※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

1895年9月22日

 この実験は古代の偉大なる著書の記述と経験に基づく知識の集大成によって錬金術のこびとを作るために行われる。
長い間、錬金術師は彼らの研究所で人工的にこびとの命を宿そうとしたのだ。古代の著書には様々な道具と手法が記されている。
この度の実験はマンドレーク植物を用いる。
この植物は、絞首刑に処せられて死に至る前に発作による痙攣で地面に落ちた男の精液を与えることによって成長する。
この植物は人体に似ていることから古代の偉大なる著者を奮起させたようだ。
著書によれば、土から引き抜かれた根は人を殺すことが出来る程の狂った金切り声を上げたという。
その声が完全に静まったとき、根を取り扱うことが出来る。
但し、特定の物質が準備されなければならない。この段階を乗り越えれば、根は生き生きと成長し形となって現れる。
ここまでくれば、その植物の所有者は保護されるのだ。

1895年9月28日

 適当なマンドレーク植物を見つけるのは至難の業だ。私は実行を失敗させないために選りすぐりの物を選ばなければならなかった。
本に書かれてあったように無駄な枝を切り落とした根が準備できた。
そして根は必要な養分を与えられて、ビロードの織物で覆い、適切な時期にナルスが推薦される聖歌を歌いながら、月明かりの下で裏庭の適当な場所に埋めた。
1ヶ月はそこに埋めておくつもりだ。

1895年10月28日

 マンドレークは満月の夜に聖歌を聴きながら掘り起こされた。柔らかくて暖かい。
手で触れると奇妙な感触があるが、それは既に呼吸をしているかのようだ。
すべてが順当に進んでいる。実験の最後に必要とされた混合物が準備された。
そしてマンドレークとともにガラスの容器に移された。この容器は金属の箱に入れておき3週間眠らせる。
その頃には、まだ生きているはずだ。
 


22-09-1895

This experiment will be conducted in an attempt to create the homunculus of alchemy with the knowledge
that has been gathered from the experiences and writings of the old masters.

For years, alchemists have tried to artificially create life, the homunculus, in their laboratories.
There are a lot of different ideas involving many tools and ingredients, according to the ancient manuscripts.
This experiment will use a mandrake plant, which is believed to grow where the semen of hanged men falls to
the ground during the last convulsive spasms before death.

The roots of a mandrake plant vaguely resemble the human body, which inspired the old masters.
It is said that the plant screams when it is pulled from the soil, and those screams can kill
the one who pulls it. After it is removed completely, it can be handled safely.
Then it should be "prepared" with particular substances. After these necessary procedures,
it will take form and become animated. From then on it protects its owner.


28-09-1895

It was very hard to find a proper mandrake plant. I had to be picky in order to maintain the
success of the experiment. The roots were prepared by cutting off the unnecessary branches,
as written in the manuscript. Then it was fed the substances required, covered with a velvet
fabric and buried in the proper place in the backyard with the moon at the right phase,
accompanied by the chants recommended by Gnarus. It will stay there for one month.

28-10-1895

The mandrake has been dug out of the soil under the full moon with the appropriate chants.
It feels soft and warm now. I get a strange feeling whenever I touch it, like it is alive already.
I think everything is going correctly.
For the last part of the experiment, the needed mixture was prepared and both the mandrake and
the mixture were placed inside a glass jar. This jar was placed inside a metallic box,
and will stay there for about three weeks. After that time, it should be alive.