※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/06/30(土) 20:24:43.37 ID:eUrXQELy0

ドラえもんvsDIO 『対面』

ドラえもん「ふう…」
ドラえもんはDIOの館の床に立つ。既に手と足の傷は風呂敷で完治させ、新しいウルトラストップウォッチも過去からコピーしてきた
ドラえもん「あッ…イギー死んでる…。まあいいか。
      決戦はこのDORAだけで十分だ」
ドラえもんは階段をコツコツ上っていく


37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/06/30(土) 20:28:44.18 ID:eUrXQELy0

ドラえもん「………!!」
ドドドドドドドドドドドドド
ドラえもん「こ…こいつはッ!!」

ドドドドドドドドドドドドド
ドドドドドドドドドドドドド

ドラえもん「DIOッ!!」

中性的な顔立ち、金色の綺麗な髪、そう、ドラえもんとDIOはついに対面をしたッ!!
ドラえもんは思わずニヤリと口を曲げた!!
コイツが―いやコイツを―コイツを倒せばッ!
全ては―終わる!!

ドドドドドドドドドドドドド
DIO「フン…ドラえもんか…初対面だな…」


39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/06/30(土) 20:31:57.17 ID:eUrXQELy0

ドラえもん「ついに会えたな…DIO!!」

パチ   パチ    パチ    パチ

DIO「見事だな。ドラえもん
    部下達全ての命を奪いつつ、
    極東からの旅も無事にここまでたどりつけたのか」
ドラえもん「フン…祝いに何かくれるというのなら
      貴様の命を貰ってやるよ…世界の帝王として君臨するのは、このDORAだァァーッ!!」


40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/06/30(土) 20:35:22.69 ID:eUrXQELy0

DIO「ならばこのDIOと戦うか…もしそうなら
    階段を上るがいい。」
ドラえもん「もしかしてこのDORAに命令したか?」
DIO「ぬ」
ドラえもん「命令したかとッ!!聞いているんだアァーッ!!
      『タケコプター』ッ!!」
ドラえもんはDIOの足元へ大きく弧を描いて飛び立ったッ!!
DIO「フン…ならば
    死ぬしかないな!ドラえもん!!」
ドラえもん「URYAAAAAHHHHHッ!!」
DIO「無駄 無駄 無駄」


41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/06/30(土) 20:38:09.24 ID:eUrXQELy0

ボゴォン!!その時、突然壁が崩壊し、暖かい日光が出でた!
光の先には、ジョセフ・ジョースターだァーッ!!
ジョセフ「安心するんじゃドラえもん」
DIO「ヌウウ…ウ…」
ドラえもん「フン―無駄なことを」


【ドラえもんvsDIO『DIOの世界』】