Mission 9 ファイナルアプローチから10nmの着陸


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このミッションではF-16をどのようにして着陸させるかを学びます。次の3つのことに留意すれば、F-16を着陸させるのは難しいことではありません。機体を正しく設定する。2.5°のグライドパスを維持する。最後に重要なのは対気速度をコントロールすることです。このトレーニングミッションではファイナルアプローチより始まりますが、機体を安全に着陸させるために3つのこと(そしてもう一つ)を達成しなくてはなりません。

トレーニングミッション概要

飛行場より10nm、ファイナルアプローチコース上からの着陸を練習します。

設定

対気速度:200ノット

高度:2000AGL(Above Ground Level地上高度)

スロットの設定:中程度

設定:ギア収納

飛行場からの位置:10nm、滑走路センターライン上

兵器モード:NAV

ミッション説明

ミッションは滑走路にまっすぐ向かって10nmの地点より始まります。機体は200ノットで水平飛行、車輪はあがっています。以下のステップで着陸をしてください。

1.トレーニングセクションより、"09 Landing Final Approach"をロードしてください。

2.HUDのフライトパスマーカーを0°ピッチに合わせ水平飛行を維持してください。

3. SHIFT + CTRL + ALT + S キーを一度押すとヘッディングテープが消え滑走路がよく見えます。

4.タワーに着陸許可をもらいます。通常のATC(航空管制)パターンにとどまることを避けるために T キーを押し、"Declaring an emergency."(緊急事態を宣言)を選択します。ATCは緊急事態を避けるためにどの滑走路がよいかを教えてくれます。割り当てられた滑走路を覚えておいてください。他の機を避けるために割り当てられた滑走路を使用します。

5.対気速度が300ノット以下であることを確認します。

  1. G キーを押すか、左下のコックピットコンソールのギアハンドルをクリックしてランディングギアを下げます。このコンソールに切り替えるにはジョイスティックならハットスイッチを左に、マウスなら画面左下をクリックします。

ギアハンドルが下にさがったとき、ギアハンドルの赤いライトが光り、これはギアが移動中ということを示しています。赤いライトが消えるれば、それはギアがさがったことを意味しています。一つ又はそれ以上のランディングギアがギアハンドルの位置と合ってなければ赤いライトが点灯します。。ギアハンドルを下げたとき、ランディングギアが下がったでロックされるまで光り続けます。もし赤い光が点灯し続けているならランディングギアに何かしらの問題があります。

ギアハンドルの上にあるグリーンのライトも見てください。ギアがさがっていてロックされているかをチェックするのに役立ちます。もし、ギアハンドルがさがった後、三つのうちの一つが光っていなかったらそのギアに問題があることを示しています。ライトは三角形に配置され、一番上はノーズギアを示し、左右のギアはメインギアを示しています。

ギアが降りて、ロックされたら、HUDに新たなラインが現れているのに気付くでしょう。水平線より下にある2.5°ラインです。これは着陸のための新たな助けをしてくれます。理想的なフライトパスになるようにフライトパスマーカーをこのライン上に維持するようにしてください。もちろん適切なコース上にいるときにのみこれは適用できます。

ギアが降りることによるまた違った効果は、フライトコントロールシステム(FLCS)がランディングゲインにスイッチすることです。(landing gainはどのように訳したらよいのだろう。。)これはコントロールが少し制限されることを意味します。また、着陸装置が機首を少し下げるようとすることからくる追加抗力が発生していること気付くでしょう。


6.ランディングギアが降りて、ロックされたのを確認したら、出力を絞って160ノットに落とし始めます。燃料流量を2300パウンド/時にセットするまたは、RPMゲージで約75%にエンジン出力を合わせます。いかなる場合でも実際の大気速度をチェックしてください。HUDの左側にあるカラットを見てください。HUDにある横になった"V"はTOSのカラットです。TOSカラットを追いかけようとはしないでください。 この段階では対気速度をよく見て、速度が落ちすぎないようにしてください。グライドパスに乗るまでは160ノット以下にならないようにし、AOAブラケットを使用してください。

7.繰り返しますが、速度を落としている間は図9-3で示すようにフライトパスマーカーはピッチ0°のライン上になるように維持してください。

8.水平線が見えるに従って、二つの幅の広い線と、少なくても一つ幅の狭い線が見えてきます。広い方は二つの平行な滑走路です。一方狭い方は誘導路です。左側の滑走路に乗っているなら、滑走路がHUDの対気速度テープの上に来るまでゆっくり右にバンクします。右の滑走路に乗るのには遠すぎるならば、HUDの高度テープの下に滑走路が来るようにします。滑走路と一直線になったら、むき直します。 L キーを押して位置を確認することもできます。アプローチを継続する前にもう一度 L キーを押して通常の視点に戻すことを忘れないでください。

9.進入端がHUDの3°の位置になったら B キーを押してスピードブレーキ展開し、フライトパスマーカーを進入端に合わせます。進入端は滑走路の末端の黒いエリアです。図9-4は水平飛行で進入端がHUDで3°になった状態を示しています。


図9-5は適切な3°のグライドパスを示しています。機体が下降し燃料流量毎時2000パウンドでギアを下げ、エアブレーキを展開していて約160ノットを維持しているならば大きな出力の変化は必要ないでしょう。HUDの着陸シンボルを見てみましょう。ランディングギアが下がると、AOAブラケットがHUDに現れます。フライトパスマーカーとHUD上のブラケットとの位置を知ることにより簡単に機体のAOAが確認できます。アプローチに適切なAOAは11°です。適切な進入速度で飛ぶには、フライトパスマーカーがブラケットの上のラインにあるようにしてください。


10.進入端を指したら、対気速度をコントロールするために出力を使ってフライトパスマーカーが滑走路の終端にくるようにします。ブラケットの上部は11°で下部は15°なのを忘れないでください。出力を調節してAOAを11°にします。AOAブラケットに関してさらに言えば、アプローチ中はフライトパスマーカーがブラケットの中程(AOA13°)まできてしまうことは問題ないです。しかし、下部(AOA15°)までこないようにしてください。機体をAOA15°でコントロールし、安全に着陸することは難しいです。加えて、もし、着陸中AOA15°で滑走路に激しく接地してしまったら、スピードブレーキを擦ってしまうでしょう。

11.機体が滑走路上を100フィートまで降下したら、フレアを掛けるときです。フレアは滑走路にやさしく接地するために降下率を下げる単純な機動です。F-16にフレアをかけるには、ゆっくりとエイムポイント(*訳注フライトパスマーカー)を進入端から滑走路の終端まで移動します。フライトパスマーカーが進入端から滑走路の終端に向かうように優しくスティックを引き起こすようにしてください。スティックを少しずつ引き起こすに従って、フライトパスマーカーがゆっくりとあがってきます。この機動を実施している間は滑走路の終端の下にフライトパスマーカーがあることを確認してください。タイヤが接地する音が聞こえるまで、対気速度を約130ノットに維持します。フレアをかけ始めたらスロットはゆっくりとアイドルに戻します。機体の対気速度が早すぎる、もしくはフレアをかけたときに出力を戻さなかったら、機体は浮かんでしまうか、滑走路から上昇をし始めます。もう一つの例外は速度が遅すぎて機体が滑走路に落ちてしまうことです。ともにゴーアラウンドをして、もう一度着陸を試みます。時にはフレアをかけ始めた場合でも衝撃を和らげるためにほんの少し出力をあげる必要があるでしょう。

12.タッチダウンし、タイヤが滑走路に接地する音を聞いたら、エアロブレーキがかかるようにゆっくりとガンクロスをHUDの10°のピッチラインの上に引き起こします。F-16では機体自体がスピードブレーキとして使われます。いったん着陸してしまうとフライトパスマーカーが使えないので、ガンクロスを目印にします。機体が約100ノット以下になったら、機首が滑走路に接地します。繰り返しますが、スロットの位置はアイドルです。(一番後ろ)

13.着陸の最終段階は、F-16を駐機してシャットダウンします。はじめに SHIFT + / キーを押してノーズホイールステアリングを起動させます。これで地上を旋回することができます。航空機をタキシングするのは多少練習が必要です。完全に停止してしまったら動き出すためにそれなりの出力が必要なことがわかるでしょう。静止摩擦を超えなくてはいけません。一度動き出したら、出力をはじめよりも絞る必要があります。 滑走路の終端までタキシングします。(通常は出力を加える必要はないでしょうが)誘導路が見えたら曲がって駐機する場所を見つけます。タキシングするのに早すぎる場合は K キーを押してホイールブレーキをかけ、速度を落とします。

14.駐機したらシャットダウンチェックリストを行います。

  • エジェクションシートをアンアームに
  • スピードブレーキを閉じます。
  • Master ArmをSAFEに
  • アビオニクスパワースイッチ群をオフに
  • エンジンを切り、スロットルをアイドルに、IDEL detentをトグル ( ALT + %spanclass(key){i})
  • エンジンが止まるのを待ちます、メインジェネレーターワーニングライトがアクティブになります。
  • マスターパワー・エンジンフィードをOffに(右奥のコンソール上)
  • キャノピーをあける

最初の試みの場合、または助けが必要な場合は ALT + H でどこに向かっているかのインジケータが空に表示されます。詳しいことはChapter 24 飛行場を見てください。

FalconAFがF-16を忠実に再現しているので着陸するには練習が必要でしょう。練習を重ねればこつをつかめるでしょう。しかし、"sight picture"になるまで練習を重ねてください。上記の手順をスタートラインとして繰り返しアプローチの練習をしてください。それぞれのパイロットは個々のテクニックを持っています。あなたもすぐに自分のものをつかめるでしょう。あるパイロットはAOAブラケットを信頼し、あるものはFPMを信頼して、またあるものは感覚を信頼します。

ひとたび技術を手に入れれば、その光景が心から離れないように簡単にできるようになるでしょう。しかし、数回着陸を成功させた後、突然着陸できなくなってしまうでしょう。そうなったらさらに練習が必要です。もう一つのよく知られた落とし穴は"Lang-at-any-cost-itis"と呼ばれる数回着陸を成功したパイロットが陥るものです。滑走路に近づくときにうまくいかないようならば出力を最大にしてゴーアラウンドしましょう。少し燃料を消費したとしても、新しいF-16より安いのですから。

名前:
コメント:
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|
メニュー
  • Chapter 1 飛ばし方
  • Chapter 2  旋回方法
    • Mission 3 
    • Mission 4
    • Mission 5
    • Mission 6
    • Mission 7
    • Mission 8
  • Chapter 3 着陸・ナビゲーション
  • Chapter 4 空対空兵器
  • Chapter 5 空対地兵器
    • Mission 17 空対地レーダーモード
    • Mission 18 無誘導爆弾でのCCRP爆撃
    • Mission 19 CCIP爆撃
    • Mission 20 無誘導爆弾でのダイブトス爆撃
    • Mission 21 20mmキャノン(空対地)
    • Mission 22 ロケット
    • Mission 23 AGM-65 マーベリックミサイル
    • Mission 24 レーザー誘導爆弾
    • Mission 25 HARM 空対地ミサイル
  • Chapter 6 空中補給
    • Mission 26 空中補給
  • Chapter 7 
    • Mission 27
  • Chapter 8 基本飛行機動
    • Mission 28 攻撃飛行機動
    • Mission 29 防御飛行機動
    • Mission 30 対面飛行機動
  • Chapter 9 Instant Action
  • Chapter 10 Dogfight
  • Chapter 11 Tactival Engagement
  • Chapter 12 The Champaign
  • Chapter 13 LogBook
  • Chapter 14 ACMI
  • Chapter 15 Tactical Reference
  • Chapter 16 セットアップ
  • Chapter 17 コンソール
  • Chapter 18 HUD
  • Chapter 19 MFDS
  • Chapter 20 ICP・DED
  • Chapter 21 レーダー
  • Chapter 22 ビュー
  • Chapter 23 レーダーコマンド
  • Chapter 24 飛行場
  • Chapter 25 エアロダイナミクス・Gフォース
  • Chapter 26 敵戦略
  • Chapter 27 マルチプレイヤー

更新履歴

取得中です。