※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

その他のルール


[通常ロールについて]

通常ロールの成功率はステータスを基準にして、GKが「なんとなく」目標値を決めます。
目標値に対して関連するステータス+2d6で上回れば目標達成です

例えば、図書館でフランス語の文献を調べる場合、目標値12です
知力10(世界トップレベル)なら100%成功しますが、知力4(ごくふつう)くらいなら結構厳しいでしょう。
明らかにステータスが足りていなくても、プレイヤーが求めればダイス判定は行えます。
関連するFSがあればボーナス修正を考慮します


[犯罪]

人目につくところで犯罪を行うと高い確率で警察/生徒会に通報され、しかるべき制裁を受けます。また、「パッと見、人がいなさそうな場所」での犯罪も誰かに目撃されているかもしれません。例えば繁華街の路地裏などで殺人を犯す場合、事前に周囲をチェックしていてもn%の可能性で犯罪を目撃されます(nの数値はGK判断)。覆面で顔を隠したり、アリバイ工作をするなどの努力も全く無駄ではありませんが、捜査する側も魔人であることを忘れてはいけません。特に魔人刑事や魔人検視官はそれ相応の能力を持っているため、その職に就いているのですから。


[病院]

病院に入院するとゲーム内時間で1ヶ月ごとに1D3のHPを回復できます。また、精神病院に入院するとゲーム内時間で6ヶ月ごとに精神値回復のチャンスが訪れます。まず1D3を振り回復値を決めます。次に1D100を振り、50以下を出せば回復値の数値だけ回復します。51以上が出た場合、精神値が1ポイント減ります。HP10以下でなければ病院には入院できず、精神値が1以下でなければ精神病院には入院できません。


[レベルアップ]

シナリオ終了時にはステータスを初期値に回復させた後、レベルアップできます。レベルアップでは、

スキルを1レベル分習得できます

スキルレベルの合計値も増えるのでHPも3増えます




[出家]

キャラクターが出家するとゲーム内時間で6年ごとに「知力x1%」の確率で悟りを開くことができます。もしくはプレイヤー自身が悟りを開くことでも可能です。悟りを開いたキャラクターは、その後、悟りを開いたかのようなロールをすることができます。