ファンサカ2ch辞典 @wiki 2009年:第1節~第6節

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第1節

権田の乱

昨年度上位クラブの正GKは軒並み高額年俸により起用をためらう者が続出する中、
塩田の欠場によりプロ初先発となるFC東京・権田修一に注目が集まった。
年俸700万というお得感が評価され、GK起用率は起用率首位・全体でも起用率5位に。
しかし開幕戦に弱い新潟をホームに迎えたもののまさかの4失点。
「瓦斯には関わるな」という祖父母の遺言を反故にした住人達が早くも壮絶に散り、
2失点勝ちの広島・佐藤昭や故障を知らず塩田を起用した住人に対しては「権田よりマシ」と慰められるほどの結末をむかえた。

磐田・那須の反乱

午後3時に起きた「権田の乱」は全国の勇士のやる気を失わせ、あるいは早くも昇格・残留を諦めさせるほどの衝撃を与えた。
だがしかし、これだけでは終わらなかった・・・。
入れ替え戦で残留を決めるほど苦しんだとはいえ磐田は昇格組の山形をホームに迎えたこともあってか守備陣を中心に人気を集め、
DFの那須およびチーム人気ランキングは最終的に1位に。
しかしリードを許したまま後半に入ると、いったんは同点に追いつき「逆転ポイント」を期待して沸き立つ住人達をよそにズルズルと4失点。
気がつけば6失点の大敗で幕を閉じた。
起用率1位の那須がまさかの暫定-5という事態に注目が集まるが、
この日瞬く間に流行語となった「権田よりはマシ」が数時間足らずで「権田の方がマシ」に修正されるとは思ってもみなかっただろう。

後に同日は前述の「権田の乱」とセットで「開幕戦 守備陣崩壊 皆(3・7)ウリパン」の語呂合わせにより永久に語り継がれることとなるのである。

第1節得点者リスト

--7 12fp FW ダヴィ 名古屋 4800万 1546 24.0 % ☆2得点 ★YahooGOAL
----------↑ 大多数ライン(20.0%以上) ↑----------
-15 04fp FW 鄭 大世 川崎F 5500万 1228 19.1 %
-17 05fp FW ジウシーニョ 磐田 2700万 1167 18.1 % ☆PK ☆2得点
-21 04fp MF 柏木 陽介 広島 1500万 1020 15.9 %
-26 03fp FW 佐藤 寿人 広島 3900万 784 12.2 %
-28 04fp MF 野沢 拓也 鹿島 3600万 752 11.7 %
-42 03fp FW 渡邉 千真 横浜FM 800万 517 8.0 %
-44 04fp DF ストヤノフ 広島 2900万 495 7.7 %
-48 05fp DF 槙野 智章 広島 2000万 447 6.9 %
-55 04fp DF 渡邉 大剛 京都 4300万 391 6.1 %
-60 03fp FW 大島 秀夫 新潟 1500万 369 5.7 %
-67 05fp DF 栗原 勇蔵 横浜FM 3800万 299 4.6 %
-68 03fp MF 古橋 達弥 山形 1400万 298 4.6 %
-71 05fp MF 金崎 夢生 大分 2800万 296 4.6 %
-80 03fp FW マルキーニョス 鹿島 9500万 255 4.0 %
-83 03fp FW レアンドロ G大阪 5200万 244 3.8 %
-89 03fp FW 玉田 圭司 名古屋 5500万 200 3.1 %
-90 03fp FW ウェズレイ 大分 3500万 199 3.1 %
----------↓ 良センスライン(3.0%以下) ↓----------
-95 05fp DF ジウトン 新潟 1000万 180 2.8 %
102 03fp MF 菅沼 実 柏 2600万 164 2.5 %
108 08fp FW ペドロ ジュニオール 新潟 1300万 141 2.2 % ☆2得点
126 06fp DF レオナルド 山形 2000万 105 1.6 % ★85分以降ゴール
134 04fp MF 明神 智和 G大阪 4800万 94 1.5 %
137 10fp FW 長谷川 悠 山形 1000万 89 1.4 % ☆2得点 ★85分以降ゴール
182 04fp MF キム ビョンスク 山形 1300万 42 0.7 %
199 03fp FW チョ ジェジン G大阪 3400万 27 0.4 %
199 03fp FW 近藤 祐介 F東京 900万 27 0.4 %
----------↓ 超センスライン(0.1%以下) ↓----------
244 04fp FW 北村 知隆 山形 1100万 8 0.1 %

第1節最悪イレブン

**9 GK 川口 能活 磐田 3700万 3330万 -370万 3 -6 0 -1 0 2 -2 -2
*16 DF 茶野 隆行 磐田 1900万 1620万 -280万 3 -7 0 -1 0 0 -5 -5
**1 DF 那須 大亮 磐田 2200万 1870万 -330万 3 -7 1 -1 0 0 -4 -4
**4 DF 加賀 健一 磐田 2100万 1790万 -310万 3 -7 0 -1 -2 1 -6 -12 ★暗黒cap
156 DF 青木 良太 千葉 2600万 2210万 -390万 3 -3 0 -1 -2 1 -2 -2
*23 DF 長友 佑都 F東京 3600万 3240万 -360万 3 -3 0 -1 0 -1 -2 -2
*38 MF 駒野 友一 磐田 5100万 4590万 -510万 3 -7 0 -1 -2 1 -6 -6
175 MF 坂本 將貴 千葉 2200万 1870万 -330万 3 -3 0 -1 -2 1 -2 -2
165 MF 工藤 浩平 千葉 2600万 2210万 -390万 2 -2 0 -1 0 0 -1 -1
173 MF 高橋 大輔 大分 1700万 1450万 -250万 3 -1 0 0 -6 0 -4 -4
138 FW 深井 正樹 千葉 2300万 1960万 -340万 3 -2 1 -1 0 -1 0 0
計 30000万 26140万 -3860万 32 -48 2 -10 -14 4 -34 ●-40●

第2節

続権田の乱・川口の反乱

色んな意味で鮮烈な公式戦デビューを飾った権田だったが、引き続き塩田が欠場のためアウェイとなる浦和戦も先発出場が決まった。
しかし、30万の損失を残し見切った住人は多く、起用率ランキングはGKで1位→8位、全体では5位→84位とその人気は急落した。
迎えた浦和戦。開始4分自らのミスで与えたCKから得点を許すと後半にも2失点。2試合で7失点という驚異的な数字を残し、
「瓦斯には関わるな」という言葉を身をもって初心者の心に刻みつけた。

片や国際Aマッチ出場116試合の磐田GK・川口は前節6失点かつG大阪が相手と日本の証券市場なみに買い材料がない中、
第1節から放置されているのかヤケクソで固めたのか37名からの支持を集めた。
しかしフタを開けてみれば案の定。PKによる2失点はあったものの、自らのミスも含めて計4失点。
2試合あわせて10失点は「今年のは逆磐田で盤石」「やっぱり権田の方がマシ」という決めぜりふを早くも定着させる結果となってしまった。

三本の矢

無念のJ2降格も圧倒的な強さで独走した広島が再びJ1に戻ってきた。
開幕戦で堅守を誇る横浜M相手にアウェイで4得点で勝つとホームで大宮を迎え撃った。
「DFが一人上がって攻撃参加しても簡単に点は入らない。しかしどうだろう、三人とも上がれば点がどんどん入る、
だからチャンスがあれば上がりなさい」という「三本の矢」の教えに従い、
今日も森脇がゴールを決め第2節にして開幕節スタメンDFが全員得点をあげるという快挙を成し遂げた。
しかし槙野がPKに失敗し、2試合で5失点するなど広島DFの起用には常にギャンブル的要素を含んでいることは間違いないであろう。

第2節得点者リスト

**1 04fp DF パク ドンヒョク G大阪 2100万 3513 48.5 %
**2 04fp MF 遠藤 保仁 G大阪 14300万 3265 45.1 % ☆2得点☆2PK
**7 03fp FW レアンドロ G大阪 5980万 2432 33.6 %
----------↑ 大多数ライン(20.0%以上) ↑----------
*16 05fp DF 森脇 良太 広島 1200万 1284 17.7 %
*39 03fp FW 鄭 大世 川崎F 5500万 607 8.4 %
*41 04fp MF ポンテ 浦和 8610万 573 7.9 %
*57 03fp FW ペドロ ジュニオール 新潟 1820万 343 4.7 %
*61 03fp FW ウェズレイ 大分 3680万 328 4.5 %
*68 03fp FW 李 忠成 柏 1800万 284 3.9 %
----------↓ 良センスライン(3.0%以下) ↓----------
101 04fp MF 阿部 勇樹 浦和 6390万 114 1.6 %
109 03fp FW エジミウソン 浦和 3500万 95 1.3 %
116 08fp DF マト 大宮 4030万 83 1.1 % ☆2得点☆1PK
125 01fp FW ジウシーニョ 磐田 3240万 72 1.0 % ☆PK
141 03fp FW 矢野 貴章 新潟 1870万 62 0.9 %
152 06fp DF 岩政 大樹 鹿島 7670万 52 0.7 % ★85分以降ゴール
182 04fp MF 坂本 將貴 千葉 1870万 26 0.4 %
207 04fp MF 高萩 洋次郎 広島 1620万 15 0.2 %
214 06fp FW 市川 雅彦 大宮 700万 13 0.2 % ★途中出場ゴール
216 06fp FW 松橋 章太 神戸 800万 12 0.2 % ★途中出場ゴール
----------↓ 超センスライン(0.1%以下) ↓----------
*** 03fp FW 須藤 大輔 神戸 670万 0 0.0%

第2節最悪イレブン

147 GK 川口 能活 磐田 3330万 3000万 -330万 3 -3 0 -1 0 0 -1 -1 ▼2節連続
144 DF 茶野 隆行 磐田 1620万 1380万 -240万 3 -3 0 -1 0 0 -1 -1 ▼2節連続
120 DF 那須 大亮 磐田 1870万 1590万 -280万 2 -3 0 -1 0 1 -1 -1 ▼2節連続
*11 DF ストヤノフ 広島 3480万 3130万 -350万 3 -3 0 0 -2 2 0 0
**8 DF 槙野 智章 広島 2400万 2040万 -360万 3 -3 1 0 0 -3 -2 -4 ★暗黒cap
167 MF 西 紀寛 磐田 1140万 1140万 0万 3 -1 0 -1 0 0 1 1 ▼前節最悪リザーブ
129 MF 太田 吉彰 磐田 1100万 1100万 0万 3 -1 0 -1 0 0 1 1
202 MF 犬塚 友輔 磐田 1240万 1180万 -60万 3 -3 0 -1 0 0 -1 -1
206 MF 山本 康裕 磐田 760万 760万 0万 3 -1 0 -1 0 0 1 1
223 MF ロドリゴ 磐田 1960万 1670万 -290万 3 -1 0 -1 -2 1 0 0
120 FW 前田 遼一 磐田 4140万 3730万 -410万 3 0 0 -1 0 0 2 2
計 23040万 20720万 -2320万 32 -22 1 -9 -4 1 -1 ●-3●

第3節

(完封)できるかな

第1節、第2節での敗戦を受けてもなお、人気ランキングでは14位に入り、
ポジション別では対戦相手の山形GK・清水と人気を二分したFC東京のGK権田修一。
怪情報ではスタメンを外され、キャッチしただけで驚きの書き込みをされてしまうという、
ダメな子ほど可愛い的な接し方をされていた権田だったが、まるで(中の)人が変わったように好セーブを連発。
今季3試合目にしてついに完封勝利を挙げる事に。
ミスターファンサカ遠藤保仁を入れたしわ寄せで、安値という理由だけで入れられた感がありありだった権田。
今節の活躍は、自らの存在価値を世に知らしめたと同時に、その人気に実力が追いついた瞬間だった。

今節のミスターファンサカ 特別号

2節連続で2桁fpを獲得し、ベアゼロが当たり前という昨今において、ことごとく年俸を上げ続けていくミスターファンサカ遠藤保仁。
今節もその高年俸も何のその、当然のようにキャプテン人気ランキングで1位を獲得した遠藤だったが、
チームは京都相手に2-1で敗戦。自身もイエローカードを受けてしまい、暫定fpは僅かに2fp。
どう見ても現状維持が精一杯という状況のはずなのだが、それでも遠藤ならやってくれるという妙な安心感があったのも事実。
結果、敗戦チームのはずなのにボーナスを7fpも獲得し、予定通りと言わんばかりに年俸アップを果たしてしまう。
もはや勝敗すら超越した場所に存在しているミスターファンサカに、人々は付き従う事しか出来なかった。

第3節得点者リスト

**7 3fp FW エジミウソン 浦和 4030万 1924 26.8 %
----------↑ 大多数ライン(20.0%以上) ↑----------
*15 7fp FW ダヴィ 名古屋 5520万 1331 18.6 % ☆2得点☆1PK★85分以降ゴール
*29 4fp MF 杉山 浩太 柏 1850万 791 11.0 %
*31 3fp MF 狩野 健太 横浜FM 5640万 769 10.7 %
*80 3fp FW フランサ 柏 4160万 241 3.4 %
*82 4fp FW 渡邉 千真 横浜FM 1120万 223 3.1 %
----------↓ 良センスライン(3.0%以下) ↓----------
102 4fp MF 吉村 圭司 名古屋 2420万 158 2.2 %
115 1fp DF ストヤノフ 広島 3130万 132 1.8 % ☆PK
123 3fp FW ジュニーニョ 川崎F 11700万 118 1.6 %
136 3fp MF 谷澤 達也 千葉 2790万 91 1.3 %
137 5fp DF 中澤 佑二 横浜FM 6930万 88 1.2 %
139 4fp FW ジウシーニョ 磐田 2980万 82 1.1 %
141 4fp MF 本山 雅志 鹿島 3960万 79 1.1 %
143 3fp FW 岡崎 慎司 清水 4570万 76 1.1 %
145 2fp MF ディエゴ 京都 5800万 75 1.0 % ☆PK
148 4fp MF 羽生 直剛 F東京 1940万 72 1.0 %
150 7fp MF ポポ 柏 2200万 70 1.0 % ★途中出場ゴール★85分以降ゴール
154 3fp MF 吉田 孝行 神戸 1560万 63 0.9 %
154 4fp MF 寺田 紳一 G大阪 1060万 63 0.9 %
164 7fp FW 興梠 慎三 鹿島 4140万 55 0.8 % ★途中出場ゴール★85分以降ゴール
182 4fp DF 李 正秀 京都 1680万 37 0.5 %
----------↓ 超センスライン(0.1%以下) ↓----------
266 6fp FW 石原 直樹 大宮 950万 1 0.0 % ★途中出場ゴール

第3節最悪イレブン

*50 GK 藤ヶ谷 陽介 G大阪 4960万 4460万 -500万 3 0 0 0 -2 1 2 2
136 DF 児玉 新 清水 4830万 4350万 -480万 3 -2 0 0 0 0 1 1
*68 DF 石川 直樹 柏 1300万 1240万 -60万 3 -3 0 0 0 -1 -1 -2 ★暗黒cap
153 DF 小林 祐三 柏 2420万 2180万 -240万 3 -3 0 0 0 1 1 1
186 DF 青山 直晃 清水 6300万 5670万 -630万 3 -2 0 0 0 0 1 1
115 DF 岩下 敬輔 清水 3270万 2940万 -330万 3 -2 0 0 -2 0 -1 -1
*46 MF 谷口 博之 川崎F 2830万 2410万 -420万 2 0 0 0 -2 0 0 0
167 MF 山本 真希 清水 2090万 1880万 -210万 2 -1 0 0 0 0 1 1
179 MF 兵働 昭弘 清水 3500万 3150万 -350万 2 -1 0 0 0 0 1 1
*** MF 米倉 恒貴 千葉 540万 540万 0万 2 -1 0 0 0 0 1 1
*53 FW 藤田 祥史 大宮 1400万 1400万 0万 2 0 0 0 -2 1 1 1
計 33440万 30220万 -3220万 28 -15 0 0 -8 2 7 ●+6●

第4節

週刊ゴン太くん

前節完封勝利を挙げた2009年ファンサカスレのアイドル的存在のゴン太くん、もとい権田くん。
今節は下位に低迷するもののジウシーニョ、前田の強力2トップを擁する磐田が相手だったのだが、
ポジション別ランキングでは山形・清水に次ぐ第2位、そして総合のランキングでも第15位と、今節も大人気。
そしてその人気に応えるように好セーブを連発した権田はFC東京の2試合連続完封勝利に貢献。
ポイントもボーナスを3fp稼ぎ、初2桁となる11fpを獲得する。
正GK塩田すらも脅かすほど日々進化する若き守護神ゴン太くんのめざましい活躍により、
一世を風靡した流行語「権田よりマシ」はもはや死語と化してしまった。

第4節得点者リスト

**1 MF 遠藤 保仁 G大阪 16520万 3442 49.2 % ☆PK
*11 FW フランサ 柏 4780万 1669 23.7 %
----------↑ 大多数ライン(20.0%以上) ↑----------
*23 FW 矢野 貴章 新潟 2460万 908 12.9 % ★85分以降ゴール
*24 MF マルシオ リシャルデス 新潟 3250万 861 12.2 %
*32 FW チョ ジェジン G大阪 3280万 635 9.1 %
*39 MF 秋葉 勝 山形 1660万 527 7.5 % ★85分以降ゴール
*44 DF 古賀 正紘 柏 1980万 456 6.5 % ★85分以降ゴール
*58 MF マギヌン 名古屋 3830万 334 4.7 %
*70 FW 赤嶺 真吾 F東京 3120万 261 3.7 % ★YahooGOAL
----------↓ 良センスライン(3.0%以下) ↓----------
*94 FW 佐藤 寿人 広島 3770万 201 2.9 %
*98 DF 塚本 泰史 大宮 1510万 190 2.7 %
104 FW 岡崎 慎司 清水 4800万 173 2.5 %
112 MF ヴィトール ジュニオール 川崎F 5290万 151 2.1 % 
120 MF 谷口 博之 川崎F 2410万 129 1.8 %
147 FW 興梠 慎三 鹿島 4760万 76 1.1 % ★85分以降ゴール
147 DF 栗原 勇蔵 横浜FM 3590万 76 1.1 %
149 FW 鄭 大世 川崎F 5500万 75 1.1 %
163 MF ディエゴ 京都 6670万 57 0.8 %
226 MF 高柳 一誠 広島 1030万 12 0.2 %
----------↓ 超センスライン(0.1%以下) ↓----------
284 FW 佐々木 竜太 鹿島 780万 1 0.0 % ★途中出場ゴール
*** MF 内田 智也 大宮 1310万 0 0.0 % ★途中出場ゴール★85分以降ゴール

第4節最悪イレブン

191 GK 楢崎 正剛 名古屋 8400万 7560万 -840万 3 -2 0 0 0 1 2 2
*36 DF 田中 隼磨 名古屋 4720万 4250万 -470万 3 -3 0 0 0 1 1 1
102 DF 増川 隆洋 名古屋 3650万 3290万 -360万 3 -3 0 0 0 0 0 0
*76 DF 小林 祐三 柏 2180万 1850万 -330万 2 -1 0 0 -6 0 -5 -10 ★暗黒cap▼2節連続
190 DF 阿部 翔平 名古屋 6620万 5960万 -660万 2 -3 0 0 0 0 -1 -1
*84 DF 吉田 麻也 名古屋 2640万 2380万 -260万 3 -3 0 0 0 1 1 1
207 MF 佐藤 勇人 京都 2460万 2090万 -370万 3 -1 0 0 -6 0 -4 -4
110 MF 中村 直志 名古屋 2900万 2610万 -290万 3 -2 0 0 0 0 1 1
119 MF 吉村 圭司 名古屋 2660万 2260万 -400万 2 -2 0 0 -2 2 0 0
213 MF 安藤 淳 京都 1680万 1430万 -250万 3 -1 0 0 -2 0 0 0
171 FW 前田 俊介 大分 780万 740万 -40万 2 0 0 0 -2 0 0 0
計 38690万 34420万 -4270万 29 -21 0 0 -18 5 -5 ●-10●

第5節

今節のミスターファンサカ 第5節号

前節は2fpという絶望的な暫定fpからボーナスを6fpも獲得し、
他の選手とは次元が違うという事をまざまざと見せつけたミスターファンサカ遠藤保仁。
今節もその高年俸も何のその、約半数の支持を受け、起用選手ランキングトップという定位置を見事にキープ。
さらにキャプテン人気ランキングも2位の狩野に圧倒的な大差をつけ、当たり前のようにトップに鎮座した。
だが、試合は大宮に3点を奪われ敗北を喫してしまう。
それでも遠藤なら、ミスターファンサカなら何とかしてくれる。
ボーナスで挽回してむしろ年俸アップするんじゃね?という楽観的な意見がスレを支配していたのだが、
結果はボーナス僅かに1fpで確定4fpと今季最低の獲得fpで轟沈し、2480万もの減俸に。
この誰もが予想だにしなかったミスターファンサカの残念な結果を受けて、
ウリパンに慣れきった百戦錬磨のオーナーたちの住まうスレでさえも阿鼻叫喚の地獄絵図と化してしまった。

第5節得点者リスト

**2 MF 狩野 健太 横浜FM 6810万 3108 43.4 %
**7 FW 佐藤 寿人 広島 4340万 2321 32.4 %
**9 MF 柏木 陽介 広島 2540万 1851 25.8 %
*14 FW レアンドロ G大阪 5690万 1460 20.4 % ★85分以降ゴール
----------↑ 大多数ライン(20.0%以上) ↑----------
*15 FW 大迫 勇也 鹿島 1010万 1352 18.9 %
*24 FW 渡邉 千真 横浜FM 1570万 769 10.7 % ☆2得点
*31 FW マルキーニョス 鹿島 9090万 640 8.9 %
*37 FW チョ ジェジン G大阪 3280万 537 7.5 %
*39 DF 槙野 智章 広島 2040万 524 7.3 %
*75 FW 岡崎 慎司 清水 5520万 292 4.1 %
*88 MF 古橋 達弥 山形 2380万 246 3.4 %
----------↓ 良センスライン(3.0%以下) ↓----------
121 DF マト 大宮 3920万 136 1.9 %
132 FW 前田 遼一 磐田 3090万 110 1.5 %
139 MF 服部 公太 広島 2790万 93 1.3 %
180 FW 赤嶺 真吾 F東京 3590万 46 0.6 %
189 FW 石原 直樹 大宮 1600万 39 0.5 %
190 FW 原口 元気 浦和 680万 37 0.5 %
200 MF 山瀬 功治 横浜FM 3220万 27 0.4 % ☆2得点
213 FW パウリーニョ 京都 1860万 13 0.2 %
----------↓ 超センスライン(0.1%以下) ↓----------
244 FW デニス マルケス 大宮 1520万 4 0.1 %
*** FW 北嶋 秀朗 柏 720万 0 0.0%

第5節最悪イレブン

163 GK 榎本 達也 神戸 3080万 2770万 -310万 3 -5 0 -1 0 1 -2 -2
156 DF 宮本 恒靖 神戸 4730万 4260万 -470万 3 -6 0 -1 0 1 -3 -3
149 DF 北本 久仁衛 神戸 2830万 2410万 -420万 3 -6 0 -1 0 0 -4 -4
*28 DF 上本 大海 大分 6500万 5850万 -650万 2 1 0 0 -6 0 -3 -3
186 DF 河本 裕之 神戸 980万 930万 -50万 2 -6 1 -1 0 0 -4 -8 ★暗黒cap
131 DF 石櫃 洋祐 神戸 6270万 5640万 -630万 3 -6 0 -1 0 2 -2 -2
198 MF 山根 巌 柏 1140万 1080万 -60万 3 -2 0 -1 0 0 0 0
267 MF 田中 英雄 神戸 1030万 980万 -50万 3 -2 0 -1 0 0 0 0 ▼前節最悪リザーヴ
187 MF 金 南一 神戸 2200万 1870万 -330万 3 -2 0 -1 -2 0 -2 -2
145 MF ボッティ 神戸 2330万 1980万 -350万 3 -2 0 -1 0 -1 -1 -1
103 FW ルーカス G大阪 5900万 5310万 -590万 2 0 0 0 -2 0 0 0
計 36990万 33080万 -3910万 30 -36 1 -9 -10 3 -21 ●-25●

第6節

今節のミスターファンサカ 第6節号

前節はまさかの大減俸でオーナー達を絶望の淵に追いやってしまったミスターファンサカ遠藤保仁。
今節もキャプテン人気ランキングではトップを守ったものの、大減俸の影響なのか、
起用選手ランキングでは低年俸にも関わらず安定して高ボーナスを稼いでいる小山田こと、
未来のミスターファンサカ候補と言ったらまだまだ過言かもしれない浦和の山田直輝に定位置を奪われてしまう。
そして対戦相手である昇格組の山形にも先制点を奪われてしまうのだが、そこは百戦錬磨のミスターファンサカ。
守備fpが期待出来ないとなると今季最多タイとなる4本ものシュートを放ち、PK以外での初ゴールを挙げる。
ハットトリックのペドロ・ジュニオールに後一歩と迫る確定17fpを獲得したミスターファンサカの勇姿は、
大人気だったFC東京守備陣を筆頭に清水、大分、新潟、広島と人気上位が悉く不発だった中にあって、
改めてその安定感、存在感を際立たせ、まるでまだまだミスターの座は渡さないと言わんばかりだった。

第6節得点者リスト

**2 MF 遠藤 保仁 G大阪 14040万 3184 44.3 %
*10 FW ペドロ ジュニオール 新潟 2640万 1758 24.4 % ☆ハットトリック
*14 FW レアンドロ G大阪 6540万 1578 21.9 %
*16 FW ダヴィ 名古屋 5260万 1540 21.4 % ☆2得点★85分以降ゴール
----------↑ 大多数ライン(20.0%以上) ↑----------
*24 FW エジミウソン 浦和 4660万 1078 15.0 %
*27 MF 柏木 陽介 広島 3050万 882 12.3 %
*29 FW 佐藤 寿人 広島 4560万 775 10.8 %
*60 FW 鄭 大世 川崎F 5320万 301 4.2 %
*70 MF 谷口 博之 川崎F 2600万 265 3.7 % ★85分以降ゴール
*77 FW ウェズレイ 大分 3150万 240 3.3 %
----------↓ 良センスライン(3.0%以下) ↓----------
*85 DF 石櫃 洋祐 神戸 5640万 190 2.6 %
102 FW 石原 直樹 大宮 1920万 127 1.8 %
109 FW ジュニーニョ 川崎F 11060万 114 1.6 % ★85分以降ゴール
133 FW 前田 遼一 磐田 3240万 79 1.1 % 
150 MF 石川 直宏 F東京 2210万 63 0.9 %
169 FW 巻 誠一郎 千葉 2270万 49 0.7 % ★85分以降ゴール
191 MF キム ビョンスク 山形 1780万 30 0.4 %
195 MF 菅沼 実 柏 2430万 27 0.4 %
198 FW 森島 康仁 大分 860万 25 0.3 %
213 FW 深井 正樹 千葉 1800万 15 0.2 % ★85分以降ゴール
213 DF 茂木 弘人 神戸 680万 15 0.2 %
----------↓ 超センスライン(0.1%以下) ↓----------
265 MF 田中 英雄 神戸 980万 2 0.0 %
*** FW イ グノ 磐田 1500万 0 0.0% ☆2得点

第6節最悪イレブン

*76 GK 佐藤 昭大 広島 2090万 1780万 -310万 1 -2 0 0 0 1 0 0
202 DF 波戸 康広 大宮 1840万 1560万 -280万 3 -3 0 0 0 0 0 0
**9 DF 小林 宏之 大分 1860万 1580万 -280万 3 -3 0 0 0 0 0 0
211 DF 小林 祐三 柏 1570万 1330万 -240万 3 -1 0 0 -2 0 0 0 ▼4節(暗黒cap)以来3回目、5節は出停▼
*52 DF 青山 直晃 清水 6850万 6170万 -680万 3 -2 0 -1 0 1 1 1 ▼2回目▼
*18 DF ジウトン 新潟 2850万 2420万 -430万 3 -2 0 0 -2 1 0 0
*13 MF 高木 純平 清水 1530万 1300万 -230万 2 -2 0 -1 0 1 0 0
*97 MF 秋葉 勝 山形 2190万 1860万 -330万 3 -1 0 0 -2 0 0 0
*** MF 内田 智也 大宮 1650万 1400万 -250万 2 -2 0 0 0 0 0 0
118 MF ホベルト 大分 3000万 2550万 -450万 2 -1 0 0 0 -1 0 0
114 FW 大島 秀夫 新潟 2100万 1790万 -310万 2 0 0 0 0 -3 -1 -2 ★暗黒cap
計 27530万 23740万 -3790万 27 -19 0 -2 -6 0 0 ●-1●