ウィップ・プアー・ウィル
(中型の夜行性の鳥の一種)

 ウィップ・プアー・ウィルは恐ろしい伝説の源で、一般的に広野の木に巣を作る。ウィップ・プアー・ウィルの名称はその鳴き声に由来する。

 彼らの鳴き声は軽やかに繰り返され、この鳥についての神話が数多く存在する。嵐の到来を事前に察知するとか、自宅の近くでこの鳥を見かけたら何か悪い出来事の前触れである、などと信じられている。中でも最も奇怪な伝説は、この鳥は死んだ人間の魂を感じることが出来るというものである。

 農村地帯の住民はこの鳥の鳴き声に恐怖を感じるという。この鳴き声を自宅の近くで聞いたものなら、死に近づく一歩手前だと思われている。この鳥たちは人間が死ぬ間際に、死に至るまで集団で近くで鳴き続けるとも言われている。死体から魂が抜けると、魂を捕まえるために飛び立つ。そして魂がこの鳥から逃げ切ると、鳥はとたんに静かになり解散するという。魂が逃げることが出来なかった場合、彼らは勝ち誇った様子で一段と大きく鳴き始めると言われている。


Whip-poor-will
 
Whip-poor-wills, the source of some horrible legends, generally nest in open fields near woods.
The bird gets its name because of its call, which sounds like "Whip poor Will".
 
Because the Whip-poor-will's song sounds ethereal and haunting, there are many myths told about them.
Some say that the bird can detect upcoming storms and others believe it is a sign of trouble if one is seen near your house.
But a particularly bizarre legend claims that the bird can sense the soul of a dying person.
 
Inhabitants of rural areas are often afraid of the Whip-poor-will's singing, accepting it as a bad omen.
It is commonly believed that if the bird sings near a residence, it is a sign of approaching death.
It is also said that when a person is on his deathbed, Whip-poor-wills group together nearby to sing until the person dies.
After the soul departs the body, the birds take flight to try catching it as it leaves. If the soul can escape them,
the Whip-poor-wills fall quiet and soon disperse. If the soul can't escape, they sing louder than ever in a triumphant manner.