※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

名前: クレメンス・フォン・ダックスフント
性別: 男
学年: 3年
所属1(勢力):一般生徒
所属2(部活・委員会):風紀委員会
魔人レベル:【5】(一番高いFSの数値)
獲得経験値:【86】(初期50点)
未使用経験値:【6】


●基礎ステータス(合計15 各1~6)
心【4】技【2】体【2】知【2】魅【5】


●FS(フリースキル)レベル&判定表(判定時は+2D6)
直感判定【8】=心【4】+直感FS【4】『野生の勘』
器用判定【2】=技【2】+技術FS【】『FS名』
肉体判定【2】=体【2】+肉体FS【】『FS名』
知識判定【2】=知【2】+情報FS【】『FS名』
交渉判定【10】=魅【5】+交渉FS【5】『犬王オーラ』
中二ボーナス【0】=中二FS【0】『FS名』÷3(端数切捨て)


補足)FSのレベルアップ必要経験値(初期所有経験値50) 
LV1~2は5 LV3~4は10 LV5~6は20 7~8は30


●戦闘数値
(体【2】+肉体FS【0】+魔人レベル【5】)×4=HP【28】
武器攻撃力【0】+体【2】+肉体FS【0】=基礎攻撃力【2】
技術FS【0】=追加ダメージダイス数【0】個
防具防御力【3】+肉体FS【0】=基礎防御力【3】
技【2】+直感FS【4】-3=回避【3】


●特殊能力名『犬王光臨』
効果範囲:【近】(近・中・遠のいずれか)
効果対象:【1体】(自・1体・全員のいずれか)
効果時間:【10】分(一瞬・~分 1ターンは約1分)
能力内容:
犬語を理解できる。また、必要ならヨークシャーテリア1体を召喚し、1つだけ命令をきかせることが出来る。
周りに室内犬がいるときはヨークシャーテリアの代わりにそれに命令を聞かせることも可能。

能力原理:
生きとし生ける室内犬を統べる王としての能力。
すべての室内犬は室内王ダックスフントの前にひれ伏し命令を拝領することになる。
周りに犬がいない時でも、側近のギルベルト(ヨークシャー・テリア オス 3歳)がどこからともなくやってきて命令を一つ実行して去っていく。



能力レベル【1】(能力の強さ GKが設定します)
能力コスト【1】×1D6(能力レベルの2倍 狂気と死亡率の上昇値) 
中二FS【0】(能力コスト抑制)
制御知力【2】(能力を使うために必要な知力 GKが設定します 足りない知力×40%で能力が暴走します)




キャラ説:
すべての室内犬の頂点に立つ室内王「タロウ・ダックスフント(ダックスフント オス 享年12歳)」の生まれ変わり、と占い師に言われた少年。
それを真に受けて生きてきた結果、室内犬の王にふさわしい魅力と野生の直観、そして犬語を理解できる能力を備えた魔人となった。
ただし所詮室内犬なので他のスペックは低い。
背も低く足も短い。胴は長い。
本名 飯島太郎


所持金:【11300】円(初期所持金5000円)


武器名『なし』レベル【】+重量【】=武器攻撃力【0】
防具名『豪華な首輪』レベル【1】+重量【2】=防具防御力【3】
持ち物(8個まで):
『気付け薬』『気付け薬』『ライター』『回復ドリンク』
『おひたし』『』『携帯電話』『文具セット』



経歴・賞罰
特になし