特徴

 スピードとパワーを兼ね備えた近・中距離型のインファイター。
 技を当てたときの有利時間が長く、接近戦で優位に立ちやすい。
 Lv1ダウンバーストを組み込んだコンボダメージが高く、一瞬で勝負が決まることもある。
 ガードポイントや当身技も多く、攻守ともに優れた対応力をもったキャラであるといえる。

戦術

 攻撃範囲が広い技が揃っているので、相手に触るだけならば簡単だが
 空振りしてしまうと、後隙をあっさり狩られてしまうこともあるのでほどほどに。
 スピードはあっても、技そのものの発生は重いので
 相手の攻撃を交わしつつ、攻撃を差し込んでいくことが基本となる。

 技を引っ掛けてしまえば、有利フレームを活かして攻めこむこともできるが
 リコイルを取られてしまっては元も子もない。
 多彩な技を駆使して、リコイルの的を絞らせないようにして戦おう。

 D弱や屈弱をガードさせられたら、いよいよみさきのターンが始まる。
 暴れ潰しが成功したときのダメージは破格なので、相手もそうそう暴れてこない。ここを投げで崩していく。
 投げに反応して暴れてくる相手には、下半身無敵のBアサルトガッシュが有効。赤ICから美味しく頂こう。

 また、普段は弱ハーフガッシュやD屈中からはICをかけないと追撃できないが
 スタンゲージがたまっていれば、ICを使わずに追撃が間に合うこともある。
 2,3発攻撃をガードさせるだけでノーゲージから追撃できたりするので、RFゲージの温存に役立てよう。



基本コンボ概念

エリアルに使う技が一番効率がいい。
空中でボコボコ技当てればいっぱい減る。



受身狩り

  • J【空投げ】
  • J【弱*n>ダッシュ>空投げ
〆の J【弱>中>強】 から2段ジャンプしてどちらか。

前者は最速受身と最遅受身を完璧に使い分けられない限り、ほぼ安定して狩れる。
受身がうまい人には、ちょくちょく毎回タイミングをズラす。
受身を取られてしまっても、下から追いかけて立強とか中ハイパーアクセルとか強いし、神経質にならなくても('A`)

後者は相手の青を少しでも削りたい時用。
下潜られてこちらが端を背負ってしまったり、J強が連続ヒットしたり。かなり怪しい。
特に最遅受身が上手い人は要注意。

受身を打撃で狩れたら
着地 → J【中>強→ダッシュ→中>強】着地 → J【中>ダッシュ>中>強】~
とか。面倒ならJ【中>ダッシュ>中>強】を2回やるだけでも。



空中ダッシュ運び

J中>J中 限界補正66.7%
J中>J弱 限界補正61.5%

メインの運びパーツは、近中>J【中>ダッシュ中】着地。これを繰り返す。
画面端に到達したら、J中をJ強に変えたり立強で高度調整をしたりする。




中ハイパーアクセルコンボ

相手を自キャラ側に運送することで端到達を早められるときに使う
端に到達したらJ強をたくさん組み込めるので総合ダメージがアップする
画面が上にスクロールするので追撃には慣れが必要
放り投げたら、ダッシュ66......(入れっぱなし)で目一杯間合いをつめる
相手の着地点が近くなったら、Nに戻してダッシュを解除>即屈弱、近中で拾う
いつダッシュするかについては、ひたすら練習して体得するのが一番だが
中ハイパーアクセルは着地時にストッと小さな足音がするので、その直後ということで最初は練習するといい
慣れてくると音を気にせずできるようになるが、音確認ができればラグ環境にも対応できたり






ダウンバーストコンボ

みさきのなんかすごく減るコンボ。

~屈強>中アサルトガッシュ>IC → Lv.1ダウンバースト →(拾い)>~
~J【中>ダッシュ>中>強>Lv.1ダウンバースト】→(拾い)>~

前者は高度調整がいらないのでとても楽。
中アサルトガッシュに地上でICがかかった場合は、低空コマンドで入力する。

後者はJ強を着地寸前で当てないといけないため、やや難易度高め。
そのかわり、汎用性は高い。

拾いはキャラごとに変わるのでコラムにて。

近中から直接Lv.1ダウンバーストという構成もあるけど難し目。




エリアルのパターン

中継
J【中>ダッシュ>弱>中】
J強は相手を端に吹き飛ばしてしまうので、中央はこれしかない。
補正がカツカツな時も一応。

J【中>ダッシュ>中>強】
端についたら基本はこれ。
空中喰らいの縦が小さいキャラクターには、いつもより高めの高度を維持。(特にあゆ、佳乃)




〆付近
60%あたりまで使って、
~J【弱>中>強】着地>近中>立強>J【弱>中>強】〆

美凪と郁未は立強>J弱が端密着だと当たり辛く、通常は多めに補正を残す必要がある。
UNKNOWや香里は近中>立強が空振りやすい。
キャラによって高度調整のコツが全然違うので、サボらずにトレモで確認しよう。


~J【弱>中>強】着地>立弱>立強>J【弱>(弱)>中>強】〆
やや有効補正帯が厳しくなるが、相手の位置を落とすことが出来て、上記要特筆キャラにも安定しやすい。


~J【弱>中>強】着地>近中(立弱)>立強>J【弱>中>強>J>中>強>RFアサルトガッシュ】
~J【弱>中>強】着地>近中(立弱)>立強>J【弱>中>強>J>弱>弱>弱>RFアサルトガッシュ】
~J【弱>中>強】着地>近中>立強>J【弱>中>強>J>弱>弱>RFアサルトガッシュ】
殺しきり狙い。RFアサルトアサルトガッシュの2段目のダメージが大きいため、思ったよりも減る。

通常は上。どうしてもミスりたくないなら真ん中。
補正がカツカツの時は最後のJ>中>強が繋がらないため下。




限界補正

J強>ダウンバースト 64.6%
近中>ダウンバースト 78.2%
ダウンバーストを組み込むほどにコンボダメージは伸びるので、ぜひ覚えておきたい数字。



ダウンバースト拾い難易度表

左側に行くほど難しくなってます。

  • D弱
鮎、(秋)>舞、(観)>(真)、(起)>(長)、澪>七、茜、み、繭、(寝)、栞、(佐)、(佳)、(凪)、郁、汐、(香)、(神)>(幼)
  • 屈弱
茜、秋>観>真、佐、起>長>寝、佳、凪、香、神>幼
  • 近中
佐>寝、佳、凪、神

基本的には、屈弱(近中)で拾えるキャラには一部例外パターンを除いて、D弱は使いません。(括弧でくくってあります。)

あゆと舞はとても猶予の短いD弱(屈中)拾いを要求されるので、やらなくてもいいかと思います。
それ以外は練習次第で十分可能かと思います。

  • その他
秋子への屈弱拾いは相手の頭に当てないとダメ。(通常だと密着時以外不可)
佐祐理と茜はダウンバーストの特殊ダウンの前半のみ、屈弱(近中)があたる。





コンボリプレイ .rep_download


□(安定ダウン構成などの記述) 1-1.rep
 「レシピ」
 (解説が必要であれば記述)





この上記2つでだいたいOKだと思います。



コンボ途中に青IC

  • 50%付近まで使う。→ 立強に青ICをかける。→ 近中で浮かす。→ J【中>ダッシュ>中>強】~
  • ~J【中>ダッシュ>中>強>中アサルトガッシュ>青IC → Lv.ダウンバースト】着地 →(拾い)~

前者は何も考える必要が無く、簡単。出来る人は近中で浮かした後に低空ダウンバーストで大ダメージ。
後者は高度調整に慣れていれば、低空入力がいらずにダウンバーストコンボにいける。


























.
添付ファイル