ファンサカ2ch辞典 @wiki 2008年:第27節~第31節

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第27節

勝負の明暗

人気上位の大分守備陣が1失点完封負け+警告+低ボーナスで散々な結果となったのを筆頭に、
ターンオーバーとQ采配によって人気上位の谷澤、深井、フェルナンジーニョがまさかのベンチスタートで低fpに終わり、
谷澤に至っては出場すらなく、勝利ポイントを獲得できたことが唯一の救いという悲劇に見舞われてしまう。
さらに人気上位だったエメルソンも、前半のみで退いてしまいボーナスも当然0fpに終わってしまい、
代わりに入った羽生が怪我によって僅か7分で交代してしまうというオマケ付き。
一方で人気トップの遠藤を筆頭に、ゆりかごゴールを決めた憲剛、ジュニーニョら川崎勢や2アシストを決めた長友、
得点王独走中のマルキーニョス、4戦連発の赤嶺など、人気に相応しい高fpを当然の様に獲得する選手たちも。
たかが無料のゲームとは言うものの、必死で考えて起用した選手が低fpに終わってしまったオーナーたちにとって、
憂鬱な週末になった事は言うまでもないだろう。

今節のミスター・ファンサカ

前節はリーグ戦では第18節以来となる勝利を自らのアシストで飾り、
6fpもの高ボーナスを含めた10fpを獲得したミスターファンサカ遠藤保仁。
今節は水曜日にホームで行われたACL準々決勝第2戦のアル・カマラ戦で公式戦3連勝を、
そしてACL準決勝行きを決めた勢いのままアウェイのヴェルディ戦を迎えるのだが、
過密日程も何のその、自身のJ通算300試合出場を飾るゴールを含む1-3で勝利を収める。
ボーナス4fpを含む12fpを獲得し、第14節以来のベストイレブンにも輝いたミスターファンサカには、
ただただひれ伏すのみだった。

得点者リスト

1 MF 遠藤 保仁 G大阪 7170万 5276 78.1 %
3 MF 中村 憲剛 川崎F 9660万 3221 47.7 %
5 FW ジュニーニョ 川崎F 9520万 2872 42.5 % ★85分以降ゴール
----------↑ とっていないと厳しいねライン(25%以上) ↑----------
12 FW マルキーニョス 鹿島 7860万 1651 24.4 %
15 FW 赤嶺 真吾 F東京 2230万 1385 20.5 %
52 FW 鄭 大世 川崎F 3450万 284 4.2 % ☆2得点
58 FW 前田 遼一 磐田 3030万 252 3.7 % ☆PK
63 MF 狩野 健太 横浜FM 670万 236 3.5 %
----------↓ いいセンスの持ち主(3.0%以下) ↓----------
83 MF ディエゴ 東京V 5800万 150 2.2 %
98 MF ボッティ 神戸 3170万 105 1.6 %
100 MF 明神 智和 G大阪 3450万 104 1.5 %
110 DF 藏川 洋平 柏 2890万 96 1.4 %
115 MF 青木 剛 鹿島 2540万 89 1.3 %
117 FW エジミウソン 浦和 2870万 88 1.3 %
118 FW レナチーニョ 川崎F 2300万 83 1.2 %
147 MF 工藤 浩平 千葉 2530万 53 0.8 %
----------↓ 超センスの持ち主(0.1%以下) ↓----------
230 MF 菅沼 実 柏 1790万 8 0.1 %
241 MF 吉田 孝行 神戸 1330万 6 0.1 %
241 DF 池内 友彦 札幌 1210万 6 0.1 %
252 MF 大竹 洋平 F東京 1580万 5 0.1 % ★途中出場ゴール
281 MF 佐々木 勇人 G大阪 1090万 2 0.0 % ★途中出場ゴール
--- FW 巻 佑樹 名古屋 460万 0 0.0% 

最悪イレブン

[2/前節*77位→今節*34位]100 GK 菅野 孝憲 柏 3060万 2750万 -310万 3 -5 0 -1 0 2 -1 -1
[3/前節*31位→今節*10位]196 DF 土屋 征夫 東京V 3330万 3000万 -330万 3 -3 1 0 0 -1 0 0
[3/前節*18位→今節**4位]117 DF 千代反田 充 新潟 3110万 2800万 -310万 2 1 0 0 -4 -1 -2 -2
[2/前節*77位→今節*34位]140 DF 小林 祐三 柏 3200万 2880万 -320万 3 -6 0 -1 0 0 -4 -4
[2/前節*77位→今節*34位]185 DF 鎌田 次郎 柏 1640万 1390万 -250万 3 -6 0 -1 -2 1 -5 -10 ★[2…6節以来]
[初/前節***位→今節*82位]218 MF 佐伯 直哉 大宮 1740万 1480万 -260万 2 -2 0 0 -2 0 -2 -2
[2/前節*55位→今節*20位]*34 MF 枝村 匠馬 清水 3180万 2860万 -320万 2 -2 0 0 0 0 0 0
[2/前節*77位→今節*34位]146 MF 大谷 秀和 柏 2420万 2060万 -360万 3 -6 0 -1 0 0 -4 -4
[初/前節***位→今節*82位]127 MF 山本 真希 清水 400万 380万 -20万 2 -2 0 0 0 0 0 0
[初/前節***位→今節*82位]224 MF 栗澤 僚一 柏 770万 730万 -40万 2 -2 0 -1 0 1 0 0
[2/前節*77位→今節*34位]*92 FW 矢野 貴章 新潟 3160万 2840万 -320万 3 0 0 0 -2 -1 0 0
計 26010万 23170万 -2840万 28 -33 1 -5 -10 1 -18 ●-23●

第28節

神の御技

出場停止などの影響により右サイドバックとしてJリーグ初出場を初スタメンで飾った柏レイソルの村上佑介。
250万という超格安なスタメンで、相手はエースのデニス・マルケス不在の大宮だったものの、
ここ10試合勝ちがない上に失点数も多く、ましてやJ初出場の選手という事もあってかスタメン起用者はほとんどなかった村上。
しかし、試合では“神様”ジーコ以来である初出場ハットトリックという偉業を前半だけで達成し、一躍スターダムに躍り出る。
結局柏は第17節の“大宮戦”以来の、10試合ぶりとなる勝利を完封で果たし、
DFのファンサカレコードを更新し、アラウージョに後一歩と迫る28fpを獲得する。
かつてファンサカの世界に降臨した“洗う神”、“保坂神”に次ぐ新たな神の出現に、
起用者もそうでない人も狂喜乱舞した事は言うまでもない。
だが、次節以降もスタメン出場するかどうかは、文字通り“神のみぞ知る”である。

関わった者たちの末路

5連勝と波に乗るFC東京は長友や赤嶺などを中心に人気上位に複数の選手がランクインしたのだが、
清水相手にまさかの1-5でフルボッコに。
守備陣は5失点により守備fpが-5fpとなり、目も当てられない惨状だった。
世界中のあらゆる場所で民間伝承として伝わっている「瓦斯には関わるな」という言葉の意味を、
FC東京の選手を起用してしまったオーナーたちはその身をもって知る事となってしまった。

今節のミスター・ファンサカ

前節は第14節以来のベストイレブンに輝き、改めてその存在感を示したミスターファンサカ遠藤保仁。
今節はACLの為に日程変更されていた第26節が水曜日に行われた為に疲労が心配されたのだが、
鹿島をホームに迎えての一戦は、互いに譲らず0-0のスコアレスドローに終わってしまう。
しかし、そんな中でも確実にポイントを稼いでいくのがミスターファンサカのミスターたる所以。
当たり前の様にボーナスを5fpを稼ぎ、確定9fpを獲得したその姿は、ある意味神と言っても過言ではないだろう。

得点者リスト

8 FW ジュニーニョ 川崎F 10470万 2507 37.5 %
----------↑ とっていないと厳しいねライン(25%以上) ↑----------
15 FW 大久保 嘉人 神戸 3730万 1333 19.9 % ☆2得点
18 DF 田中 マルクス闘莉王 浦和 8180万 997 14.9 %
19 FW ジウシーニョ 磐田 2430万 989 14.8 % ☆PK
21 FW ヨンセン 名古屋 3830万 879 13.1 % ★85分以降ゴール
24 FW 前田 遼一 磐田 3030万 767 11.5 % ☆ハットトリック
25 FW エジミウソン 浦和 3440万 551 8.2 % ★85分以降ゴール
55 FW レアンドロ 神戸 3420万 289 4.3 %
61 DF 内山 俊彦 神戸 3690万 259 3.9 %
----------↓ いいセンスの持ち主(3.0%以下) ↓----------
80 FW レナチーニョ 川崎F 2530万 164 2.5 % ☆2得点
82 FW 岡崎 慎司 清水 2450万 161 2.4 %
88 MF 菅沼 実 柏 1790万 144 2.2 %
108 FW 深井 正樹 千葉 1430万 105 1.6 % ☆2得点
123 MF ミシェウ 千葉 1560万 76 1.1 %
149 DF 村上 佑介 柏 250万 53 0.8 % ☆ハットトリック
156 FW 田原 豊 京都 1440万 46 0.7 %
175 MF 犬塚 友輔 磐田 1670万 30 0.4 % ★85分以降ゴール
175 MF エメルソン F東京 2450万 30 0.4 %
209 MF 山本 真希 清水 380万 13 0.2 %
209 DF 岩下 敬輔 清水 1600万 13 0.2 %
209 DF 土屋 征夫 東京V 3000万 13 0.2 %
----------↓ 超センスの持ち主(0.1%以下) ↓----------
283 FW 原 一樹 清水 1380万 2 0.0 %
--- FW 戸田 光洋 清水 840万 0 0.0% ★途中出場ゴール★85分以降ゴール

最悪イレブン

[初/前節***位→今節*88位]167 GK 佐藤 優也 札幌 1570万 1330万 -240万 3 -5 0 -1 -2 1 -4 -8 ★[初]
[初/前節***位→今節*88位]218 DF 西澤 淳二 札幌 870万 830万 -40万 3 -5 0 -1 0 0 -3 -3
[2/前節*54位→今節*22位]218 DF 池内 友彦 札幌 1450万 1380万 -70万 3 -5 0 -1 0 0 -3 -3
[2/前節*82位→今節*37位]*91 DF 佐原 秀樹 F東京 2660万 2260万 -400万 3 -5 0 -1 0 1 -2 -2
[3/前節*34位→今節*12位]196 DF 坪内 秀介 札幌 1560万 1330万 -230万 2 -5 0 -1 0 1 -3 -3
[3/前節*34位→今節*12位]201 DF 西嶋 弘之 札幌 1180万 1120万 -60万 3 -5 0 -1 0 0 -3 -3
[3/前節*18位→今節**3位]218 MF 砂川 誠 札幌 1150万 1090万 -60万 2 -1 0 -1 0 0 0 0
[2/前節*82位→今節*37位]152 MF ホベルト 大分 3270万 2940万 -330万 2 -1 0 -1 0 0 0 0
[2/前節*82位→今節*37位]*49 MF クライトン 札幌 3260万 2930万 -330万 3 -1 0 -1 -2 -1 -2 -2
[初/前節***位→今節*88位]211 MF 片岡 洋介 大宮 1390万 1320万 -70万 2 -1 0 -1 0 0 0 0
[3/前節*20位→今節**5位]*60 FW ダヴィ 札幌 2330万 1980万 -350万 3 0 0 -1 -2 0 0 0
計 20690万 18510万 -2180万 29 -34 0 -11 -6 2 -20 ●-24●

第29節

82!スポーツ ファンタジーサッカー

今季から追加されたものの終了間際という事もあり、選手交代が多く、イマイチ盛り上がりに欠けていたヤフーゴールの時間帯。
ところが今節はディエゴ、レアンドロ(神戸)と、一度に2人もヤフーゴールポイントを獲得。
しかもディエゴは起用ランク9位と人気上位だった為、起用するかどうかの選択が明暗を分けた事は言うまでもない。

北の最速チーム

48試合で45失点という昨季のJ2最少失点で首位昇格を決めたコンサドーレ札幌。
しかし怪我人が相次いだ事もあってか、ここまでの28試合で58失点と、
昨季の横浜FC同様J2では通用した守備力はJ1では通用しなかった。
そして復調してきた柏を相手に最後の意地も見せられず2-0で敗退。
試合数で言えば昨季の横浜FCと同じだが、日付的には1日早い“J史上最速”の降格となってしまった。

そんな中にあってボーナスを4fpも稼ぎ、一人気を吐いたクライトンは流石としか言いようがなかった。

今節のミスター・ファンサカ

前節はスコアレスドローだったもののボーナスを5fp稼ぎ、相変わらずの安定感を披露したミスターファンサカ遠藤保仁。
水曜日にはホームで行われたW杯アジア最終予選のウズベキスタン戦に日本代表としてフル出場した遠藤は、
今節の対戦相手が磐田という事もあり、人気が出る事が予想されていた。
そして、スタメン予想サイトに怪我によるベンチスタートの可能性が示唆された事で起用を控えるオーナーが出たにもかかわらず、
最終的には起用率は6割、そしてキャプテン率も3割以上と、相変わらずの信頼性の高さを見せつけた。
だが、ガンバは2-1で勝利したものの遠藤は今季4度目の警告を受け、ボーナスも2fpと振るわず、確定4fpに終わってしまう。
しかし、みんなは信じて待っている。出場停止明けに期待に応える働きをしてくれるミスターファンサカの姿を。

得点者リスト

--1 FW マルキーニョス 鹿島 7840万 4287 64.0 %
--9 MF ディエゴ 東京V 6670万 2113 31.6 % ★ヤフーゴール
----------↑ とっていないと厳しいねライン(25%以上) ↑----------
-24 MF 菅沼 実 柏 2150万 941 14.1 %
-28 FW 興梠 慎三 鹿島 3170万 694 10.4 %
-35 MF アレックス 柏 2330万 586 8.8 % ★85分以降ゴール
-64 MF 枝村 匠馬 清水 3150万 240 3.6 %
----------↓ いいセンスの持ち主(3.0%以下) ↓----------
-80 MF 鈴木 慎吾 大分 3850万 134 2.0 %
-81 MF 明神 智和 G大阪 3450万 126 1.9 %
-92 FW レアンドロ 神戸 3930万 94 1.4 % ★ヤフーゴール
152 FW 原 一樹 清水 1930万 30 0.4 %
196 MF 松浦 拓弥 磐田 420万 15 0.2 %
211 FW 山崎 雅人 G大阪 1440万 11 0.2 % ★途中出場ゴール★85分以降ゴール
----------↓ 超センスの持ち主(0.1%以下) ↓----------
264 FW 田原 豊 京都 2020万 3 0.0 %

U-3000 ベストイレブン

システム:3-5-2
GK 下川 誠吾 大分 1820万 2180万 +360万 3 4 0 1 0 3 11 11 ★ベストイレブン
DF 小林 宏之 大分 1220万 1710万 +490万 3 4 0 1 0 1 9 9
DF 吉田 麻也 名古屋 1450万 2030万 +580万 3 5 0 0 0 1 9 9
DF 村上 佑介 柏 350万 490万 +140万 3 4 0 1 0 2 10 10
MF アレックス (C) 柏 2330万 2800万 +470万 3 1 5 1 0 2 12 24 ★ベストイレブン
MF 菅沼 実 柏 2150万 2580万 +430万 3 1 3 1 0 1 9 9
MF 大谷 秀和 柏 2470万 2960万 +490万 3 4 0 1 0 4 12 12 ★ベストイレブン
MF 山本 真希 清水 530万 740万 +210万 3 1 1 1 0 4 10 10 ★ベストイレブン
MF 小椋 祥平 横浜FM 1620万 1940万 +320万 3 5 0 0 0 2 10 10
FW 山崎 雅人 G大阪 1440万 2020万 +580万 1 0 7 1 0 1 10 10 ★ベストイレブン
FW 原 一樹 清水 1930万 2320万 +390万 3 1 3 1 0 0 8 8
計 17310万 21770万 +4460万 31 30 19 9 0 21 110 122

最悪イレブン

[2/前節*64位→今節*28位]*74 GK 川島 永嗣 川崎F 3630万 3340万 -290万 3 0 0 0 0 1 4 4
[初/前節***位→今節*94位]177 DF 田中 誠 磐田 3540万 3260万 -280万 3 -1 0 0 0 0 2 2
[2/前節*58位→今節*23位]172 DF 茶野 隆行 磐田 1990万 1790万 -200万 3 -1 0 0 0 0 2 2
[2/前節*88位→今節*43位]*83 DF 井川 祐輔 川崎F 2420万 2060万 -360万 3 0 0 0 -2 -1 0 0
[3/前節*37位→今節*12位]110 MF 山田 暢久 浦和 2920万 2650万 -270万 2 0 0 0 0 -1 1 1
[初/前節***位→今節*94位]103 MF 山岸 智 川崎F 3550万 3200万 -350万 2 -1 0 0 0 0 1 1
[2/前節*58位→今節*23位]276 MF 藤田 征也 札幌 610万 610万 0万 2 -1 0 0 0 0 1 1
[初/前節***位→今節*94位]276 MF 山本 康裕 磐田 560万 530万 -30万 3 -1 0 0 -2 0 0 0
[2/前節*88位→今節*43位]211 MF エメルソン F東京 2700万 2300万 -400万 2 0 0 0 -2 0 0 0
[初/前節187位→今節*69位]*70 FW 赤嶺 真吾 F東京 2680万 2280万 -400万 3 0 -1 0 -2 0 0 0 ★[初]
[初/前節***位→今節*94位]119 FW 森島 康仁 大分 1500万 1500万 0万 2 0 0 1 -2 0 1 1
計 26100万 23520万 -2580万 28 -5 -1 1 -10 -1 12 ●+12●

第30節

VJ、アキバでボーナス散財

今節はJ2降格の決定した札幌相手という事で人気が爆発した川崎。
特に川崎3人衆(ジュニーニョ、ヴィトール・ジュニオール、中村憲剛)の人気は凄まじく、
ミスターファンサカ遠藤保仁が出場停止だった事もあり、起用ランク、キャプテンランクのトップ3を独占。
その中でもヴィトール・ジュニオールは秋葉原で偶然テレビ番組に出演した事をフラグと取った一部のオーナーたちの後押しもあり、
75%という起用率でジュニーニョ、中村憲剛を抑えて1位を獲得する。
そして迎えた試合は、お約束のように札幌が1点取ったものの、3-1で勝利を収める。
だが、ジュニーニョ、中村憲剛は得点を決めたものの、ヴィトール・ジュニオールは得点に絡めずじまい。
しかも秋葉原での買い物でボーナスを使いつくしてしまったのか、移籍後初めてボーナスが0fpに終わってしまい、
警告も無いのに確定4fpと振るわなかったヴィトール・ジュニオール。
得点を決めた谷口や、普段はほとんどボーナスが無いのに今節は4fpも稼いだチョン・テセにも水をあけられ、チーム内一人大恐慌状態に。
75%もの起用者たち、そして16%ものキャプテン起用者たちは、ただただ自虐的に草を植えるしかなかったwww

今節のミスター・ファンサカ

今節のガチャは、コロコロPKに変わる新兵器の最終調整の為にお休みです。ご了承下さい。

得点者リスト

2 MF 中村 憲剛 川崎F 9490万 4827 73.4 %
3 FW ジュニーニョ 川崎F 8900万 4244 64.5 %
----------↑ とっていないと厳しいねライン(25%以上) ↑----------
12 MF 谷口 博之 川崎F 3170万 1584 24.1 %
20 MF 谷澤 達也 千葉 2730万 1142 17.4 %
28 FW 岡崎 慎司 清水 3530万 579 8.8 %
36 MF 枝村 匠馬 清水 3620万 487 7.4 % ☆2得点
38 FW 興梠 慎三 鹿島 3650万 480 7.3 %
43 FW 大久保 嘉人 神戸 4290万 416 6.3 %
----------↓ いいセンスの持ち主(3.0%以下) ↓----------
66 MF 狩野 健太 横浜FM 1150万 175 2.7 % ☆2得点
102 MF 細貝 萌 浦和 1430万 84 1.3 %
112 DF 長友 佑都 F東京 2030万 67 1.0 %
119 FW カボレ F東京 3230万 54 0.8 %
119 FW ロニー G大阪 2100万 54 0.8 % ★途中出場ゴール
126 DF 田中 裕介 横浜FM 2450万 49 0.7 %
141 MF 小林 大悟 大宮 2000万 38 0.6 % 
147 FW ダヴィ 札幌 1680万 34 0.5 %
179 MF 藤本 主税 大宮 1960万 19 0.3 % ☆PK
210 FW 田代 有三 鹿島 1550万 10 0.2 % ★途中出場ゴール
----------↓ 超センスの持ち主(0.1%以下) ↓----------
273 MF 大竹 洋平 F東京 1450万 2 0.0 % ★途中出場ゴール
297 MF 栗澤 僚一 柏 1020万 1 0.0 % ★途中出場ゴール

U-3000 ベストイレブン

システム:4-5-1
GK 山本 海人 清水 2520万 2770万 +250万 3 1 0 1 0 1 6 6
DF 中谷 勇介 京都 2060万 2470万 +410万 3 5 0 0 0 2 10 10
DF 河本 裕之 神戸 1680万 2020万 +340万 3 4 0 1 0 0 8 8
DF 吉田 麻也 名古屋 2030万 2440万 +410万 3 5 1 0 0 0 9 9
DF 長友 佑都 F東京 2030万 2440万 +410万 3 0 5 1 0 0 9 9
MF 藤本 主税 大宮 1960万 2350万 +390万 2 0 1 1 0 4 8 8
MF 小林 大悟 大宮 2000万 2400万 +400万 3 0 5 1 -2 3 10 10 ★ベストイレブン
MF 細貝 萌 浦和 1430万 2000万 +570万 3 1 4 1 0 2 11 11 ★ベストイレブン
MF 狩野 健太 (C) 横浜FM 1150万 1610万 +460万 3 0 9 1 0 6 19 38 ★ベストイレブン
MF 大竹 洋平 F東京 1450万 2030万 +580万 1 0 7 1 0 0 9 9
FW ロニー G大阪 2100万 2520万 +420万 1 0 6 0 0 1 8 8
計 20410万 25050万 +4640万 28 16 38 8 -2 19 107 126

最悪イレブン

[初/前節***位→今節*97位]*99 GK 藤ヶ谷 陽介 G大阪 3610万 3250万 -360万 3 -2 0 0 0 0 1 1 
[5/前節**1位→今節**1位]*57 DF 古賀 正紘 柏 2750万 2340万 -410万 3 -3 0 0 0 0 0 0 
[初/前節193位→今節*73位]*17 DF 新井場 徹 鹿島 6530万 5880万 -650万 3 -3 0 0 0 1 1 1 
[初/前節***位→今節*97位]*76 DF 中澤 聡太 G大阪 3590万 3230万 -360万 3 -2 0 0 -2 0 -1 -1 
[4/前節*12位→今節**2位]269 DF 坪内 秀介 札幌 1260万 1200万 -60万 2 -3 0 0 0 0 -1 -2 ★[第1節以来30節ぶり2回目]
[3/前節*43位→今節*14位]*64 DF 小林 祐三 柏 2700万 2300万 -400万 3 -3 0 0 0 0 0 0 
[初/前節***位→今節*97位]240 MF 大塚 真司 札幌 700万 700万 0万 2 -2 0 0 0 0 0 0 
[3/前節*43位→今節*14位]*73 MF 太田 圭輔 柏 2760万 2350万 -410万 2 -2 0 0 0 0 0 0 
[初/前節***位→今節*97位]177 MF 杉山 浩太 柏 670万 640万 -30万 2 -2 0 0 -2 2 0 0 
[2/前節*69位→今節*30位]243 MF ディビッドソン 純マーカス 札幌 1100万 1050万 -50万 3 -3 0 0 0 0 0 0 ◆前節最悪リザーブ◆
[2/前節*69位→今節*30位]235 FW 中山 元気 札幌 1220万 1220万 0万 3 -2 0 0 0 0 1 1 
計 26890万 24160万 -2730万 29 -27 0 0 -4 3 1 ●±0●

アク禁状態中のためこちらで失礼しまつ(by最悪イレブンの中の人)

第31節

川崎株大暴落

今節も残留争い真っ只中の大宮相手という事で人気が爆発した川崎。
起用選手ランキング上位50位に9人もの選手を送り込み、
川崎3人衆(ジュニーニョ、ヴィトール・ジュニオール、中村憲剛)は例の如くトップ10入り。
憲剛に至ってはミスターファンサカ遠藤保仁を僅かに上回り一番人気だった。
だが迎えた試合は、大宮に2失点を喫してしまい敗戦。唯一の得点もスタメンで一番人気薄だった森。
しかも、頼みのボーナスもジュニーニョ、中村憲剛は0fp、ヴィトール・ジュニオールも僅か1fpと残念な結果に。
スタメン11人でファンタジー年俸は3840万も下落し、混迷する世界経済の影響がファンサカにも現れた格好だが、
公的ファンタジー年俸や公的ボーナスポイントの投入は残念ながら見送られたようだ。

今節のミスター・ファンサカ

前節は出場停止の為お休みだったミスターファンサカ遠藤保仁。
水曜日にはホームで行われたACL決勝第1戦のアデレード戦で1得点1アシストと活躍し、
選手起用ランキングでは中村憲剛に僅差での2位だったものの、キャプテン人気では堂々の首位。
だがFC東京をホームに迎えての試合は1-3と完敗を喫してしまい、守備fpのマイナスにより暫定は2fpと奮わず。
しかしそこはミスターファンサカ。スタッツスタジアムでは3失点負けのチームからまさかの節MVPを獲得。
ボーナス0fpに沈んだ憲剛とは違い、アシストも無い中7fpもの高ボーナスを獲得し、改めてその存在感、安定感を示す結果に。
取り沙汰されている海外移籍が現実のものとなってしまった場合、ファンサカ界への損失は計り知れないだろう。

得点者リスト

-12 MF 小川 佳純 名古屋 4320万 1670 25.6 %
----------↑ とっていないと厳しいねライン(25%以上) ↑----------
-22 FW エジミウソン 浦和 3690万 969 14.9 %
-50 FW 田中 達也 浦和 1800万 321 4.9 %
-51 MF 森 勇介 川崎F 1750万 316 4.9 %
-56 FW ルーカス G大阪 4230万 273 4.2 %
----------↓ いいセンスの持ち主(3.0%以下) ↓----------
-82 FW 前田 遼一 磐田 2940万 127 1.9 %
-89 FW カボレ F東京 3710万 101 1.6 %
-92 MF 菅沼 実 柏 2840万 95 1.5 %
118 MF 吉田 孝行 神戸 2050万 57 0.9 %
118 FW 柳沢 敦 京都 3360万 57 0.9 % ☆2得点★85分以降ゴール
133 FW ダヴィ 札幌 1850万 44 0.7 %
137 MF 河合 竜二 横浜FM 1980万 42 0.6 %
160 MF 石川 直宏 F東京 1740万 25 0.4 % 
164 MF 佐藤 勇人 京都 3080万 22 0.3 % ★85分以降ゴール
166 MF 藤本 主税 大宮 2350万 19 0.3 %
166 FW ラフリッチ 大宮 1750万 19 0.3 %
171 FW 平山 相太 F東京 1520万 18 0.3 %
206 MF 鈴木 規郎 神戸 1970万 10 0.2 %
----------↓ 超センスの持ち主(0.1%以下) ↓----------
213 MF ポポ 柏 1500万 8 0.1 %

U-3000 ベストイレブン

システム:3-5-2
GK 下川 誠吾 大分 2400万 2880万 +480万 3 4 0 0 0 1 8 8
DF 鈴木 秀人 磐田 1300万 1820万 +520万 3 4 0 1 0 0 8 8
DF 岡田 隆 磐田 300万 420万 +120万 3 4 0 1 0 0 8 8
DF 村上 佑介 柏 490万 690万 +200万 3 1 0 2 0 2 8 8
MF 吉田 孝行 (C) 神戸 2050万 2460万 +410万 3 0 3 1 0 3 10 20 ★ベストイレブン
MF 藤本 主税 大宮 2350万 2820万 +470万 3 0 4 1 0 0 8 8
MF 鈴木 規郎 神戸 1970万 2360万 +390万 2 1 4 1 0 0 8 8
MF 栗澤 僚一 柏 1220万 1710万 +490万 3 0 0 2 0 3 8 8
MF ポポ 柏 1500万 2100万 +600万 2 0 3 2 0 1 8 8
FW 平山 相太 F東京 1520万 1820万 +300万 3 0 3 1 0 2 9 9 ★ベストイレブン
FW ラフリッチ 大宮 1750万 2100万 +350万 3 0 3 1 0 1 8 8
計 16850万 21180万 +4330万 31 14 20 13 0 13 91 101

最悪イレブン

[初/前節200位→今節*78位]*44 GK 榎本 哲也 横浜FM 5280万 4750万 -530万 3 -2 0 0 0 0 1 1
[2/前節*97位→今節*50位]214 DF 西澤 淳二 札幌 1000万 1000万 0万 3 -1 0 0 -2 1 1 1
[2/前節*97位→今節*50位]*26 DF 中澤 佑二 横浜FM 6080万 5470万 -610万 2 -2 0 0 0 0 0 0 ★[初]
[2/前節*97位→今節*50位]*39 DF 伊藤 宏樹 川崎F 4200万 3780万 -420万 3 0 0 0 -2 0 1 1
[初/前節***位→今節104位]187 DF 柴田 慎吾 札幌 790万 790万 0万 3 -1 0 0 0 0 2 2
[初/前節200位→今節*78位]156 MF 福西 崇史 東京V 2400万 2040万 -360万 3 -1 0 0 -2 0 0 0
[2/前節*66位→今節*26位]261 MF 西谷 正也 札幌 600万 600万 0万 2 -1 0 0 0 0 1 1 ◆29・30節は最悪リザーブ、3節連続の最悪入り◆
[2/前節*97位→今節*50位]246 MF 佐伯 直哉 大宮 1410万 1410万 0万 2 0 0 1 -2 0 1 1
[初/前節***位→今節104位]*28 MF 谷口 博之 川崎F 3650万 3290万 -360万 3 0 0 0 -2 0 1 1
[3/前節*30位→今節**6位]214 MF 西 大伍 札幌 1440万 1440万 0万 3 -1 0 0 -2 1 1 1
[初/前節200位→今節*78位]106 FW 巻 誠一郎 千葉 2690万 2420万 -270万 3 0 0 0 -2 0 1 1
計 29540万 26990万 -2550万 30 -9 0 1 -14 2 10 ●+10●