※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

名前:夢見崎 マセリ(lv9)
性別:男
生き様:中二病
スタイル:術者
所属:他勢力
武器: カッターナイフ
持ち物: きれいなハンカチ
所持金:55000円

習得ススキル【主人公補正】Lv2【中二力】Lv2【人生相談(誘惑)】Lv5

【通常ステータス】
力4 体力4 反応4 魅力7(+2) 知力5 精神6(+2)
【戦闘ステータス】
HP43 攻撃4 防御0 回避4 命中4 狂気 -100%
誘惑成功率+60%

【特殊能力】
『僕が叶える君の世界』72%
効果:対象のスキル一つをレベルが半分(端数切り捨て)の別の一般スキルに置き換える
範囲:自マス
対象:一人
時間:一日
制約:お互いの合意の上でないと効果を発揮しない
制約:戦闘中は使えない

説明:
相談を親身になって聞くことで、相手に今ある自分を捨てさせ「マセリが解釈した」なりたい自分に変化させる能力。

夢見崎の当主の能力『ワタシが願うアナタの世界』の劣化コピーである。
元の能力は永続的に特殊能力に目覚めさせる事さえ可能だが、マセリの中二力が低いため効果が弱く持続時間があまり長くない。
その代わり、マセリはそれなりに正気なので当主みたいにトンデモ解釈でひどいことになったりはしない。

【キャラクター説明】
魔人総合研究所若年研究員。
もともとは優秀だったが、魔人発生学研究室で夢見崎当主の分析を割り当てられたのが運のつき。
当主の魅力で骨抜きにされたあげく

「貴女の様になりたい!」

とか言っちゃった所為で、当主のコピーのような能力を与えられ夢見崎になってしまった。
以後、四六時中当主の周りをうろちょろするようになってしまったが、
優秀だし精神低くないしこれはこれで研究対象になるしということで元の地位のままで居られている。

現在はフィールドワークと当主の「今、希望崎ってどうなってるのかなぁ」という発言をうけ、調査のために希望崎学園に在籍している。

当主に似た性質のため、それなりに魅力的で相談に乗るのが得意。