※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

2011年9月10日

 地下に何か妙な虫が居る。あの音…。ああ!奴らの所為で1日中頭が痛い。
 全てはあの虫から始まったのだ。地獄のようだ。奴らは今日の時点で8人の兄弟を殺しやがった。
私たちは兄弟の死体を火葬したのだが、ジャコブ教授は、「我々にとってもそれは都合の良い方法だよ」などとぬかしやがった。
一体ヤツは何を言っているんだ?時々本物の怪物みたいに変な事を言うヤツだ。
 兄弟は夢の中に今も出て来る。彼らの顔…、ああ、奴らに食われた顔で私に計り知れない痛みから早く助けてくれと懇願するのだ。
彼らはまだ地下に居る。穴の下に…、永遠に時間が止まった暗闇の中で私を待っているのだ!!ああ!早く葬ってやらなければ!

2011年9月12日

 我々は奴らが噛む事と怒りについて話されなかった。奴らは普通の虫に見えるが、そうではない。
奴らは元々は太陽の光からほど遠い暗い洞窟のかなり奥の方で一生を終えるので、盲目のはずだ。奴らは強くもあり、汚い虫だ。
 一旦奴らに噛まれたら何日もの間、奴らに対する怒りで気が狂ってしまう。我々の多くは奴らに噛まれた。
何回噛まれたか知る由もない。今となっては、噛まれていることにさえ気がつかないだろう。妄想か現実か。
奴らの事をすべて聞いた後となっては、もはや奴らの存在は妄想ではない。
 奴らはアフリカのどこからか来たのだ。我々以外は奴らの存在を知る者はいない。たとえ昆虫学者でさえも。
しかしカーウェン氏は奴らのことを知っていた。超越している学者だ。現代の学者でさえ知らないことも彼は知っているようだ。
 奴らは時々我々を攻撃する。初めは何故奴らが我々を攻撃するのかわからなかった。
しかし、しばらくしてプロフ・ジャコブ教授が言うには、我々が奴らに脅威をもたらしたから奴らが我々を襲うようになったとのことだ。


 教授は「あなたは彼らから隠れることは出来ません。彼らはあなたが何処にいるか、そして誰であるかさえも認識しています。
そしてそれは彼らにとってとても容易いことなのです。その方法は、彼ら独自の研ぎ澄まされた科学では解明することの
出来ない内蔵されたセンサーであなた方を察します。」と言う。
その謎を解明できない教授もまた奴らに悩まされているらしい。

2011年9月14日

 また、はっきりとあの音が聞こえた。誰が何が奴らを作ったのだ?一体どこから来るんだ?わからない。最初は普通の音に聞こえた。
しかし、今は奴らは意図的に音を発している。奴らは継続的に何度も長く、そして短く襲ってくる。しかし、まだ誰にも言うことは出来ない。
 彼らが習得するなら、私は友人に変わってあの穴の中に入るだろう。彼らは誰にも実験を邪魔させない。
しかし、アシュモッドという男がいる。彼は寡黙で真面目な男で、私に何を聞いたのか聞いてくるだろう。話してしまいそうだ。

2011年9月16日

 昨日ムローズが襲われた。奴らは群れを成して襲って来たが、何とか部屋に逃げて鍵を掛けたので逃げることが出来た。
しかし、部屋から聞こえた彼の悲鳴が忘れられない。今でも頭の中で何度も聞こえてくる。彼を助けたかった。
彼を部屋から救出しようとしたのに、ジェイコブ教授がそうさせなかったのだ。彼らは私の手を引っ張ってすぐに避難したのだ。
我々が彼を殺したということだ。彼を助けようとする私にジェイコブ教授は手遅れだと言った。もう今ごろ彼は生きてはいないのだろう。
正気の沙汰ではない!奴らは危険すぎる。我々は奴らをどうすることも出来ない。

 2時間半経っても奴らはまだ奴らの忌々しい音が聞こえた。ジェイコブ教授は少し休むべきだと言い、皆を解散させた。
アシュモッドとヘンボックと私の3人だけは金曜日に監視員として残った。私たちは通常交代で監視するのだ。他の2人が寝ているときは、1人は起きている。
昨晩だった例外ではなかった。アシュモッドの狂ったような悲鳴で真夜中に起こされたのだ。彼はムローズが叫んでいるのを聞いて、助けようとした。
少しして私も彼の叫びが聞こえたが、ヘンボックには聞こえなかったようで、我々が夢でも見たに違いないと思ったらしく、さっさと寝に戻った。
しかし、ムローズは本当に下で叫んでいたのだ。アシュモッドと私は確かに彼の叫びを聞いた。我々は下に下りようとしたのに、ハンドルが外されていたのだ。
ジェイコブ教授の仕業に違いない。

 私には何故かわからない。突然睡魔に襲われてどうにもならなくなったのだ。私は夢の中でアシュモッドとムローズの事を話していた。
彼は吐き気がするような昆虫が腐った泥の山の中に横たわっていた。彼が言った事をはっきりとは覚えていないが、それは、人類が地上を歩いたずっと前から
建設されていた果てしなく彫られた地下のトンネルや道路、および建物に関する何かでした。彼はそこにたどり着く方法を示して見せた。

それは穴だった。私と彼は素手で穴を下りた。下に着くと彼と大きなトンネルを歩いた。時々、人為的に作られた古い煉瓦の壁があった。
石に私の知っている教会の名前が彫られているのを見たが、2度とその石を見つけることは出来なかった。
そして、道の途中にはS.P.Q.Rと刻まれたアーチ状の門があった。真っ暗闇のトンネルを彼はライトも付けずにどんどん進んで行くのだ。
トンネルの突き当たりで我々は何千もの段数のある階段を下りたし、一度は崖さえも下りて更に地下へと進んで行ったのだ。
 ついに我々は大きなドームのような場所に着いた。地下の奥深くにそのような大きな建物があるとは考えられない。
しかし、そこにはあったのだ。すべての壁は美しさと恐ろしさが混じり言葉では言い表せない。その場所で、我々は火葬したはずの兄弟達に会ったのだ。
彼らは各々様々な程度に腐敗しており、幸せな表情で何かを噛み砕いていた。そして、兄弟達は私たちを更に暗い地下へと連れて行った。
この厳粛な行列を成して行進している間、彼らは奇妙な楽器を演奏して、狂った聖歌をつぶやいていた。
奇妙なことに、この「虫の聖歌」をアシュモッドと私は前から知っているかのようだった。
そして、今も覚えている。私は暗唱する度に震えが止まらないのだ。

 どう猛な屍が 群れを成し
 青ざめた影が 群れを成し

 地獄に堕ちた群衆が
 虫の聖歌を叫ぶ

 我々は何時間も歩いていたようだったが、何処へ行こうとしていたのか全くわからない。そして、私は突然悪い目的地へ歩いて行くのだという奇妙な感触を得た。
私の心臓は狂ったように鼓動し始めたのだ。私は吐き気がしたが、アシュモッドを見ると彼も同じであった。その後どうしたのか全く覚えていない。
ジェイコブ教授に起こされたとき、私は汗でびっしょり濡れていた。そして、ヘンボックを隈無く探したが全く手掛かりが見つからなかった。
その後アシュモッドも私と同じ夢を見たと言った。私は何を信じればいいのか。もうわからない。
アシュモッドも私もヘンボックが消えた事について隠しておくことに決めている。

2011年9月19日

 我々が夢で見たように、彼らは昆虫が腐った泥の山の中でムローズを見つけた。
ジェイコブ教授は無謀にも昆虫の怒りの原因を探るべく、彼の死体を取っておきたかったようだ。しかし、死体はまだ泥の中に眠っている。

2011年9月26日

 私は愚かだ。そうだ、馬鹿者だ。何故初めて聞いたときに気付かなかったのか!あの音はモールス信号だ。兄弟は我々を呼んでいるのだ。
アシュモッドに言ったら彼も納得した。我々は成すべき糸口を見つけたのだ。


10-09-2011

There is something strange down below. The sounds... they haunt me day and night.

Everything started after these hellish insects came.
They've killed eight of our brothers to this point.
We've thrown their bodies into the smoking pit, but I know this is wrong.
tried to insist that we should bury them properly, but Prof. Jacob said this way is also beneficial to us.
I didn't understand what he said; sometimes he is a real monster. I still see them in my dreams.
Their faces... eaten faces... they beg me to save them from their immeasurable pain!
They are still there, waiting, down below, inside the ageless darkness of that pit.
What madness not to bury them!

12-09-2011

We were not told about the bites or the anger of the insects. They seem like ordinary bugs, but they aren't.
In their original habitats, they live their whole lives in the deepest parts of caves far from the the
reach of sunlight, so they are blind. They are also strong and vicious. If you get bitten too often at
once, you will lose your mind for days, maybe weeks if you're allergic to their venom. Most of us were bitten
by them, but who knows how many times. I cannot be sure if I'm even being bitten anymore. Delusion or reality,
they are no different for me now after all the things I've heard.

They came here from some place in Africa. Nobody knows about their existence except us, not even the top
entomologists. Mr. Curwen, that inhuman thing... he knew about them. He knows many things unknown to anyone
else, at least any modern man.

Every now and then, the insects attack us. At first we didn't know the reason for their aggression, but later
Prof. Jacob found out that they attack if you pose a threat to their nests. You cannot hide from them;
they always know where and even who you are. It seems they can differentiate us with ease.
Prof. Jacob said they may be able to see, just not the same way we do. Maybe they have heat sensors or some
other extra-sensory organ that we can't comprehend with our science. Who knows. Prof. Jacob seems troubled about them.
It's obvious that even he didn't expect this.

14-09-2011

I hear the sounds clearer now, though I still don't know what or who makes them, or where they come from exactly.
At first they sounded like harmless, natural noises. But now I know they are conscious, not just random sounds.
They come in continuously repeated long and short bursts. But I still can't tell just anyone. If they learn,
I'll take my place among my friends inside the pit. They don't let anyone hinder the experiments.
But there is someone, a quiet and sober man named Ashmohed. He seems troubled; I think he hears what I hear.
I will try to speak with him.

16-09-2011

Yesterday, Murrows got attacked. He somehow managed to escape the flocks of angry insects and locked himself
into one of the rooms. His horrible screams are still echoing inside my head. I wanted to save him.
I tried to get him out but Prof. Jacob wouldn't let me. Three people dragged me out and everyone was
evacuated immediately. There's no doubt we left him to die down there. Prof. Jacob said there is no
chance for him; he should be dead by now. This is insane! What are we doing with these things?
They are much too dangerous. We cannot control them.

Even two and a half hours later, we could still hear the humming of the angry insects.
Prof. Jacob said we should take a break and sent everyone away. Only Ashmohed,
Henbok and I stayed as guards, as we always do on Fridays. We normally guard the place in turns.
One of us is always awake while other two sleep, and last night was no exception. Only Ashmohed was awake,
and in the dead of the night we were awakened by his crazed screams. He said he heard Murrows crying
and begging us to help him. After a short while I heard Murrows too, but Henbok couldn't hear a thing.
He said our imaginations were running loose and went back to sleep. But Murrows really was crying down there.
Ashmohed and I could clearly hear him. We tried to go down but realized the handle was gone.
Prof. Jacob must have taken it with him.

I don't know why, but after a while I felt so sleepy I couldn't resist and soon fell into a sleep
full of nightmares. In my dream, Ashmohed and I were talking with Murrows. He was lying inside this
disgusting mould of insect mud. I don't remember what he said, but it was something about the endless,
lavishly carved underground tunnels, streets and buildings below us that were built long before the first
human ever walked the earth. He showed us the way to reach them: It was the pit!
We climbed down using only our bare hands. At the bottom, we walked along a large tunnel, sometimes
seeing man-made old stone brick walls. Once I thought I saw the name of a church I knew carved into a stone,
but I couldn't find it again. And there were some big archways along the way that had S.P.Q.R carved on them.
Around us was pitch darkness, and I don't remember how we were able to find our way without a light source.
At the end of the tunnel, we descended a stairway with thousands of steps, and once we even had to climb
down from an underground cliff.

At last we reached a large dome-like place. It is impossible to imagine a building that far underground,
but there it was. Every wall was filled with both beautiful and horrible descriptions of undescribable things.
And there we saw our brothers we'd thrown into the smoking pit. They were at varying degrees of decomposition,
and it seemed as if they were all were happily chewing something. Then they took us with them, further still
through more dim, silent underground tunnels. During this solemn procession they played some strange instruments
and muttered a crazy chant, the "chant of the worm" which, strangely, Ashmohed and I seemed to know too.
I can still remember it and it makes me shiver every time I recite it:


Fierce ghouls gather, and pale shades form.
And altogether this damned crowd,
Howl the chant of the worm.


I don't know where we were going but we walked for a really long time. It was impossible to measure but
it felt like we walked for hours. Then, suddenly, I felt a strange sensation that our destination
was not a good one. My heart started to beat crazily for no obvious reason. I felt nauseous and when
I looked at him, Ashmohed seemed the same. I don't remember what happened after that.
I was soaked with sweat when I was woken up by Prof. Jacob, and there was no sign of Henbok even
though we searched for him high and low. His bed was empty and he was nowhere to be found.

Later I spoke with Ashmohed and he said he dreamed the same dream as me. I am not sure what to believe anymore.
Ashmohed and I have a theory about the disappearance of Henbok that we will keep secret...

19-09-2011

They found Murrows inside the disgusting insect mud, exactly as we dreamed. Prof. Jacob wanted to keep
the body for experiments, with the futile hope of finding a reason for the anger of the insects.
But Murrows' body still stays there in the mud.

26-09-2011

I am stupid; yes, definitely a fool. How could I fail to understand when I first heard it? The sounds,
they are morse code. Our brothers are calling us. I told Ashmohed and he agreed with me.
We are going when our time comes.