ファンサカ2ch辞典 @wiki 審判名
※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

あいうえお順

あかねタン

八木あかねのこと。
主にJリーグで副審を担当しているのだが、国内に3人しかいないフットサルの国際審判でもある。
その名前から女性と勘違いされがちで、ファンサカスレではアイドル的な扱いを受けているが、れっきとした男性である。

アトウェル

イギリス人、スチュアート・アトウェルのこと。
2010年7月より海外研修という名目でJで主審を勤めている。
第15節清水-C大阪戦で警告10枚(内訳 清水6枚、C大阪4枚)
第16節浦和-大宮戦で警告5枚(内訳 浦和2枚、大宮3枚)、大宮に退場1枚を出した。
これだけでもこの審判の恐ろしさは分かっていただけるだろう。

アナザー

穴沢努のこと。
不安定な判定基準から「アナザーワールド」と呼ばれたことが由来。
しかし、最近はましになってきているとか。
Jの審判の中ではNo.1といっていいほど流すといわれている。

イエモッツ

家本政明のこと。
SR(スペシャルレフリー)である。
2006年9月からの1ヶ月間の研修によって多少は改善されたものの、
未だにカードの乱発等の不可解な判定の不安は消えていない。
「カードを持てば私が主役だ。決定するのは私で、だから創造するのは私だ」 
「カードに人種はない。」 
「私はありとあらゆるカードを出した、 しかし、フットボールを汚したことは、一度も無い」  
「いつまでも試合が終わらず、このままカードを出し続けたいと思うときがある」 
「強いものがカードを出すのではない・・・カードを出したものが強いのだ」  
「今日の試合が雨上がりのピッチならば僕の右腕で、虹を描いてみせるよ」  
「今カードを出せない者に次とか来年とかを言う資格はない」  
ゼロックス杯のカード乱舞により無期限担当割り当て停止を受けていたが
J2第20節、愛媛-水戸戦でJ公式戦の主審に復帰。
そしてJ1第16節大宮-磐田戦よりJ1主審へ復帰している。

MSS

田辺宏司のこと。
2007年のマリノス―レイソル戦で一度は認めた山瀬巧のゴールを不可解な理由で取り消し、
抗議した選手に「難しい質問はするな(Muzukashii Shitsumonha Suruna)」
と返答した事からこのあだ名がつけられた。

ジャスティス

岡田正義のこと。
SR(スペシャルレフリー)である。
カードの乱発や帳尻合わせのようなカードの出し方等の不可解な判定が多い。
名前(正義)が由来であるが、その「俺が正義」というような基準を揶揄したものともとれる。

ジョージ

柏原丈二のこと。
SR(スペシャルレフリー)である。
2007/09/10(月)湘南対東京V戦にてJ2最多、Jリーグ最多タイとなる13枚の警告を出し、改めてその存在を世に知らしめた。

TJ

東城穣のこと。東城の略。