俺は誰だ?

って言うか、知りたいのは…、
俺は何なんだ?

もう何を信じればいいのか…わからない

俺に何の関係があるっていうんだ?

今回の一連の出来事は、俺が多重人格障害で
Wellsmothの精神病院施設に収容されたことから始まっている。
あの事件を扱ったばっかりに…

逃走した私立探偵ロース・ノルダーの忌々しい事件…。
奴はどこかの奇妙な旅から帰って来たと思ったら、
またすぐに雲隠れしやがった

最初は、ちょっと疲れただけかと思った

だけど、時間が経っても一向に良くならない

そして、体が思うように動かなくなってきた

いくら寝ても、余計に疲れを感じるんだ…

そして夢も…、凶暴になった

行った事のない奇妙な場所の夢を見る…

もっと奇妙なのは、その夢の内容が
俺の血統に関係しているということだ

まるで家族の紋章をつけているかのように

その指輪は家族の紋章が彫刻されていて、
12才を過ぎると誰でも与えられるものだ

そして、俺は誰かが俺の名前を
呼ぶ声が聞えるようになった

遠くから…いや、どう言う訳か近くで呼んでいるような声だ。
その声は俺にしか聞えない…

声は闇の中から聞えてくる

気がつくと俺は精神病院の白い独房に入れられていて
既に自分の心をコントロール出来なくなっていた

しかし、俺は今ここにいる
何かに導かれるように電車に乗っている

俺は何をしようとしているのか…

ただ1つ確かなことは、早くこの悪夢を
終わらせなければならないということだ

 

Who am I?
Or maybe the question is, what am I?
I'm just not sure what to believe anymore...
Why is all this happening to me?
The chain of events that led to my confinement in the Wellsmoth Mental Institution for multiple-personality disorder started when I took that case.
That cursed case of the fugitive private investigator Loath Nolder, who went missing again right after he came back from his strange journey to some unknown, faraway places.
At first I thought I was just exhausted.
But it got worse as time went on.
I started to lose control of myself.
I was sleeping for days but when I woke up,  I felt even more tired than before.
And my dreams... they got wilder.
I dreamt about strange places I've never been before.
Even stranger, my dreams involved aspects of my lineage.
Like my family ring.
The ring that my family's coat of arms was carved into, the one given to every member of our family when they turn 12.
Then I started to hear voices calling my name.
Distant, yet somehow very close... voices that only I could hear.
Sounds coming from the darkness within me...
And I found myself in that little white cell in the asylum, waiting to lose control of my mind and disappear for good.
What am I going to do now?