※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

2007年5月26日~27日

会津・あだたらツーリング

他の方のツーレポを見ていたら、会津に大内宿という宿場町があるという。昨年行った馬籠などの木曽路の宿場町がなかなかよかったので行ってみることにした。



26日 <自宅→大内宿→高湯→塩原>



今回はそれほどの距離を走らないので、6時ころに出発した。いつもどおり江戸川沿いを北上して、五霞で4号に入る。今日は渋滞もなくかなりのハイペースで走ることができた。那須から塩原をとおり山王峠を抜け、会津田島へと向かう。塩原あたりはいつも遅い車がいてじっと我慢の走行となってしまう。今回も遅いトラックがいて低速走行となった。
それでも、大内宿には昼ごろに到着することができた。


大内宿は昔からある宿場町を保存したものではなく、観光用に作ったものらしい。建物は新しく、全部みやげ物やで風情はまったくなかった。みやげ物を少々購入してさっさと退散することにした。予想していたよりも早い時間で会津まできてしまったので、高湯温泉まで足を伸ばすことにした。高湯に2時ころに到着した。安達屋の温泉に入る。高湯の特徴である白濁した湯と硫黄の香りで気持ちのいい湯につかることができた。玉子湯旅館の露天風呂もいいらしいのだが立ち寄り湯の時間があわず入れなかった。

今日はあだたら野営場でキャンプをするつもりだったのだが、行ってみると草ぼうぼうで誰もいない。一人でここでキャンプをするのはあまりにも心細いのであきらめて他へ行くことにした。最初に候補にしていた塩原グリーンビレッジに電話をしてみると、バイク用サイトは空いているとのことなので塩原まで戻ることにした。下道では遅くなりそうなので高速を使って西那須野塩原まで一気に移動する。5時少し過ぎに到着。ファミリーキャンパーがたくさんいて賑やかなキャンプ場だったが、バイク用サイトは山の斜面の通路のようなところで、他とは全く隔離されていた。まあいいけどね。


料金は1000円くらいと少々高いが、場内に無料で入れる温泉がありサイトは良くないがまあまあかな。

27日 <塩原→真岡→自宅>

ここから自宅まではたいした距離ではないので8時半ころまでキャンプ場でゆっくりしていた。みやげに肉関連のものを買おうとホウライ牧場へ行く。生肉は無理なので、骨付きソーセージ、牛タン、チーズを買う。行きは4号で来たので、帰りは県道をつないで帰ることにした。田植えもおわり、稲が伸び始めた緑の田んぼと麦の実った茶色い畑がきれいなコントラストをなしていた。


3時頃、無事帰宅。天気に恵まれ、楽しいツーリングだった。