -780万 2 -3 0 -1 0 1 -1 -1          ▼初▼ 
123 DF 高木 和道 清水 8650万 7960万 -690万 3 -3 0 -1 0 0 -1 -1          ▼28節ぶり2度目▼ 
-66 DF 蔵川 洋平 柏 3340万 3010万 -330万 3 -3 0 -1 0 1 0 0              ▼28節ぶり2度目▼ 
-62 DF 水本 裕貴 千葉 2170万 1840万 -330万 2 -1 0 0 -2 0 -1 -2 ★cap(初)★ ▼23節ぶり2度目(他リザーブ1 回)▼ 
-96 DF 青山 直晃 清水 6440万 5920万 -520万 3 -3 0 -1 0 0 -1 -1          ▼初▼ 
158 MF 佐藤 勇人 千葉 2150万 1830万 -320万 3 -2 0 0 -2 0 -1 -1.         ▼5節ぶり3度目▼ 
114 MF 工藤 浩平 千葉 1900万 1620万 -280万 3 -2 0 0 -2 0 -1 -1.         ▼23節ぶり2度目(他リザーブ1回)▼ 
-79 MF フェルナンジーニョ 清水 5450万 5010万 -440万 2 -2 0 -1 0 1 0 0.      ▼8節ぶり3度目▼ 
127 FW 杉本 恵太 名古屋 2680万 2470万 -210万 2 0 0 1 -2 0 1 1          ▼26節ぶり2度目▼ 
155 FW レイナウド 千葉 1420万 1280万 -140万 2 0 0 0 -2 0 0 0           ▼初(前節、初リザーブ)▼ 
合 計 49220万 44760万 -4460万 28 -22 0 -5 -10 5 -4             ▼★-5★▼