※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

89: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/06/30(土) 22:14:49.10 ID:eUrXQELy0

遥かなる旅路、さらば下僕よ

ドラえもん「『タイム風呂敷』」
      ドラえもんはジョセフの体に風呂敷をかける。先ほどの地震でバラバラになっていたが、頑張って全てつなぎ合わせた
ジョセフ「ドラえもん…」
ドラえもん「終わったよ…。」
ジョセフ「ありがとうドラえもん!!」
ドラえもんに駆け寄る!今度はドラえもんはドライヤーをかけない!熱き抱擁でジョセフを迎えた
ジョセフ「ところで」
ジョセフが思い出したかのようにいう
ジョセフ「ポルナレフも生き帰してやってくれんか?」
ドラえもん「やれやれ…面倒くさい奴だ。」


91: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/06/30(土) 22:20:33.04 ID:eUrXQELy0

ポルナレフ「!!」
ドラえもん「よう…久しぶり」
ポルナレフ「DIOはッ…!」
ドラえもん「人の顔を見るなりそれか。安心しろ。もう倒した」
ポルナレフ「さすがドラえもんだ…やってくれると思ったぜ。」
ドラえもん達4人はSW財団のヘリコプターに乗り込んだ。もう誰も…ドラえもんたちを襲うことは無い。
ドラえもん「今回は少し疲れたな。次は日本の街で10年ぐらい休むか。フゥー。」
ただ一人を除いて!!

DIO「ドラえもん…もうジョースターなどどうでもいいッ!あのクソむかつく青狸がッ!!
    そうだ…不老不死だから、あと10年。あと10年程、体を鍛えてやる。1分程時間を止められるほどに!
    そしてドラえもん…そのときには最強の軍団を揃えて…貴様を殺してくれる!!」




ドラえもんはアメリカでカーズと戦うようです第三部 完