ファンサカ2ch辞典 @wiki 2007年:第12節~第18節
※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第12節

川崎地雷

研究室平均が前期最低の60.52fpだった今節。
象徴だったのはそれまでリーグ戦2勝3分6敗だった大分に2位川崎が2-0の完封負けを喫した試合。
しかも前半でのジュニーニョの退場、そして森、箕輪の恒例行事と散々な内容での敗戦となった。

第13節

一押しは田中誠

大分が横浜FCに負けたり、川崎が大宮と引き分けなど所々に地雷があった今節。
そんな中調子を落としていた新潟をホームに迎える磐田がまあまあ人気だったが、
スレの中に復活した田中マコをやたらと推す人が居り、連られて何人かの人が起用。
しかし磐田は新潟に4点を奪われてしまい、マコのfpは燦々たるものだった。
しかも、マコをやたらと推していた人物は結局マコを使っていないことが判明。
まんまと掌の上で踊らされた人が少なからず居た。

第15節

第17節

第18節

かし○地雷、PKのリスク

人気のガンバ、マリノスが順当に勝利、上位の浦和も勝利した今節。
しかし人気のあった鹿島が2失点、柏が3失点で敗北。
さらには鹿島の野沢、川崎のジュニーニョがPKを失敗。
鹿島、柏、野沢、ジュニーニョを全て踏んだ人も多く、そのおかげで思ったより平均が伸びなかった。