・実が甘くない


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

  • 日当りは十分ですか
 イチゴの甘みは光合成産物によるものです。
 そのため十分な光が当たっていなければ、甘くはなりません。
 なるべく十分な光が当たる環境で栽培し、枯れた葉は葉かきをして光合成の効率を上げるようにしましょう。

  • 肥料は適切に施していますか
 イチゴの根は非常に繊細なため、肥料やけしている可能性があります。
 一度に過剰に施さず、何回かにわけて少量ずつ追肥を行ってください。
 また肥料の成分も窒素分を過剰にせず、リン酸分を多く含んだものを使用してください。

  • 水やりのペースは適切ですか
 常に土が水を含んだ状態だと、根腐れをおこしたり、病気になりやすくなります。
 逆に極度に乾いた状態だと、光合成できなくなり、果実の肥大ができなくなります。
 土が十分に乾いてから、たっぷりと水やりしましょう。