ファンサカ2ch辞典 @wiki 2008年:第7節~第13節

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第7節

中位力神話、崩壊?

呼称から“エイト”を取り、ピクシー改めミスターを監督に迎え、首位をひた走る名古屋グランパス。
驚異的な人気を誇った今節は、誰もが抱いていた不安の通り前半を1-2で折り返すという展開に。
だが、結局3-2で勝利し、逆転勝利だった事で勝利fpを2fp獲得。
2失点という中にあってもそれなりのfpを稼いだ名古屋勢を目の当たりにしたオーナーたちは、
「中位力は本当に崩壊したのだろうか?」と、さらに疑心暗鬼に陥る結果に。

今節のミスター・ファンサカ

前節では2-2のドローながらも当たり前の様にボーナスを5fpも稼ぎ出したミスター・ファンサカ遠藤保仁。
今節は久しぶりに水曜日に試合が無かった事で疲労が回復出来たものの、相手は同じく水曜日に試合の無かった王者鹿島。
今節は圧倒的な名古屋人気に押され、起用選手ランキングではトップテンに入るのがやっとという状態だったのだが、
キャプテン人気ランキングでは貫禄の起用率1位。
だが、試合は互いに譲らず0-0のスコアレスドローに終わってしまい、しかも今季初の警告を受けてしまう。
結局ボーナスも2fpと低調で、今季2度目の減俸。1970万もダウンしてしまう。
だが、そんな出来だったにも関わらず遠藤への批判は赤いあいつ以外からはほとんどなく、
改めてその信頼の高さを認識させられる事に。

得点者リスト

-10 FW ヨンセン 名古屋 5780万 2158 25.6 % ☆2得点☆1PK
----------↑ とっていないと厳しいねライン(25%以上) ↑----------
-32 FW 鄭 大世 川崎F 2520万 774 9.2 %
-35 DF 石櫃 洋祐 神戸 2890万 652 7.7 %
-38 DF 中澤 佑二 横浜FM 7960万 563 6.7 % ★85分以降ゴール
-57 MF 今野 泰幸 F東京 6120万 273 3.2 %
----------↓ いいセンスの持ち主(3.0%以下) ↓----------
-58 FW アレッサンドロ 新潟 1940万 257 3.0 %
-71 MF 大谷 秀和 柏 1560万 197 2.3 %
-73 MF 太田 圭輔 柏 1670万 189 2.2 % ☆2得点
-76 MF 谷口 博之 川崎F 3270万 161 1.9 %
-81 FW ダヴィ 札幌 2470万 142 1.7 %
-85 FW 李 忠成 柏 2070万 130 1.5 %
-86 MF アレックス 柏 1600万 128 1.5 %
-87 FW カボレ F東京 3110万 123 1.5 %
-90 FW 萬代 宏樹 磐田 1700万 114 1.4 %
103 FW 杉本 恵太 名古屋 3460万 91 1.1 % ★途中出場ゴール
137 FW 赤嶺 真吾 F東京 1030万 50 0.6 %
140 FW 巻 誠一郎 千葉 2960万 46 0.5 %
164 MF ホベルト 大分 2370万 32 0.4 %
177 MF 大竹 洋平 F東京 1210万 26 0.3 % ★途中出場ゴール
200 FW 西澤 明訓 清水 1240万 19 0.2 %
208 DF 富澤 清太郎 東京V 1400万 16 0.2 %
----------↓ 超センスの持ち主(0.1%以下) ↓----------
261 MF 伊藤 淳嗣 千葉 460万 3 0.0 %

最悪イレブン

[初/**位→通算19位]106 GK 土肥 洋一 東京V 3220万 2900万 -320万 3 -5 0 -1 0 2 -1 -1
[初/**位→通算19位]145 DF 服部 年宏 東京V 3130万 2820万 -310万 3 -6 0 -1 0 3 -1 -1
[初/**位→通算19位]176 DF 土屋 征夫 東京V 3040万 2740万 -300万 3 -6 0 -1 0 0 -4 -4
[2/13位→通算*1位]*64 DF 寺田 周平 川崎F 4470万 4020万 -450万 3 -3 0 0 -2 0 -2 -2
[初/52位→通算*8位]170 DF 那須 大亮 東京V 2470万 2100万 -370万 3 -6 0 -1 0 0 -4 -4
[初/**位→通算19位]191 DF 和田 拓三 東京V 1610万 1370万 -240万 3 -6 1 -1 -2 0 -5 -10 ★[初]
[2/13位→通算*1位]226 MF 中島 浩司 千葉 1340万 1270万 -70万 3 -1 0 0 -2 0 0 0
[初/52位→通算*8位]*74 MF 森 勇介 川崎F 3220万 2900万 -320万 3 -1 0 0 -2 0 0 0
[初/52位→通算*8位]154 MF 坂本 將貴 千葉 3080万 2770万 -310万 3 -3 0 0 0 0 0 0
[初/**位→通算19位]110 MF 河野 広貴 東京V 760万 720万 -40万 2 -2 0 -1 0 0 -1 -1
[初/52位→通算*8位]*40 FW ロニー 横浜FM 3120万 2810万 -310万 2 0 0 0 0 -1 1 1
計 29460万 26420万 -3040万 31 -39 1 -6 -8 4 -17 ●-22●

第8節

8の呪い、中位力復活へ

疑心暗鬼の中でアウェイでの東京V戦を迎えた首位名古屋グランパス。
前節、満身創痍の柏に東京Vが5失点を喫した事が、千葉に2失点した不安を吹き飛ばしたのか、
前節同様小川を筆頭に阿部、竹内、マギヌン、ヨンセンらが人気上位に。
だが、結果は中位力の復活を思わせる2-0での完封負け。
辛うじて阿部や竹内はボーナスがついたものの、小川はまさかのボーナス0fp。
まことしやかに囁かれた第8節に外された“エイト”の呪いによるものだったのか、
あまりの悲惨な結果に、小川cap組は勿論の事、名古屋大量起用組はただの一声も出せずに崩れ落ちた。

新ボーナス魔神、その名はクライトン

柏から移籍したアルセウの電撃退団によってクライトンは急遽Jリーグに復帰する事になったのだが、
今季ボーナス魔神として期待されていたマルコス・パウロが未だ出場機会がない中、新ボーナス魔神の候補として颯爽と登場。
下位に沈む昇格組の札幌にあり、しかもFWで起用される事も多い中で、ミスター・ファンサカに次ぐボーナスを獲得するその様は、
まるで昨季のマルコス・パウロを彷彿とさせる働きで、新ボーナス魔神誕生と言っても過言ではないだろう。

シャムスカ・マジック健在

再びスタメン予想サイトのフォーメーションでマジックぶりを見せつけたシャムスカ監督。
今節もウェズレイ、そして高松の2トップが不出場という事で、山瀬を筆頭に人気のあったマリノスだったが、
シュートを4本に抑えたもののまさかの深谷によるミドルシュート1発に沈んでしまう。
結局山瀬はボーナスも0fpで確定3fpと振るわず、ウリパン祭を加速させる結果に。

今節のミスター・ファンサカ

前節ではボーナスが2fpと振るわず、1970万も減俸してしまったミスター・ファンサカ遠藤保仁。
今節の相手はエースのレアンドロを欠き、ここ4試合勝ち星のない神戸だったのだが、大久保の活躍により2-1で敗戦してしまう。
結局出場fpとボーナスfp併せて6fpを稼ぐのがやっとで、2節連続の減俸となってしまう。
だが、このウリパン祭の影響か、浦和起用組を除くと、結局遠藤がチーム内で1、2番目にfpを稼いでいるというチームが多く、
改めてその安定性に驚かされた。

得点者リスト

**********該当者なし**********
----------↑ とっていないと厳しいねライン(25%以上) ↑----------
-12 DF 田中 マルクス闘莉王 浦和 9320万 1846 23.1 % ☆2得点
-29 FW バレー G大阪 6330万 809 10.1 %
-34 FW ジュニーニョ 川崎F 7240万 665 8.3 % ☆PK
-53 FW ジウシーニョ 磐田 1660万 323 4.0 % ☆2得点
----------↓ いいセンスの持ち主(3.0%以下) ↓----------
-73 MF アレックス 柏 1920万 187 2.3 %
-82 MF 谷口 博之 川崎F 3010万 166 2.1 % ★85分以降ゴール
-90 MF 森 勇介 川崎F 2900万 136 1.7 %
-93 FW 大久保 嘉人 神戸 3540万 126 1.6 % ☆2得点
100 FW 高原 直泰 浦和 5430万 107 1.3 % ☆2得点
120 DF 青山 直晃 清水 5720万 73 0.9 %
125 DF 松尾 直人 新潟 2110万 68 0.9 %
134 MF ディエゴ 東京V 4050万 54 0.7 %
143 DF 小林 祐三 柏 2120万 43 0.5 %
169 MF 谷澤 達也 千葉 1030万 26 0.3 %
186 DF 深谷 友基 大分 2610万 19 0.2 %
186 MF 小林 慶行 大宮 2100万 19 0.2 %
192 MF 河野 広貴 東京V 720万 17 0.2 %
----------↓ 超センスの持ち主(0.1%以下) ↓----------
215 FW 興梠 慎三 鹿島 1560万 9 0.1 %

最悪イレブン

[初/**位→通算21位]128 GK 平井 直人 京都 2640万 2240万 -400万 3 -3 0 -1 0 1 0 0
[初/**位→通算21位]190 DF 森岡 隆三 京都 1630万 1390万 -240万 3 -3 0 -1 -2 1 -2 -4 ★[初]
[初/**位→通算21位]125 DF 古賀 正紘 柏 2900万 2470万 -430万 3 -3 0 0 -2 2 0 0
[初/**位→通算21位]202 DF 手島 和希 京都 1380万 1310万 -70万 3 -3 0 -1 0 1 0 0
[初/**位→通算21位]235 DF 角田 誠 京都 1590万 1350万 -240万 3 -3 0 -1 0 0 -1 -1
[初/**位→通算21位]106 DF 藏川 洋平 柏 2220万 1890万 -330万 3 -3 0 0 -2 2 0 0
[初/**位→通算21位]*22 MF 中村 直志 名古屋 2900万 2470万 -430万 3 -1 0 0 -2 0 0 0
[初/**位→通算21位]*18 MF マギヌン 名古屋 3640万 3280万 -360万 2 -1 0 0 0 -1 0 0
[初/**位→通算21位]**1 MF 小川 佳純 名古屋 2550万 2170万 -380万 3 -1 0 0 -2 0 0 0
[初/62位→通算*8位]118 FW 田原 豊 京都 2000万 1700万 -300万 2 0 0 -1 -4 1 -2 -2
[初/**位→通算21位]*40 FW ダヴィ 札幌 2720万 2310万 -410万 2 0 0 0 -4 0 -2 -2
計 26170万 22580万 -3590万 30 -21 0 -5 -18 7 -7 ●-9●

第10節

誕生日の魔力

第10節の行われた5月3日が誕生日だった川崎・山岸と柏・菅野。
山岸はここ4節勝ちのない鹿島を相手に、2アシストで逆転勝利に貢献する。
一方、菅野はここまで控えに甘んじていたのだがスタメン予想を覆し遂にスタメン出場。
ここまで勝ちのない千葉を相手に、警告を受けるものの完封勝利に貢献する。
この2人の活躍は誕生日の魔力によるものなのかどうかは、定かではない。

ちなみに菅野がスタメンという事で南起用組が被害を被った事は、言うまでもない。

ゆりかごパワー

浦和、鹿島、ガンバという強豪との3連戦を1勝2分けという好成績で切り抜けたという事からか、
デニス・マルケス、小林大悟、レアンドロ、江角が人気上位にランクインした大宮はホームでFC東京を迎えるのだが、
前日長女が誕生した梶山による技ありの一発を含む3失点を喫してしまい完敗。
デニス・マルケスはボーナスもなく確定1fp、小林大悟に至っては警告を受け、
さらにボーナス-2fpで確定-3fpと散々な出来だった。
大宮起用組は、誰もが幼少期におじいちゃん、おばあちゃんに言われた事のある教訓「瓦斯には関わるな」の言葉を思い返したとか。

今節のミスター・ファンサカ

前節では確定6fpで、2節連続で大減俸となってしまったミスター・ファンサカ遠藤保仁。
今節の相手は今季のファンサカ序盤戦を引っ張ってきたミスター率いる名古屋。
中2日という厳しい日程だったものの、バレーの2得点もあり、何とか1-2で勝利を収める。
そして1アシストを含む7fpという驚異的なボーナスを獲得し、第5節以来のベストイレブン入り。
減俸を回避出来れば御の字と思っていた起用組にとって、これ以上の喜びはなく、
また、起用を控えたオーナー達にとっては恨めしい結果となってしまった。

得点者リスト

--6 MF 金崎 夢生 大分 2740万 2321 29.4 %
----------↑ とっていないと厳しいねライン(25%以上) ↑----------
-10 MF アレックス 柏 2110万 1751 22.2 %
-12 FW フッキ 東京V 4990万 1561 19.8 %
-13 MF 小川 佳純 名古屋 2170万 1490 18.9 %
-29 DF 阿部 勇樹 浦和 10920万 857 10.9 %
-31 FW マルキーニョス 鹿島 5790万 843 10.7 %
-36 DF 長友 佑都 F東京 1850万 740 9.4 %
-38 MF 中村 憲剛 川崎F 8860万 727 9.2 %
-39 FW バレー G大阪 6330万 695 8.8 % ☆2得点
-65 MF ディエゴ 東京V 4660万 338 4.3 %
-69 FW カボレ F東京 3090万 306 3.9 %
-78 MF 谷口 博之 川崎F 3460万 254 3.2 %
----------↓ いいセンスの持ち主(3.0%以下) ↓----------
-87 FW 原 一樹 清水 1060万 221 2.8 %
-90 FW ロニー 横浜FM 2530万 214 2.7 % ☆2得点
-91 FW 鄭 大世 川崎F 2780万 212 2.7 %
113 MF 青木 剛 鹿島 3180万 130 1.6 %
127 MF 梶山 陽平 F東京 2920万 109 1.4 %
129 FW 松橋 優 大分 680万 103 1.3 %
136 FW 矢野 貴章 新潟 2990万 92 1.2 %
138 MF アタリバ 京都 1260万 87 1.1 %
158 MF 福西 崇史 東京V 3040万 64 0.8 %
169 DF 小林 亮 大分 1370万 54 0.7 %
176 MF 駒野 友一 磐田 5480万 45 0.6 %
----------↓ 超センスの持ち主(0.1%以下) ↓----------
246 MF 吉田 孝行 神戸 1360万 6 0.1 % ★途中出場ゴール

最悪イレブン

[初/**位→通算25位]*22 GK 江角 浩司 大宮 3460万 3110万 -350万 3 -2 0 -1 0 1 1 1
[初/**位→通算25位]*99 DF 波戸 康広 大宮 3130万 2820万 -310万 3 -2 0 -1 0 1 1 1
[初/**位→通算25位]128 DF 大岩 剛 鹿島 3890万 3500万 -390万 3 -3 0 0 -2 0 -2 -2
[初/**位→通算25位]*71 DF 冨田 大介 大宮 3490万 3140万 -350万 3 -2 0 -1 0 1 1 1
[初/**位→通算25位]*16 DF 田中 裕介 横浜FM 2070万 1760万 -310万 3 -2 0 0 -2 0 -1 -1
[初/**位→通算25位]174 MF 河村 崇大 磐田 2420万 2060万 -360万 2 -1 0 0 -4 0 -3 -3
[初/**位→通算25位]*19 MF 小林 大悟 大宮 3000万 2550万 -450万 3 -1 0 -1 -2 -2 -3 -6 ★[初]
[初/**位→通算25位]**9 MF クライトン 札幌 3390万 3050万 -340万 3 0 -1 0 -2 0 0 0
[2/21位→通算*2位]*81 MF マギヌン 名古屋 3280万 2950万 -330万 2 -1 0 0 0 -1 0 0 ▼2節連続▼
[初/**位→通算25位]172 MF 木暮 郁哉 新潟 790万 750万 -40万 2 -1 0 0 0 -1 0 0
[初/74位→通算10位]*17 FW デニス マルケス 大宮 2320万 2090万 -230万 3 0 -1 -1 0 0 1 1
計 31240万 27780万 -3460万 30 -15 -2 -5 -12 -1 -5 ●-8●

第12節

人気下位チームの逆襲

今節はCB2人とボッティを欠く神戸をホームに迎える名古屋、
ここ2試合連続でシュートが4本の札幌をホームに迎える大宮、
ここまで未勝利でクゼ監督を解任した千葉と対戦する、前節試合の無かった京都、
起用選手ランキング、キャプテン人気ランキングで大人気なフッキの所属するヴェルディと対戦する、前節試合の無かった大分、
そして、ACLによる過密日程にも関わらず、イマイチ調子の上がらないマリノスと清水が対戦相手のガンバと鹿島。
この6チームが人気上位だったのだが、名古屋はスコアレスドローで守備陣はまずまずだったものの、大宮は2失点負け。
京都は千葉に初勝利を献上し、ヴェルディはフッキが警告を受けた上に完封負け。
鹿島も完封負けを喫し、ガンバは2-2のスコアレスドローと散々な出来だった。
この人気下位チームの奮闘による“予想外”の連続によって、今節は第8節に次ぐウリパン節になってしまった。

今節のミスター・ファンサカ

前節ではボーナスを7fp獲得し、確定11fpで今季2度目のベストイレブン入りを果たしたミスター・ファンサカ遠藤保仁。
水曜日にタイで行われたACL1次リーグ第5戦のチョンブリFC戦では右太もも裏の違和感の為に欠場したものの、
横浜FM戦の出場には問題がないという事もあり、起用選手ランキングでは2位に、
そしてキャプテン人気ランキングでは圧倒的な起用率で1位に輝く。
しかし試合はロニーのヤフーゴールを含む2得点により2-2のスコアレスドローに終わってしまう。
だが当たり前の様にボーナスを4fp獲得し、減俸回避に成功。
2失点で得点にも絡まなかったにも関わらずいつも通り高fpを獲得するところは、流石ミスター・ファンサカとしか言いようがなかった。

得点者リスト

**********該当者なし**********
----------↑ とっていないと厳しいねライン(25%以上) ↑----------
30 FW アレッサンドロ 新潟 1980万 777 9.8 %
40 FW エジミウソン 浦和 3210万 554 7.0 % ☆PK
48 FW ルーカス G大阪 4650万 479 6.0 %
----------↓ いいセンスの持ち主(3.0%以下) ↓----------
101 DF 山口 智 G大阪 6210万 172 2.2 %
110 MF 大谷 秀和 柏 1850万 137 1.7 %
115 FW ロニー 横浜FM 3040万 129 1.6 % ☆2得点★ヤフーゴール
134 FW ダヴィ 札幌 1960万 93 1.2 % ★85分以降ゴール
135 MF 工藤 浩平 千葉 1550万 91 1.1 %
165 MF 本田 拓也 清水 1740万 58 0.7 %
179 MF エジミウソン 大分 2840万 45 0.6 %
----------↓ 超センスの持ち主(0.1%以下) ↓----------
--- FW 森田 浩史 大宮 700万 0 0.0 % ★途中出場ゴール

最悪イレブン

[初/**位→通算28位]*54 GK 松代 直樹 G大阪 2050万 2050万 0万 3 0 0 0 0 0 3 3
[初/**位→通算28位]156 DF 松田 直樹 横浜FM 3280万 2950万 -330万 3 -1 0 0 -2 0 0 0
[初/**位→通算28位]107 DF 中澤 佑二 横浜FM 7150万 6440万 -710万 3 -1 0 0 -2 1 1 1
[初/**位→通算28位]*89 DF 加賀 健一 磐田 3110万 2800万 -310万 2 1 0 0 -4 1 0 0
[初/**位→通算28位]182 MF 菅原 智 東京V 1420万 1350万 -70万 3 -2 0 0 0 -2 -1 -2 ★[初]
[初/81位→通算11位]194 MF 大野 敏隆 東京V 1370万 1370万 0万 2 -2 0 0 0 1 1 1
[初/**位→通算28位]*21 MF 渡邉 大剛 京都 3060万 2750万 -310万 3 0 0 0 -2 -1 0 0
[初/**位→通算28位]*17 MF ディエゴ 東京V 5360万 4820万 -540万 3 -2 0 0 0 0 1 1
[初/**位→通算28位]*43 FW 柳沢 敦 京都 2440万 2200万 -240万 3 0 -1 0 0 0 2 2
[2/10位→通算*1位]*68 FW 田原 豊 京都 1450万 1450万 0万 3 0 -1 0 -2 1 1 1
[2/10位→通算*1位]*95 FW レアンドロ 東京V 1900万 1710万 -190万 3 0 -1 0 -2 1 1 1
計 32590万 29890万 -2700万 31 -7 -3 0 -14 2 9 ●+8●

第13節

オウン選手4ゴールの大活躍

完封試合は千葉と京都だけという、GK、DFには厳しい節だった今節。
そんな中にあって4ゴールの大活躍を果たしたのがオウン選手。
鴨池でのゴールを皮切りに、等々力で、そして味スタでは両陣のゴールに決めるという荒技も披露。
この活躍を見て実況スレでは黒須選手とともに代表入りを望む声が声が上がったとか上がらなかったとか。

今節のミスター・ファンサカ

前節では横浜FM相手に2-2という結果ながらもボーナスで挽回し減俸を回避したミスター・ファンサカ遠藤保仁。
今節は首位の浦和が対戦相手という事や安田理大とともに出場微妙という情報が流れていた事、
そして編成締め切り前にベンチスタートが発表された事もあり、通常よりも遙かに低い起用率となったのだが、
試合では後半途中からの出場でゴールを決め勝利に貢献。
「ガチャは途中出場でも高fpを獲得する」という定説通りの結果となったのだが、
怪情報タイムにスタメン発表が行われたにも関わらず誰もが正直にスタベン情報を載せた事や、
ゴールの瞬間は起用に関わらず誰もが感嘆の声を上げた事からも分かる通り、
改めてファンサカにおける遠藤保仁という存在の大きさを再認識させられた。

得点者リスト

**********該当者なし**********
----------↑ とっていないと厳しいねライン(25%以上) ↑----------
-10 FW ジュニーニョ 川崎F 6860万 1859 23.2 %
-11 FW フッキ 東京V 5280万 1813 22.6 % ☆2得点
-15 FW ヨンセン 名古屋 5230万 1509 18.9 % ☆PK
-17 MF 小笠原 満男 鹿島 6270万 1339 16.7 % ☆PK
-19 FW 玉田 圭司 名古屋 3590万 1290 16.2 %
-36 FW 大久保 嘉人 神戸 3740万 702 8.8 %
-40 MF 遠藤 保仁 G大阪 10550万 569 7.1 %
-44 MF マギヌン 名古屋 2660万 548 6.9 %
-47 FW アレッサンドロ 新潟 2380万 465 5.8 %
-51 FW エジミウソン 浦和 3210万 436 5.5 %
-68 FW 赤嶺 真吾 F東京 1900万 311 3.9 % ☆2得点
----------↓ いいセンスの持ち主(3.0%以下) ↓----------
-82 MF 梅崎 司 浦和 1500万 210 2.6 %
-82 MF 谷澤 達也 千葉 1440万 211 2.6 %
-99 MF 太田 圭輔 柏 2160万  157 2.0 %
109 FW デニス マルケス 大宮 2300万 140 1.7 %
122 DF 中澤 聡太 G大阪 1990万 108 1.4 %
153 FW レアンドロ 東京V 1710万 64 0.8 %
179 MF 小林 慶行 大宮 2080万 39 0.5 % ★85分以降ゴール
189 DF 大井 健太郎 磐田 1030万 27 0.3 %
206 FW 宮澤 裕樹 札幌 420万 16 0.2 %
----------↓ 超センスの持ち主(0.1%以下) ↓----------
236 FW 山崎 雅人 G大阪 1490万 6 0.1 %
266 MF 土岐田 洸平 大宮 540万 2 0.0 %

最悪イレブン

[初/***位→通算*32位]150 GK 西部 洋平 清水 6890万 6200万 -690万 3 -3 0 -1 0 1 0 0
[初/***位→通算*32位]128 DF 市川 大祐 清水 6380万 5740万 -640万 3 -4 0 -1 0 2 0 0
[初/***位→通算*32位]152 DF 児玉 新 清水 5900万 5310万 -590万 3 -4 0 -1 0 0 -2 -2
[初/***位→通算*32位]170 DF 高木 和道 清水 6240万 5620万 -620万 3 -4 0 -1 0 -2 -4 -8 ★[初]
[初/***位→通算*32位]206 DF 吉弘 充志 札幌 2060万 1750万 -310万 3 -2 0 0 -2 0 -1 -1
[初/***位→通算*32位]117 DF 青山 直晃 清水 6560万 5900万 -660万 3 -4 1 -1 0 0 -1 -1
[2/*28位→通算**4位]193 MF 寺川 能人 新潟 1770万 1500万 -270万 2 -1 0 0 -2 0 -1 -1
[初/***位→通算*32位]204 MF 伊東 輝悦 清水 3120万 2810万 -310万 2 -2 0 -1 0 1 0 0
[初/***位→通算*32位]147 MF 山田 暢久 浦和 3620万 3260万 -360万 2 0 0 0 -2 0 0 0
[初/*94位→通算*14位]135 MF 枝村 匠馬 清水 1550万 1320万 -230万 2 -2 0 -1 0 0 -1 -1
[初/***位→通算*32位]102 FW 高原 直泰 浦和 5930万 5460万 -470万 2 0 0 0 0 0 2 2
計 50020万 44870万 -5150万 28 -26 1 -7 -6 2 -8 ●-12●