※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

長所:指輪にキスをするという契約の方法が感動的である
    契約することにより、互いにとって特別な存在になったことが明示される
短所:全ドールのエンディングが契約によって決定されるなら、全て類似したエンディングになってしまう恐れがある

関連エピソード・ストーリー

    ドールズ全員が何らかの理由で契約を解除され、再びマスターを探している
    ドールズごとの出会い,エピソードは以下参照
参考:

その他設定

  • ドールはあくまで契約者が見つかるまでの繋ぎとして主人公宅に居候している
  • 全ドールの手紙が主人公の元に届き、契約者として主人公を取り合うと言う設定もあり
    主人公設定を変えて(お菓子屋、ドールショップ等)ドールが食いつくようにすればOK
    ただ、これを採用するとドール以外のサブキャラを出し辛くなる
  • 契約抜きで出会う(出会い=契約ではない)ことはあるのか?との意見有り(但しこれは原作の翠星石、水銀燈のケース有)