|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

歌詞「ナゾトキ」

    

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ナゾトキ

作詞・作曲:ひなた春花


“ひとつめのナゾは 何故彼がひとりの部屋で
毒入りのワインを飲まなければいけなかったのか?”

片腕の探偵の話を静かに聞いている
目の前の少女に探偵は続けた

“理由は簡単 彼はあの時
死ぬべき宿命(さだめ)と決まっていたのだから”

さあ、犯人はだあれ? 君は答えを知ってるね
だってきみの目の前で すべて起こったのだから

さあ、犯人はだあれ? きみが答えを言わずとも
ぼくが教えてあげよう この事件の終わりを

“ふたつめのナゾは 彼らが海へ落ちたワケ
本当に彼らの中に犯人がいたのか?”

少女はポケットの中 忍ばせたナイフを握る
探偵は気付かず まだ話し続けてる

“たったひとつだけ 狂った計画
事件に巻き込まれたもうひとりの探偵”

さあ、犯人はだあれ? 探偵は少女の手から
事も無げに叩き落す 彼女の最後の手段

さあ、犯人はだあれ? ほらきみのすぐ目の前にいる!
その名前をさあ、言ってごらん このぼくの名前を!

本当はきみに知られたくはなかった
せめてもの情けだ 逃げるなら今だ早く...

さあ、犯人はだあれ? 答えが“ひとつ”とは限らない
それを確認する術も もうじき消えてなくなる

さあ、犯人はだあれ? ほら早くしないとぼくの手が
きみを殺めてしまうよ もう時間がないんだ

さあ、犯人はだあれ? 君は答えを知ってるね
だってきみの目の前で すべて起こったのだから


さあ、犯人はだあれ? ほらきみのすぐ目の前にいる!
その名前をさあ、言ってごらん このぼくの名前を!





メニュー

   
   
   
   
   
   
   
   
   
   






リンク




更新履歴

取得中です。