|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

エデンプロジェクトの沿革

    

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

エデンプロジェクトの沿革


04年4月~  沖縄バプテスト連盟から派遣されている東風平巌宣教師が、エデンプロジェクトの構想とビジョンを同連盟と協議をする。

    9月~05年1月  プロジェクト実施可能性及び候補地選定のためのリサーチを行う。

05年11月  MCDSの会議で、プロジェクトをMCDSのもとで行うこと、東風平巌宣教師をコーディネーターとすることが話し合われる。

    6月  MCDS総会において、プロジェクト計画書が承認される。第一期のプロジェクトを、バラジュー地区のブッダジョティで行うことが可決される。

    9月  沖縄バプテスト連盟総会において、05~06年度エデンプロジェクト支援のための予算案が承認される。

    10月  フルタイムスタッフ2人を選考する。

    11月1日  MCDS4番目のプロジェクトとして、エデンプロジェクトが正式に発足する。

    12月  ブッダジョティでの活動地(後にブッダジョティコミュニティーガーデンとなる)を地主と契約、施設作りを開始する。

06年3月1日  ブッダジョティコミュニティーガーデンにて、オープニングセレモニーを行う。

    3月15~17日  ブッダジョティの住民を対象にした3日間のアウェアネストレーニングを行う。

    3月23日  ゴミの3種類分別を川切りに、本格的なエデンプロジェクト活動がスタートする。

08年2~5日  ビシュヌマティ川沿いに2基の浄化槽を設置する。

    5月  ブッダジョティでの活動を10年6月末で延長することを、地域委員会との話し合いで確認する。

09年4月  地元テレビ「ネパールテレビ」の取材を受ける。その後4回にわたって放映される。

10年2月  第二期プロジェクト候補地として、シナマンガル地区を見学、地域代表者と話し合いを持つ。



更新履歴

取得中です。

メニュー

トップページ
緊急支援のページ
カトマンズのごみ問題
エデンプロジェクトの紹介
エデンプロジェクトの理念とビジョン
エデンプロジェクトの沿革
エデンプロジェクトの活動
あなたにもできる協力
入会のご案内
支援団体の紹介
MCDSの紹介

リンク