※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

69 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 投稿日: 2007/06/24(日) 17:22:31.98 ID:nupErYkM0

カーズ目覚める

ドラえもん「石ころ帽子。」
ジョセフとシュトロハイムが何かを話している。どうやらシュトロハイムがジョセフに波紋を強くしろとまくしたてているらしい。
そしてシュトロハイムは、足の傷の出血多量で死んでいった。馬鹿め。自殺しにきたのか。
どうやらこれからジョセフはシーザーという人物に会いに行くらしい。
丁度いい機会だ。このドラも波紋を覚えておこうじゃないか。


73 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 投稿日: 2007/06/24(日) 17:27:00.18 ID:nupErYkM0

ドラえもん「予知夢アメ」
宿屋に帰ってドラえもんは予知する。自分がシーザーという男に会うところ、そしてその先
しかし、どうやら最後まで波紋は教えてくれないらしい。
しかし気になったのはその先だ。それは見知らぬ三人の男。ワムウ、カーズ、エシディシというらしい
そしてその夢の内容は強烈だった―それは外にいる三人に打ち上げ式豆太陽を浴びせようとこころみるが、
結局ワムウという男の闘技に太陽ごと割られ、死ぬ夢だったのだ!


74 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 投稿日: 2007/06/24(日) 17:30:05.83 ID:nupErYkM0

ドラえもん「ふむ…仕掛けるのはまだ速いか。
      ただあの三人は目撃しておく必要があるな。
      情報は宇宙広辞苑一つで十分だと思っていたが、まさか自分で情報を集めに行くこととなるとは…」
ドラえもんはとりあえずシーザーとジョセフのいるローマの遺跡まで行くことにした。
そして一晩寝て―次の日の夜
ドラえもんは真実の口の前に立つ。
ドラえもん「オールマイティ・パスッ!!」
真実の口が開く
ドラえもん「真実の口が虚偽の体を届けるなんて…中々滑稽な話だな。」


76 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 投稿日: 2007/06/24(日) 17:34:34.63 ID:nupErYkM0

ドラえもんはゆっくりと真実の口の先に入った。ジョセフが入った一分後だ。
ドラえもん「何故かさわがしいな…どうした?」
警戒のあまり、頭に被った石ころ帽子をギュッと握り締めた

エシディシ「生きていたのかッ!波紋の一族!!」
シーザー「波紋入りのシャボンを喰らえッ!」

ドラえもんはその光景を必死に見入る。
―自分の知らない世界がここまであるとは…全くもって世界は広いな。
ドラえもんはそう思う

ワムウ「一ヶ月後、ローマのコロッセオで待ってやるッ!」
ドラえもん「ほう…まだ一ヶ月は、このDORAが波紋を覚えるチャンスはあるようだな…」


77 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 投稿日: 2007/06/24(日) 17:37:54.71 ID:nupErYkM0

ジョセフは喉にはめられたリングを取り出すために医者に行く。ドラえもんはゆっくりと後ろをついて行った。
―医院
医者「四次元の知恵の輪ですよ!」
ジョセフ「オーッ、ノー」
医院の中の雰囲気はわりかしフランクであったが、むしろあまりに信じられないものだからフランクにならざるをえなかったのであろう
ドラえもんはその光景を横目に考える
ドラえもん「ふ~む。夢の中では波紋を教えてとこのドラが頭を下げても、
      時間が無いと断られてしまった。
      一体どうやって教えてもらうか…」


80 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 投稿日: 2007/06/24(日) 17:42:57.31 ID:nupErYkM0

医者「こんなの現代の医学では摘出不可能ですッ!!」
ドラえもん「ふふん、まあこの程度、22世紀のお医者さんかばんでは三秒で摘出できるがな…
      いやむしろタイム風呂敷なら2秒か。全くこの時代の頭の悪さには苦笑させられる
      …いや、待てよ?…フフフフフ」
ドラえもんは何かを思いついたようで、耳鳴りのするような高笑いをした
ジョセフ達が医者から出てきた。チャンスとばかりにドラえもんは声をかける
ドラえもん「フフ…何か困っているようだねえ?」
ジョセフ「何だこいつ…何処かであった気がするけど…」
スピードワゴン「(機知外だ。無視しろジョセフ)」
ジョセフ「わかった。」
ジョセフ達はドラえもんの左をすり抜けて車の方に向かった。
ドラえもん「取り除いて欲しいんだろ?喉のリング。」
ジョセフ「…!な、何故知っている…。」


82 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 投稿日: 2007/06/24(日) 17:45:57.04 ID:nupErYkM0

ドラえもん「当然知っているよ。ジョセフ・ジョースター。取り除いて欲しいだろ?」
ジョセフ「名前まで…」
スピードワゴン「何だ…?お前なら取り除けるとでも?」
ドラえもんは笑った。
ドラえもん「ああ。勿論。取り除いてやるよ。」
ジョセフ「…。」
ドラえもん「しかし…条件がある…。」
あまりのドラえもんの怪しい雰囲気にシーザーは拳法の猫足立ちの構えを取った。
ドラえもん「何…?別に難しいことじゃない。
      ジョセフ・ジョースター。俺の靴を舐めろ」


89 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 投稿日: 2007/06/24(日) 17:50:39.95 ID:nupErYkM0

ジョセフ「!!」
ドラえもん「取り除いて下さい、取り除いて下さいと…エサを与えられた犬のように舐めるんだ。」
ジョセフは顔に血管を浮き上がらせて答える
ジョセフ「貴様ァーッ!!なめるのもいい加減にしろォーッ!!」
スピードワゴン「やはり機知外だ。行くぞ。」
三人は警戒した早足で車の方に向かった。
ドラえもん「あと波紋も教えて欲しいなァ~?」
スピードワゴン「無視だ。無視。」
ドラえもん「チッ…カス共が…喜んで舐めればいいものを…
      しょうがない。おい三人ともこちらを見ろ!!」
シーザー「うるさいなあ…ヌオォーッ!?」
ジョセフ「どうしたシーザーッ!!奴に何かされたか?」


91 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 投稿日: 2007/06/24(日) 17:54:30.99 ID:nupErYkM0

ドラえもん「『悪魔のパスポート』ッ!!お前達は俺を許すことしか出来ないッ!!」
三人は急に虚ろとした目になった。
ジョセフ「ぐ…ぐああ…」
そして三人とも、十分に睡眠した後のようにスッキリとした目をパチクリさせる。
スピードワゴン「しょうがないな」
シーザー「人間誰だって靴を舐めてもらいたい時ってあるよね」
ジョセフ「許してやるぜ。靴は絶対に舐めないが…話だけは聞いてやる。」
ドラえもんは高笑いする。
ドラえもん「フフ…いい子だ…。」


94 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 投稿日: 2007/06/24(日) 17:59:33.64 ID:nupErYkM0

ドラえもんはジョセフに交渉を持ちかけた。
喉につけられた指輪を摘出するから、代わりに波紋を教えてくれという内容だ。
ジョセフはこれを半分飲む
―まずはこの場で一つを摘出し、波紋の修行を三日一緒にした後、安心できる奴だと確信したなら、
 もう一つのリングを摘出してもらい、最後まで波紋の修行を一緒にしようというものだった―
誰もが30日では修行が足りないと思っていた。リングさえ取り除ければ、1年だって2年だって修行できる。
これは波紋を覚えたいドラえもんにとっても、日にちがたりないジョセフ達にとっても好条件であった。
ドラえもんはジョセフ達にカーズとの戦いの場に連れて行って貰うと同時に、
波紋を習得させてもらえることになったのだ!

こうしてドラえもんは―ヴェネチアで女教師リサリサと会うことになるのであった。


【地獄昇柱~ヘルクライム・ビラー~】