※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

お帰りなさい、ハワード!

 君はこの手紙で長い間隠されていた家族の秘密を知ることになるだろう。まずは、自己紹介をさせてくれ。まぁ、君は私を絶対に良く覚えていると思うけどね。私の名はナタナエル。そう君の祖父だ。君の存在に関して全責任を担う者だ。私は全知全能のヨグ=ソトース(クトゥルフ神話に登場する架空の神性)に求めて君を召還させた。ヨグ=ソトースは全ての扉の鍵を握っている。過去、現在、そして未来のな。

 私には時間がない。すぐに最後の休息所に行って君を待つ。彼は、つまり賢明なジダヤが私に君を呼び出せと言ったのだ。夢の中でな。起きていても、どこにいても、墓の中からでも彼の声が鮮明に聞こえるのだ。ハワードよ。彼はとても危険だ。彼は恐ろしい、彼の天罰が恐ろしい!しかし、心配することはない。彼に反旗を翻す事の無い限り、彼は君を傷つけることはない。君は彼を滅ぼすなんて考えるんじゃないよ。邪魔することすら出来ない。彼は永遠に生き続けるのだ。彼は来るべき時が来て、肉体を必要とし、血を必要とした。それが君だよ、ハワード!

 

 彼は君の肉体を支配し、やがて姿を消す。しかし何ら苦痛を伴わないので心配することはなかろう。君がまだ君自身をコントロール出来ているなら、事を始める前に準備しておかなければならない物がある。それは鍵の役割をするものだ。君は最終的な目的地(最も黒い洞窟の端)に辿り着くために、ある物を必要とする。それは3つの部品で構成される。それらの内の1つは、私が最も信頼出来る友人が持っている。彼はこの家にやって来て、君にそれを与えるだろう。他の2つは私が大切に保管している。君が全てのパーツを手にしたなら犠牲の短剣を探すのだ。それは長い間家族が所有していた物だ。ロレイドはそれを守るために隠した。実に誇り高きことだ。君ならすぐに見つけられるだろう。必要な物全てを手に入れるまでは、ゲートに行くことは出来ない。君はその入り口を覚えているはずだ。私は何度も示してやったからな。そこへ行くためにはキャリアーを使ってくれ。下では通常見ることの出来ない多くの信じがたい光景を目の当たりにするだろう。その内のいくつかは本当に君を恐怖に陥れるかも知れない。彼らの肩の上には人間とは思えない頭が乗っかっているのだからな。私は未だに忘れることが出来ない。私は彼らが生きているのを見たことがない。しかし、君は見ることになるだろう。さぁ、準備をするのだ!

 

  君はそこで起こる出来事について何も心配することはない。君がそこに辿り着くとき完全に取り憑かれるだろう。何故なら古代の魔法が下では非常に強烈に作用するからな。君はこれをとても誇りに思うはずだ、ハワード!君の肉体は、長い年月をかけて実現されるために努められた究極のゴールへ辿り着くための手段として、ジダヤによって使われるのだ!


Welcome home, Howard!
 
Within these pages, you will find some secrets about your family that have been hidden from you for a long time.
But first let me introduce myself, though I am sure you remember me very well:
My name is Nathanael, your grandfather.I am the one who is responsible for your
existence, the one who summoned you beyond time by appealing to almighty Yog-Sothothe. Because only he has the key to all, past, present and future.
 
Now I feel that my time is short. Soon I will be in my final resting place, waiting for you.I summoned you because he, Jediah the wise, wanted me to do so. He speaks to me in my dreams.I can even hear him in my waking life, and amongst all places, I can hear his voice in the tomb most clearly.
He is very dangerous, Howard.  Be afraid of him, afraid of his wrath! But don't worry; he won't harm you as long as you don't oppose him. You can't destroy or even hinder him. He will exist forever. He wanted your existence because when the time comes, he will need a body, one from his own blood.And that is you, Howard.
 
He will possess your body, and you will disappear sooner or later. But don't worry, you won't feel any pain.
If you're still in control of your faculties, you should prepare the necessary things before it starts.
There is an object which acts as a key.You will need it to reach the final destination, the edge of the blackest abyss. It consists of three parts. I gave one of them to someone,
a trustworthy friend of mine. He will come and meet you in this house to give you the part he possesses.
The other two will be safe with me!
When you have all of the key parts, search for the sacrificial dagger. It's been in the possession
of our family for a long time. The Loreids have protected it and kept it hidden.
This is really something to be proud of! I am sure you won't have any problem finding it.
Only after acquiring all of these should you go to the connection. You will remember the entrance; after all,
I've shown it to you many times.Use the carrier to reach your destination. 
Down there, you will see a lot of unbelievable things, normally hidden from our eyes. Some of them might
really scare you. I still can't forget the human guards with non-human heads atop their shoulders!
I haven't seen them alive but I presume you will, so be prepared!
 
You don't have to worry about what will happen after that point. I am sure you will be possessed
completely when you reach this place, because the magic of the ancients is very strong down there.
You should be proud of this, Howard. Your body will be used by Jediah the wise for the supreme goal
that your lineage has strived to realize for ages!