※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

用語集、第二段つーことで、アシストとオートアシストの違いを解説~
※表は等幅フォントでみてください

[アシスト(/assist, /assist キャラクター名)]
 "自分のターゲット相手のターゲット(敵味方問わず)"を、"自分のターゲット"として設定するコマンド。
 コマンドを実行した時点の"自分のターゲット相手のターゲット"が"自分のターゲット"になる。

          MAの状態   自分の状態
行動        TG  IT  TG  IT 
開始状態      MOB1 P1  MA  MOB1
/assist 実行    同上 同上 MOB1 P1
MAがターゲット変更 MOB2 P2  MOB1 P1 

   凡例) 
    TG:ターゲット
    IT:二次ターゲット
    MA:メインアシスト
    PX:プレイヤー

 メリット
  ・MAが急にターゲットを変えたとしても攻撃先が変更されない。
   このことにより、MAが、現時点に攻撃中のMobからターゲットをはずすことができる。
   MAが先行して次のMobをTabを使用して決定する場合に効果的。
  ・コマンドを/assist <キャラクター名> で運用することにより、ターゲットがどこにあっても対象の変更が楽。
   弱体を別のMobにいれたり、Mez、RootなどのCC使用後などにターゲットを戻しやすい。
   (この場合、MAが攻撃対象を探している場合などの誤爆に注意する必要あり。)

 デメリット
  ・オートアシストと比較して、攻撃開始までに多少のタイムラグが発生する。
  ・敵のターゲットが必ずしもMTに向いているとは限らないため、ヒーラーには不向き。
   特に敵が複数の場合、別のプレイヤーを回復させてしまい、MTの回復が遅れる可能性がある。

[オートアシスト]
 "自分のターゲット相手のターゲット"を"自分の二次的なターゲット"とする機能。
 常に"自分のターゲット相手のターゲット"が"自分の二次ターゲット"になる。
          MAの状態   自分の状態
行動        TG  IT  TG  IT 
開始状態      MOB1 P1  MA  MOB1
MAがターゲット変更 MOB2 P2  MA  MOB2
  凡例) 
    TG:ターゲット
    IT:二次ターゲット
    MA:メインアシスト
    PX:プレイヤー

 メリット
  ・MAが攻撃先を変更した後、すぐに対象が変更される。
  ・味方がターゲットのため、味方に対するターゲットを失わなくてすむ。回復中心のヒーラーに優位。

 デメリット
  ・MAからターゲットを変更して、ADDしたMobなどに弱体等をかけた後、MAにターゲットをあわす必要がある。
   MAが同Grp内にいるならば問題ないが、別Grpに居る場合、レイドウィンドウをクリックする手間、誤爆の可能性がある。
  ・MAは敵を殺すまで、ターゲットを変更できない。
   敵を殺しきれなくてのこってしまう状況が発生してしまう。

# この二つはメリット、デメリットがあるため使い分けるのが吉。
# 私見としては以下の感じ。
# ・MA=MAの場合アシストが優位、MA<>MTの場合はオートアシストが優位
#  ただし、MAが細かくターゲットを変える場合はアシスト一択。
# ・弱体、CCを使うPlayerの場合アシストが優位、そうでない場合オートアシストが優位。

# (メリット、デメリットを書いたが)二次ターゲットはあまり当てにしすぎないこと。
# ターゲットの状態によって左右されるため、100%意図した効果が発揮されるわけではない。
# きわどい戦いほど、ミスをなくす必要があることを忘れずに。