彼らの特定の作業のために用いられる「おしゃべりマシーン」
と呼ばれる機械があります。
いつ誰の手によって発明されたかは謎ですが、しかし、なんと我々は初期の錬金術師と悪魔学者の書物から彼らがまじないのために使ったことを知っているのです。そして、機械のいくつかは実体を目の前に呼び出して通信するのにさえ用いられます。
一部のカルト集団がまだこれらの機械を所有しているかも知れません。

機械には2種類あります。

1.まじないだけに使われるタイプ

 このタイプの機械は、まじない師は目の前に召還する実態そのものと
おしゃべりすることは出来ない。しかし、録音された召還される者の声が
レコードプレイヤーを通して聞くことが出来ます。

これらの機械は、人類が地球を歩くずっと以前から存在するノアの洪水の
人工コピーに過ぎないと神秘主義者によって考えられています。

これらの機械は、一部のカルト集団が密かに使用しています。

これらの機械は、召還したい者の遺灰や刺激物によって動作しますが、
これらは金属のカプセルに入れて、機械の閉ざされた扉の中に投げ入れなければなりません。更にそのためには機械の識別コードを入力しなければなりません。

カプセルを機械に投げ入れた後で、召還した人の声を聞くために
機械のノイズを減少させるための小さなスライダーを調節してください。
機械のスイッチを入れた後、出来るだけノイズレベルを減少させてください。

ここまでくればもう後は簡単です。
電源を投入すれば機械が勝手に動作してくれます。
あなたがこれまでの操作をした後にだけ電源を提供します。
それが出来なければ、降霊会は失敗します。

2.オリジナルマシーン

 錬金術と悪霊学の主要な作品にはこれらの古代の機械についての記述が
少しだけあります。それらの記述によると、この機械は魔術師を地獄の世界と通じさせる悪魔のような機械だと言います。

 数人の悪魔学者は、この機械を使ったことがあると主張します。
しかし、彼らはどのような操作をしたのか、どんな活動をしたのか語ることは無く詳しいことがわからないまま今日に至ります。
 これらの機械は人間の未知なるパワーを動力とすると書かれています。
しかし、現存する機械による動作の記録がまだ存在していません。

 

Of the Machines
 
Speaking Machines
 
There are mechanisms called "speaking machines" due to their particular operation.
No one knows who invented them or when they were created. But we do know from the writings
of early alchemists and demonologists that they are used for conjuration,
and some are even used to communicate with the entity conjured.
It is possible that some cults and organizations still possess these machines.
 
There are two types of machine:
 
1. The type used only for conjuration: These machines cannot enable the conjurer to speak with
the entity being conjured. However, the voice of the conjured can be heard and recorded with a cylinder phonograph.
It is thought by some mystics that these machines are only man-made copies of antediluvial ones present long before
the first human ever walked the planet. These machines still exist and are secretly used by some cults.
 
It works with special remnants, salts, of those you want to
summon from beyond. These remnants should be put into a metallic capsule
hidden in a secret compartment on the machine. Under the cover of this
compartment there lies a locking mechanism. You must enter the necessary code
to reach the capsule itself. Then, after you put the capsule back into the machine,
adjust the sliders on the little device that filters and decreases the background noise for
you to hear the sound of the one summoned. Turn the device on and try to
decrease the level of background noise as much as possible. The rest is easy. The
last thing you must do is connect electricity to the machine and it will start to operate
automatically. You should provide electricity only after you have done the
previous steps, or else the seance will be a failure.
 
2. The original machines: There are only a few references to these ancient machines in the major works
of alchemy and demonology. Each reference regards these machines as horrifying, demonic devices
that connect the conjurer to hell. A few demonologists claim to have used them but none have ever
explained their operation in detail, leaving very little actually known about them.
It is written that they work with an energy source unknown to human kind.
There are no records of any such machines still in existence.