Oblivion/基本Modメモ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

  • 公式パッチ、ツール類

公式パッチ

公式の最終バージョンは1.2.0416。
Shivering Isles(SI、通称ガクブル島)を導入しているかで使用するパッチは異なるがバージョンは同じ。
パッチの展開に多少時間がかかるので起動後は焦らず待つこと。

日本語化パッチ

リンク先は日本語化wiki。ダウンロードは4sharedからがポップアップ広告も無くて安定している。
詳しいことはReadMeを参照。これでOblivionの.exeを書き換えることにより、日本語表示に対応させる。
このパッチだけで日本語化されるわけではない。

Oblivion Mod Manager

リンク先はwikiの解説ページ。通称ObMM。
ModをOModファイルに変換して一括管理が可能になる。
OMod作成のわかりやすい解説はこちら
最近はOModで配布されているModもあるので必須と言っていい。

BETTER OBLIVION SORTING SOFTWARE

リンク先はTESNexus。通称BOSS。
Modの並べ替えを行って起動する際におかしくならないようにしてくれるツール。
これに後述の日本語版マスターファイルを適用して使用する。

  • アンオフィシャルパッチ、日本語化Mod

Unofficial Oblivion Patch 3.2.0

公式パッチで修正されない不具合などを修正する。これを入れると通常の日本語化に支障をきたすので以下のパッチで日本語化する。

Unofficial Oblivion Patch Supplemental v3.2.5

アンオフィシャルパッチを3.2.5にアップデートする。
これを入れないと日本語化ができない。ちなみに現在3.2.6が最新バージョンであるがこちらは日本語化に対応していない。

しとしん版 名詞日本語化ファイルセット

日本語化Modの派生Mod。
この中の「JPBooksAlt_by_Cytosine」とおまけフォルダ内の「Unofficial Oblivion Patch v3.2.5 日本語化」と「しとしん版用BOSSマスターリスト」を使用する。
使い方はそれぞれのReadMe参照。
「JPBooksAlt_by_Cytosine」は単体でOModにするとよい。

ここまでで基本的な部分の日本語化が完了する。