※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

所有者:カール・パレオ、ウェルスモス新聞の記者ここに記す

 悪名高いカルト集団「地獄の子供達」はアークハメンドと呼ばれる古くて息苦しい町に私を案内した。3ヶ月かかって彼らの手掛かりを全て集めた。
私が期待している物を見つけることが出来ると確信している。
道は狭いは、建物は古いは、銅像は変な物ばっかりだし、
くだらない彫刻があちらこちらにあって本当に気が滅入る。
今日で6日目だが、太陽が明るく輝いてるのなんて見たことがない。
現在季節は秋。しかし何かが変だ。朝でも暗い。この町は暗闇と光の明るさが同じなのではないか。精神的な問題があるのだと思う。
きっと自殺率は高いのだろう。

 アークハメンドは古くて小さい町だ。ここには驚くべき数の魔術の血で染まった恐ろしい話で溢れている。魔術はこの町の歴史そのものだそうだ。
君が町の中心部を離れ、吠えたオオカミの像を調べるために通りに入ると、時が戻されたような感覚を得るだろう。
そして、この町の境界まで着くまでに見る建物はどんどん古さを増して見えるはずだ。不思議なことに、この辺りは現在隔離された地域らしく
誰も入ってはいけないのだそうだ。近くに数人の警察官がいるが、誰もそんな事は話さない。しかし、十分な予防措置もとれないような危険な町だが、
私にとっては好奇心をそそられる町なのだ。

 私が訪れることの出来た地区は、ほとんどの家が通りと同じくらい破損していて人影がありません。幾つかの家はまだ人が住んでいるが、
ちょっと動いただけで、あっという間に壊れてしまうくらいオンボロだ。見捨てられた廃墟の家は、魔法が成功した際に秘密を隠す場所だ。
この町を歩いていると、ガラスの無い窓から、見えない誰かが私の事を見下ろしている感覚がある。

 私がこんな所に長居したくないので、キャンパーウッドという古い宿に泊まり、研究を始めた。町の住民は珍しげに見ている。
前もって注意されていた話だが、彼らは知らない者に対して敵対的だ。しかし、君が彼らのツボを刺激してやれば、彼らは積極的に話に乗ってくるだろう。
私は酒のボトルを1本買って、酔っぱらいのジョセフ何とかという男を見つけることが出来た。たとえ彼が信頼出来る筋ではないとしても、
彼が私に話した事は、前もって私が収集していた情報と概ね合っている。

 幼児誘拐、奇妙な場所で行われる儀式、真夜中に狭い路地でさまよう影、下水道からの誰にも気づかれない声、この町よりもはるかに古い起源の崇拝集団、
私は人々の恐怖無しではこの町の歴史は語れないと悟った。彼らカルト集団には多くの呼び名があるらしいが、彼ら自身は「地獄の子供達」と称している。

 すべてのこれらの神話と物語において、町と近くの森を含む地域がカルトの揺りかごであることを示唆する微妙な手掛かりがある。
何人かは、特定の場所では(特に森で)地下は、より深い古代の地下都市に通じるトンネルと通路でハチの素のように巡っていると思っている。
地上には、地下トンネルにつながっている通路があるとされており、カルト集団はその場所を占有しようとしている。私は森の外れにある小屋が彼らのたまり場ではないかと睨んでいる。近いうちにその小屋を調査しにいくつもりだ。しかし、その前にもっと多くの情報を集めなければ。
その場所の窓の中から灯が見えたと言う人々がいる。

 その建物の中でこっそりと何かの作業をしている集団についての噂を耳にする。ある1つの噂が特にささやかれている。
仕事帰りの中年の木こりが、昼下がりに悲鳴を聞いたという。彼は地下からその声が聞こえが何も見えなかったので、気のせいだと思ったという。
他の木こりは、風が吹いてきて吸うと麻痺してしまう感覚の臭いがしてきたという。

 私は町の人々にカルト集団の事について尋ねたところ、彼らは町の最も古い地区の誰も住みたくないような家に住んでいるとの事だ。
その家の幾つかは電気も通ってないという。彼らの何人かは(3人か4人?正確な人数はわからない)定期的に町の中心地に来て、
駅で列車が輸送してきた何かを取りにくるという。その際、彼らは時々宿で飲むという。町の人は彼らが嫌い、もしくは恐れているので彼らと話をしようとはしない。
そして彼らは黒いあごひげをつけて変装し、薬局で前もって注文しておいた変な化学薬品をを両手に抱えて去っていくという。

 私は彼らがその建物で何かの研究をしていると確信している。私は以前いわゆる研究所と呼ばれている建物を見たことがあって、
どんなにうんざりするような研究が行われているか知っている。その建物に行くときはより深く用心しなければならない。


Owner: Karl Paleo, Wellsmoth Daily journalist, writer

All the clues I've gathered for three months about the notorious cult Children of Dis have lead me to this
old and depressing town called Arkhamend. I'm sure I will find what I expect to find here.
his town has a really suffocating atmosphere with all those narrow streets, old buildings
and some very strange statues and carvings spread near and far. I've been here for six days
now and I've never seen the sun shining brightly even once. I know it's Autumn now but there
is something strange here. Even the morning hours are darker than they should be.
This is just a place where dark and light don't seem to differ much.
I bet psychological problems and suicide rates are pretty high.

Arkhamend is a small but very old town, with a surprising number of blood-chilling tales of
witchery and sorcery told about its history. When you leave the town center and its peculiar
howling wolf statue to delve into the streets, you feel like you are going back in time.
As you proceed, the buildings get older and older until at last you reach its border at the oldest part of all.
Strangely, I learned that this section is under quarantine and no one is allowed to enter.
There are a few police officers around but they won't tell me anything about the quarantine.
This situation seems curious to me, as there aren't nearly enough precautions normally taken in such crises.

In the sections I could visit, most of the houses are damaged and empty, as are the streets.
Some of the houses are still inhabited but even those are in such poor condition
it seems they might break down any minute. I know the deserted houses hide secrets of olden times
when sorcery prevailed here, and I feel unseen eyes looking down on me from the glassless windows
when I walk through that area of town.

I've settled in an old inn named Camphorwood and immediately started my research,
because I don't want to stay here long. The townsfolk seem rather unusual.
I've seen personally that they can be hostile to strangers, just as I was warned about beforehand.
But you can always find someone to talk to if you offer the right incentive.
I've managed to find a drunk named Joseph (I mustn't forget to learn his surname) with the help of a bottle I bought.
Even though he is not a reliable source, some aspects of what he told me do fit the information
I've gathered already.

I've learned that the history of this town has always been mixed with terror: child abductions,
strange rites done at even stranger places, unidentified shadows wandering through the narrow streets
in the dead of night, undetectable voices from the sewers below, and a cult whose origin dates much
farther back than the town itself. It has many names, but they call themselves Children of Dis.

There are some people who claim to see light in the windows of that , and I've heard of a quiet group
of people doing something unholy there. One anecdote in particular stands out: A middle-aged woodcutter
returning one afternoon from work swears that he heard very loud buzzing sounds
accompanied by human screams coming out. He says at the time he believed the sounds were coming from underground,
but he couldn't find any opening that might lead to it, so he presumed what he heard was just
his imagination. Other woodcutters have said that when the wind is blowing away from the ,
it carries an odour smelling like some kind of incense that has a.numbing effect on the person who inhales it.

I asked a few townspeople if they know anything about this group, and learned that they live in
the oldest part of town, in houses no one else would want to live in. They rented some places there,
some of which don't even have electricity. Three or four of them (nobody exactly knows their number)
come to the town center at regular intervals and get something from the train station that the train has delivered.
They sometimes have a drink at the inn while they're here. Nobody tries to speak to them because everybody in
town hates or fears them. One of the locals told me that a particular visitor with a fake-looking,
short coal-black beard who seems superior to the others, visits the pharmacy every time he's here.
And he leaves with big boxes full of strange chemicals he'd ordered earlier.

I am sure there must be some kind of laboratory in that . I've seen these so-called laboratories
before and know what disgusting things take place there. I must be extra cautious when I visit.