※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

8 名前: 1 ◆0y9Us4tj3E 投稿日: 2007/06/27(水) 13:11:58.69 ID:zYh0Phxv0

ドラえもんvsオインゴ・ボインゴブラザーズ

オインゴ「弟よ。俺たちは無敵の兄弟だ!
     お前の未来の見える漫画のスタンドと、俺のこの変身能力があれば奴らは皆殺しよ!
     俺達のカードは書物の神『トト』と、創造の神『クヌム』!オインゴ・ボインゴブラザーズ!!」

ジョセフ「エジプトにきたはいいものの、DIOの場所がチンプンカンプンじゃわい」
承太郎「とりあえずは襲ってくるスタンド使いに聞くしかないな。」
ポルナレフ「エジプト…最初はどんなゴミ溜めかとも思ったが、
      よく見ると中々いい場所だな…。」


10 :1 ◆0y9Us4tj3E :2007/06/27(水) 13:16:41.59 ID:zYh0Phxv0

ボインゴ「あ…新しいページが…表れた…ゾ」
【オインゴとボインゴの仲良し兄弟の次なる冒険は!
アスワンの街に入ると、おっ、いたぞ!憎っくき5人の敵がいたぞっ!
奴らは話あっている
「おい、たくさんカフェがあるぞ。何か食べ物を飲みながら休もう」
「そうしよう」
5人はカフェに入っていくので、仲良し兄弟が殺すために紅茶に毒を入れると…
ゴクリ!5人共紅茶を飲みはじめたぞ!】
ボインゴ「おにい…ちゃ…ん」
オインゴ「何々…?なるほど、紅茶に毒を入れればいいのか…。」


11 :1 ◆0y9Us4tj3E :2007/06/27(水) 13:21:42.33 ID:zYh0Phxv0

ジョセフ「おい、たくさんカフェがあるぞ。何か食べ物を飲みながら休もう」
ポルナレフ「そうしよう」
5人はボインゴの予知通りのカフェに入っていく…そして!
オインゴ「何を…注文なさいますか?」
ジョセフ「注文か…そうだな。紅茶を…」
オインゴ「紅茶を…(よし来た!)」
ジョセフ「一つ」
オインゴ「はい、一つですね―一つ!?」
ドラえもん「それがどうしたんだ。早く行けよ」
オインゴ「はい、一つですね…わかりました(一つ…?あの絵では確かに4人とも紅茶を飲んでいたのに…)」

ジョセフ「ところでここ…持ち込みはOKかね?」
オインゴ「はいッ?」

ドラえもん「『グルメテーブルかけ』」
ポルナレフ「ンまぁ~い、さすがッ!ドラえもんの出す紅茶は一流だッ!!
      こりゃ何杯でも行けるぜェーッ!!」


13 :1 ◆0y9Us4tj3E :2007/06/27(水) 13:23:26.51 ID:zYh0Phxv0

ジョセフ「まあ紅茶を一つ頼んだんだからいいじゃないか。この時間そんなに人もいないんだし…ね」
オインゴ「はい…わかりました…」

ボインゴ「こ…殺した?」
オインゴ「くそ―無理だった。あれが噂のドラえもんか、何て奴だ。
     とりあえず紅茶を一つ持っていこう。もしかしたら誰かが手をつけるかも…」


14 :1 ◆0y9Us4tj3E :2007/06/27(水) 13:26:57.58 ID:zYh0Phxv0

オインゴ「紅茶を―お持ちしました」
ジョセフ「おお、ありがとう。そこに置いといてくれ」
承太郎「濃いな。もうちょっと味の薄い紅茶は無いか?」
ドラえもん「俺はこの味以外出す気は無い。この味が理解できん奴は飢え死にすればいい。」
承太郎「ちッ、それじゃあ…そこの紅茶を取ってくれ。少しは薄いかもしれん。」

オインゴ「よし、承太郎が手をつけるぞッ!!もらった!!」


15 :1 ◆0y9Us4tj3E :2007/06/27(水) 13:29:51.79 ID:zYh0Phxv0

ドラえもん「やだね」
ドラえもんは紅茶を取って飲みだした。
承太郎「何ッ!」
ドラえもん「生意気なんだよ。"取って下さい"と言えばとってやったのに…」
承太郎「酷ぇことしやがる…」

オインゴ「よしッ!ドラえもんが手をつけた!!」


17 名前: 1 ◆0y9Us4tj3E 投稿日: 2007/06/27(水) 13:32:50.47 ID:zYh0Phxv0

ドラえもん「!!これはッ!」
ジョセフ「どうしたッ!ドラえもん!!」
ドラえもん「毒だ…。誰がしこみやがったんだ?このDORAに、このDORAにィーッ!!」
オインゴ「何ッ!鯨だって2mgで死ぬ毒なんだけどなァ~」
ドラえもん「『猫型ロボット』で助かったぜッ…」


18 名前: 1 ◆0y9Us4tj3E 投稿日: 2007/06/27(水) 13:38:06.68 ID:zYh0Phxv0

ドラえもん「厨房だ…この状況で毒を入れられるのは厨房しかない!!」
オインゴ「大変だ!!ボインゴ!逃げるぞ!」
ボインゴ「いや…よ…ち…が…」
オインゴ「………っ。―これは…」

ドラえもん「許せぬ…よくも…この野郎…。」


19 名前: 1 ◆0y9Us4tj3E 投稿日: 2007/06/27(水) 13:46:03.30 ID:zYh0Phxv0

オインゴ「俺がスタンド使いだ!かかって来い!」
ドラえもん「自分から名乗る…?怪しいな…。」
【オインゴ兄さんが自分でスタンド使いと名乗ると、ドラえもんが走りよってきたぞ!
 狙いをつけてカウンターパンチだ!】
ドラえもん「ならば殺す…。ドララララララッっ」
オインゴ「うっ、うわアァァァァーッ!!」
ドラえもん「足元に…こぼれたカレーが!滑る!!」
ゴリッ
オインゴ「パンチが当たったッ!」
ドラえもん「ぬ、ヌオォォォ、このDORAが滑るだとォーッ!何故!?」


22 名前: 1 ◆0y9Us4tj3E 投稿日: 2007/06/27(水) 14:02:58.99 ID:zYh0Phxv0

ドラえもん「俺が…滑った?方向感覚抜群の俺が…転がることはよくあっても今まで滑ることは無かったのに。
      とにかく隠れる!!『石ころ帽子』ィーッ!!」
オインゴ「奴が消えた?…一体何処に…。」
ドラえもん「一体奴はどんなスタンド能力なんだ?怪しい…怪しすぎる…。」

オインゴ「弟よ!ドラえもんが消えた!どうする?」
ボインゴ「【落ち着いて…少しずつ探すと…何処からか声が…】」
オインゴ「声?―たてつけが悪くて床がギシギジ言う音なら聞こえるが…特に他に声は―
     少し歩くだけでギシギシ言いやがる…ギシギシうるさいなァ~」
ドラえもん「(本のスタンド、予知が書いてある。ということはこのDORAが今から無用心に声を出すということか?
      馬鹿馬鹿しい!ただの願望だ!!)」
チューチュー
ドラえもん「ヒィッ!鼠ィッ!!ハッ、声がァッ!」
オインゴ「そこかァ!」
ドラえもん「何…まさかこのスタンド…まさかマジに予知をしているのか?」


24 名前: 1 ◆0y9Us4tj3E 投稿日: 2007/06/27(水) 14:06:28.12 ID:zYh0Phxv0

ドラえもん「くそ…『ウルトラストップウォッチ』!!」
「チュウウウウゥ~チュウウウウー」
ドラえもん「ヒ、ヒエエエエエ!!お助けッ!!
      ヤバい―ストップウォッチを落とした!」
オインゴ「そこだなッ!喰らえ!」
ドラえもん「『フライパン』を…武器に使って!GYAAHHHHHH!!」
オインゴ「よし当たった!さすが弟の予知だ!」


28 名前: 1 ◆0y9Us4tj3E 投稿日: 2007/06/27(水) 14:14:27.17 ID:zYh0Phxv0

【仲良し兄弟とドラえもんの戦いはクライマックス!
 13:00丁度、仲良し兄弟が】
オインゴ「仲良し兄弟が!」
【ナイフを投げると、ドラえもんに刺さり、即死だ!
 そう―勝ったのです!万歳!】
オインゴ「よし、13時丁度だと…?おう、あと10秒じゃねェーか!!」
ドラえもん「10秒―10秒で俺が死ぬ?
      そしてあいつらの呼吸を止める?殺せということか!?
      しかし、ストップウォッチは無い!!ここは―『スーパー手袋』ォーッ!!」
オインゴ「アブバッ!」
ドラえもん「よしとどめだ…!
      な!?」
オインゴ「お前―ネズミ怖いだろ?今地面を這っているネズミを一体お前に向けている
     なすりつけられたく無いなら、俺のそばに近寄るなァーッ!!」
ドラえもん「何をォーッ!!こ…この腐れ外道がァーッ!!」
残り4秒―


30 名前: 1 ◆0y9Us4tj3E 投稿日: 2007/06/27(水) 14:19:55.71 ID:zYh0Phxv0

オインゴ「そして俺はナイフを握っている。これを投げる。勝ちだ。」
ドラえもん「くそォーッ!!予知を…予知をはずさせるんだァーッ!!」
ボインゴ「無理…ぼくの…『トト神』の予知は…絶対なんだ…
     ウケウケウココココココ」
残り2秒―
ドラえもん「いいや限界だッ!はずれるね!!」
残り1秒―
オインゴ「ドラえもんは何処に行きやがったァーッ!最初から見えなくなっていたが…急に気配が!」
ボインゴ「大丈夫…僕たちは…ナイフを投げるだけでいい…
     トト神の予知は…100%…何の策も無く隠れただけさ…
残り0秒―
オインゴ「死ねェーッ!!ドラえもんーッ!!」


32 名前: 1 ◆0y9Us4tj3E 投稿日: 2007/06/27(水) 14:28:33.27 ID:zYh0Phxv0

オインゴは力強く手を振る!!
オインゴ「投げた!投げたぞ!!」
しかし投げたナイフは厨房を転々とするばかりである
ボインゴ「え…?ささらない…?」

厨房の空中に急に不可思議な穴があいた!
ドラえもん「『タイムマシン』…そこには『過程』は存在せず『結果』だけが残る
      昔にもどってね、君の握っていたそのナイフ。少し変えさせてもらった
      それはフォークを変身させたものなんだ。
      君が握ったとき…それはすでにフォークだった…そのときはまだこのDORAも知らなかったがね。」
オインゴ「ば…馬鹿なァーッ!!」
ドラえもん「無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄
      無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄
      WRYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYY!!!」
オインゴ「ヤッダァバアアアアァァァァァ!!!!」


【ドラえもんvsダービー】