・栽培のポイント


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

イチゴ

栽培のポイント


・苗づくり

 収穫が終わった初夏にランナーが出てくるので、切らずにそのまま育てる。
 親株は生長しすぎたり、病気がうつることがあるので、二番目以降の子株を以降栽培していく。
 子株の本葉が3〜4枚程大きく育ったら、ランナーを3〜5cm残して切り離します。(8月頃)
 苗づくりが面倒なら、10月頃に苗が出回るので、それを定植する。
 株の大きさを揃える為に、本葉の枚数は常に3〜4枚程度になるよう葉かきを行ってください。

・植え付け

 株元のクラウンを埋めてしまうと、成長が止まってしまうので注意。
 株間は30cmほど空けておけばOK。
 ランナーがついている親株側とは反対側に花芽を付ける性質があるので、収穫しやすいように定植する。
 冬になると葉が茶色く枯れ始めるので、新しい葉を残して枯れ葉は葉柄ごと取り除く。
 またこの頃に出るランナーは全て取り除く。

・マルチング

 マルチングには雑草・土壌乾燥の防止や果実が直接土につかないようにする効果の他、地温を上昇させる効果があります。
 根の活動が始まる2月頃に、黒色のポリフィルムを張ります。

・水やり

 乾燥・過湿ともに弱いので、水やりは重要。

・肥料

 窒素分が多いと、実の太り方が悪くなるので、植え付け3週間後と2月の下旬に1回ずつ化成肥料を少量株元に散布します。
 施肥量の目安:苦土石灰:100g/m^2(定植3週間前)
        堆肥:3L(苦土石灰施肥後2週間後)
        緩効性化成肥料:100g/m^2苦土石灰施肥後2週間後)

・土

 ややアルカリ性の土が適しているので、石灰を予めまいておく。
 雨の多い地域では、20〜25cm程の高畝にすると、排水が良くなります。
 耕す深さは30cm程で大丈夫です。

・生育適温

 10〜25℃が最適。露地の場合藁や寒冷紗などの防寒対策を行う。
 ただし低温の時間も必要。(品種によるが、15℃以下100時間程度)