※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 1-1 T.H.ピーコック

 1ヶ月前に死亡。死体内部に損傷無し。右手は激しい壊死(えし)のため手首をカットされている。すぐに使い物にならなくなるので、次の実験で使用すべし。バルサムは数日間しかこの死体を保存出来ない。

1-2 D.アブドル・アマディ

 2週間前に死亡。まだ柔らかく暖かい。バルサムが有効なのは明らかである。注意:何人かの者が夜になるとこの死体の囁く音が聞こえると言う。彼らは、棺桶に耳を近づけると、この死体が古代エジプトの特別な新生児の名前を呼んでいるのが聞こえてくると主張する。馬鹿げた話だが、研究員の間に混乱が生じた事があった。何とかしなければ。

3-2 不詳

 3日前に収納されたが、この死体の詳細は分かっていない。シャレフ・ビン・ハーマンが取り掛かっている。状態がもの凄く良いので彼はコントロールするのに手を焼いている。この死体には要注意だ!


1-1 T. H. Peacock:
 
Died a month ago. Internal body parts intact. Right hand had been cut off at the wrist due to severe necrosis.
Should be used in the upcoming tests, or he will soon be useless. The balsam can keep him preserved no more than a few days.
 
1-2. D. Abdul Ahmadi:
Brought here two weeks ago. Still soft and tender, and somewhat warm, so the balsam evidently still works.
 
Note: Some of the men say they hear him whispering at night. They swear that if you put your ear on the coffin lid,
you can hear him calling the name of the special new arrival, an unknown pharaoh from ancient Egypt.
This stupid rumour could cause turmoil amongst them; I must somehow find a way to stop this.
 
3-2 Unknown:
 
Arrived three days ago, but his identity is still unknown. Shal'ief Bin Hummarh is working on it.
The body appears to be in good shape, so he could be hard to control. We should be careful with this one.