※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

1983年7月11日

 私の周りには秘密を打ち明ける事の出来るような人がいないので、夫のナタナエルの深刻な状況について書き留めることにします。私たちには正直で親切なメイドがいますが、もちろん彼らに全てを話すことは出来ません。
 
 結婚して最初の2年間はとても幸せでした。私たちはウェルスモスのダウンタウンにある小さなアパートで暮らしていましたが、しばらくして私は病気になってしまいました。いや、たいした病気ではなかったのですが、夫は医者の言うことを真に受けてこの家に越してくると言って聞きませんでした。

 私たちが越してくる以前は18年もの間この家は空き家になっていました。この家はナタナエルの先祖が建て代々受け継がれてきた家ですが、夫はここに住んだことが無くこの土地についても多くの事を知りませんでした。私たちは、ここから一番近い町であるアークハメンドの親切な住人の方達から、この土地の色々なことを教えてもらったのです。しかし中には私たちのようなよそ者を気嫌う人たちもいました。特に私よりも年配の人たちが敵意をむき出しにした態度をとるように思いました。彼らが私を見る目つきに鳥肌が立ちます。しかし、間もなく彼らの私に対する憎しみの理由がわかったのです。

 当時私たちには使用人はいませんでしたので、ナタナエルが書斎に籠もってしまうと私は孤独でした。私の唯一の楽しみは車でアークハメンドに行くことでした。その昔ながらの町がとても好きでした。長い間失われていたような妙な雰囲気があって、まるで中世の時代に行ったような懐かしさが魅力でした。しかし、町の人たちの態度が町自体と同じように古めかしい閉鎖的なものだと気づくのにそう長い時間はかかりませんでした。彼らのほとんどは非常に悲観的で迷信深かったのです。
 いくつかの店と宿の主人が彼の憎悪についての真相を話してくれました。彼らはナタタエル家を憎んでいたのです。そればかりか、血縁関係に無い私のことさえも憎いようです。彼らの話では、ロレイドの血筋がアークハメンドで常に侮蔑(ぶべつ)され、その事は彼らの新しい世代にまで代々伝えられたとのことです。私は何度かその家族についての恐ろしい話を耳にしました。稚拙で信じがたい話ですが、本当に恐ろしい話です。

 夫にこの話をしたとき彼は田舎の町にはこの手の伝説が多々あるものだと言い、ただ笑い飛ばすだけでした。彼の言うとおりなのでしょう。私は何とか気にとめないでおこうとしましたが、しかし何かが心の奥底にのしかかる思いを抑えされませんでした。しばらくして私の予感は現実的なものとなります。ナタナエルは変わりました。彼はジェダイア・ロレイドという名の誰かと夢の中で話し始めたのです。そして徐々に墓地で多くの時間を過ごしました。彼がそこで何をしていたのか全く見当もつきません。私は墓地を嫌いましたが、たった一度だけ中に入ったことがあります。死人の古い棺桶、奇妙な彫刻、湿った壁に描かれている恐ろしい絵、苔むした壁、私は気味が悪くて仕方がありませんでした。最初は単なる彼の先祖代々の遺品への関心が芽生え始めたのだと、自分に言い聞かせました。というのも、私は彼の先祖について何も聞かされていなかったのです。しかし彼は、いかにしてロレイドが謎のベールに包まれたままこの家に住んでいたのか、ということを話し始めました。例えば、どれほど多くの祖先がこの家を建てては修復し、いつ墓地を作り何故庭に墓を建てたのかということまでも説明し始めたのです。

 全く奇妙な話だと思うでしょう。私は彼の変化は単に自分の血統に関する新しい発見に興味を引かれた一時的なものであると思い続けることにしました。きっと彼の関心が薄らいだとき、本来の彼に戻ってくれることを望む他ありませんでした。しかし、その期待はすぐに裏切られることになるのです…。

Jul/11/1983
 
Since I don't have anyone around I can confide in,
I've decided to write down some of the things that have begun
to gravely concern me about about my husband, Nathanael. We have some honest and nice maids, but of course
I cannot talk with them about everything. 
 
The first two years of our marriage were great. We lived in a small apartment in downtown Wellsmoth.
But soon I fell ill. It was nothing serious, but Nathanael strongly insisted that we follow the advice of the
doctors and move to this house.
 
The house had been empty for a long time, about 18 years I think. It was built by Nathanael's ancestors and
his family line has always lived here, but he had never been here before and didn't know much about the place.
We learned most of what did know from some friendly locals of Arkhamend, the closest town to this isolated place.
But not everyone treated us in a friendly manner there. I always felt a strong hostility towards us,
especially from older people. When they looked at me, I felt goosebumps all over my body.
Soon I learned the reason for this bizarre animosity.
 
Back then, we didn't have any servants. When Nathanael went to his study,  I was all alone and
what I enjoyed most was going down to Arkhamend in our car. I loved that old town. It has a strange,
mesmerizing aura of long-lost ages, and always made me feel like I was in an old medieval village.
But the townspeople... not too long after we arrived, I noticed that their attitudes are as old as
the town itself. Most of them were highly pessimistic and superstitious. Some shop owners and the
innkeeper told me the truth behind their hatred: They hated Nathanael's family and even hated outsiders
like me who weren't part of the same bloodline. They told me the Loreid lineage had always been despised
in Arkhamend, and this contempt was handed down to each new generation.
I heard some tales told about that family; childishly unbelievable but genuinely frightening tales.
 
When I told Nathanael about these, he just laughed them off. He said that every uncivilized town has
this kind of folklore. He was right, and this should have quelled my concerns, but I still felt that
something was deeply wrong. And after a short time, my fears were confirmed.
Nathanael started to change. He started to speak in his dreams with someone named
Jediah Loreid, and gradually spent more time in the family tomb. I still don't have even the slightest
idea what was he doing in there. I always loathed that building. Just once I went inside,
but it creeped me out with all those old coffins of dead people, strange carvings and macabre
pictures on the wet, mossy walls. At first I rationalized Nathanael's new behaviour as simply a belated
interest in his heritage, because I'd never heard him say anything about his family until then.
But then he started to speak about how some Loreids lived in this house under the veil of a strange secrecy;
how various generations had built and restored the house, even explaining when and why they built that tomb
in the garden.
 
Maybe it sounds strange, but I continued to believe that the changes in him were nothing more than a
temporary result of his newfound interest in his family history. I had no choice but to hope that when
his interest faded, he would return to his normal self. But soon, the opposite proved true...