魔よけ記号

 これらの記号は人、動物、場所、またはその他のあらゆる物が、悪霊からの防衛対策として使用される。
それらの幾つかはとても古く、起源は古代に遡る。中世の時代に人々は魔女の災いから身を守るために用いられた。
それ以前の時代でさえも、シャーマンに対する防衛策として使用された。この章ではそれらの最もパワフルな記号が含まれている。
効果的に使用するためには、それらの記号は身近に備えておかなければならない。
もし人や動物が防衛を必要とする場合は、着用する物に記さなければならない。
建物の場合は、内部に浸透するように入り口、扉、窓に設置し、もしくは外に適切に配置する必要がある。

 Urgeritch

 Urgeritchは古代から使用された特に古い記号である。これは円に沿って示される16の異なる記号から成り立つ。
それは羅針盤に似ている。更に4つの主要な記号が16の記号の間にある。
この4つはコンパスの基本の方角に適合して、それぞれの方角は以下の色で示される。

 東=赤、北=白、西=黒、南=黄

 記号の順番は一通りとは限らない。ある特定の物を防衛するためには、また別の順番が使用される。
記号を隠しておく必要があって発光塗料を塗られている場合もある。記号を設置した者は必要であれば、いつでも見ることが出来る。
但し、朝の間は他の人は見ることが出来ないが、夜になると強い光を当てることによって再び見えるようになるので注意されたし。


Protective Magical Signs

These magical signs are used to protect persons, animals, places or any other objects from all kinds of evil.
Some of them are very old, originating in ancient times. During the Middle Ages, people used them to protect
against the curses of witches. Even before that, they were used as a safeguard against shamans.
This section will include some of the most powerful signs.

To be effective, all of these signs should be kept close, and if a human or animal needs the protection,
it should be carved on an object to be worn. If it is a building, signs should be placed on the gates,
doors and window shutters to prevent any evil from penetrating inside, or alternatively
placed in a proper arrangement outside to prevent any evil from coming closer.

Urgeritch:
An Urgeritch is a particularly old protective sign that has been used since ancient times.
It consists of sixteen different magical symbols drawn over a circle, resembling the compass rose.
There are four major symbols among the sixteen, and these four are adjusted to the cardinal directions of the compass.
Each direction is depicted with a color code. These are:

East= Red, North=White, West=Black, South=Yellow

There is no single order for the symbols. Different orders are used to achieve the specific protection needed.

If the signs need to be invisible, they may be painted with a luminescent matter.
This will enable the caster to see them whenever needed, yet make them invisible to others during the
morning hours, although under a strong light source they will become visible again, especially during
nocturnal hours.