CT/特技


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

  • 戦闘系特技

《イニシアチブ強化》
利益 :君はイニシアチブ判定に+4の特技ボーナスを得る。

《回避》
前提条件 :【敏】2
利益 :君はACに+1の回避ボーナスを得る。ACに【敏】を失うような状況下では、この特技によるボーナスも消失する。

  《移動時の守り》
前提条件 :《回避》
利益 :君は機会攻撃に対してACに+2のボーナスを得る。

   《強行突破》
前提条件 :《移動時の守り》
利益 :君は機会攻撃に対して更にACに+2のボーナスを得る。(《移動時の守り》と合わせて合計+4のボーナス)

《頑健無比》
利益 :君の頑健は+2される。

《強打》
前提条件 :【筋】2、基本攻撃ボーナス+1。
タイミング :接触攻撃でない近接攻撃の攻撃ロールの直前に宣言する。
利益 :このターンのすべての攻撃ロールに-1のペナルティを受けることで、すべての近接攻撃のダメージに+2のボーナスを得る。このボーナスは両手武器を使用している場合+3になる。
   基本攻撃ボーナスが+4に達した時点及び以降+4されるごとに、攻撃ロールへのペナルティは更に-1され、ダメージは更に+2(+3)される。

  《薙ぎ払い》
前提条件 :《強打》
利益 :近接攻撃が命中した際、1回だけ別の目標を同じ攻撃ボーナスで攻撃できる。この攻撃を行うと次の自分のターンまでACが-2される。

   《薙ぎ払い強化》
前提条件 :《強打》、基本攻撃ボーナス+4。
利益 《薙ぎ払い》 を何度でも行えるようになる。ただし、1ターンのうちに同じ目標を2回攻撃することはできない。

《近距離射撃》
利益 :10m以内の目標への遠隔攻撃の攻撃ロールとダメージに+1のボーナスを得る。

  《精密射撃》
前提条件 :【敏】5、《近距離射撃》、基本攻撃ボーナス+9。
利益 :遠隔攻撃時に遮蔽などの効果をひとつ無視する。

   《精密射撃強化》
前提条件 :《精密射撃》、基本攻撃ボーナス+16。
利益 :1回の遠隔攻撃において目標の鎧または盾ボーナスを無視する。

  《連射》
前提条件 :【敏】2、《近距離射撃》
利益 :射撃武器で全力攻撃をする際、1回の追加攻撃を得ることができる。ただし、その場合すべての攻撃ロールは-2のペナルティを受ける。

   《束ね撃ち》
前提条件 :【敏】4、《連射》、基本攻撃ボーナス+6。
利益 :射撃武器で全力攻撃をする際、更に1回の追加攻撃を得ることができる。ただし、その場合すべての攻撃ロールは-2のペナルティを受ける。

《クリティカル強化》
前提条件 :該当の武器への習熟、基本攻撃ボーナス+8。
特殊 :習得するときに武器を1種類選択する。
利益 :選択した武器のクリティカル可能域を2倍にする。

《高速装填》
前提条件 :対象のクロスボウの習熟
特殊 :習得するときにクロスボウを1種類選択する。
利益 :選択したクロスボウの装填にかかるアクションが1段階緩和される。

《攻防一体》
前提条件 :【知】2
タイミング :近接攻撃の攻撃ロールの直前に宣言する。
利益 :このターンのすべての攻撃ロールに-1のペナルティを受けることで、次のターン開始時までACに+1のボーナスを得る。
   基本攻撃ボーナスが+4に達した時点及び以降+4されるごとに、攻撃ロールへのペナルティは更に-1され、ACへのボーナスは更に+1される。

  《足払い強化》
前提条件 :《攻防一体》
利益 :足払い時に機会攻撃を誘発しなくなる。足払い時の攻撃ロールと足払いに対するACに+2のボーナスを得る。

   《上級足払い》
前提条件 :《足払い強化》、基本攻撃ボーナス+6
利益 :足払い時の攻撃ロールと足払いに対するACに更に+2のボーナスを得る。

《神速の反応》
利益 :君の反応は+2される。

《素手強化》
利益 :素手で攻撃しても機会攻撃を誘発しない。

  《蠍の型》
前提条件 :《素手強化》
タイミング :素手での近接攻撃の攻撃ロールの直前に宣言する。
利益 :1回の攻撃を反応に対して行う。この攻撃で目標にダメージを与えた場合、目標は移動不能(セーブ・終了)状態になる。

   《ゴルゴンの拳》
前提条件 :《蠍の型》、基本攻撃ボーナス+6。
タイミング :素手での近接攻撃の攻撃ロールの直前に宣言する。
利益 :1回の攻撃を反応に対して行う。この攻撃で移動不能状態の目標にダメージを与えた場合、目標は麻痺(セーブ・終了)状態になる。

    《メデューサの怒り》
前提条件 :《ゴルゴンの拳》、基本攻撃ボーナス+11。
利益 :全力攻撃時、目標が幻惑、立ちすくみ、麻痺、気絶のいずれかの状態であった場合、最も高い攻撃ボーナスの攻撃を追加で1回行うことができる。

  《朦朧化打撃》
前提条件 :【敏】2、【判】2、《素手強化》、基本攻撃ボーナス+8。
タイミング :素手での近接攻撃の攻撃ロールの直前に宣言する。
利益 :1回の攻撃を頑健に対して行う。この攻撃で目標にダメージを与えた場合、目標は幻惑(セーブ・終了)状態になる。

  《矢止め》
前提条件 :【敏】2、《素手強化》
利益 :1ラウンドに1回、片手が自由で自分への遠隔攻撃に気付いている場合、受け止められる遠隔攻撃を無効にする。

   《矢つかみ》
前提条件 :【敏】4、《矢止め》
利益 《矢止め》 を行った際、投擲武器であれば即座に投げ返せる。

《盾習熟》
特殊 :習得するときに盾を1種類選択する。
利益 :選択した盾を装備できるようになる。

  《盾熟練》
前提条件 :該当の盾への習熟、基本攻撃ボーナス+1。
特殊 :習得するときに盾を1種類選択する。
利益 :選択した盾のACへのボーナスが+1される。

   《上級盾熟練》
前提条件 :《盾熟練》、ファイター8LV。
特殊 :習得するときに盾を1種類選択する。
利益 :選択した盾のACへのボーナスが更に+1される。

《致命的な狙い》
前提条件 :【敏】2、基本攻撃ボーナス+1。
タイミング :接触攻撃でない遠隔攻撃の攻撃ロールの直前に宣言する。
利益 :このターンのすべての攻撃ロールに-1のペナルティを受けることで、すべての近接攻撃のダメージに+2のボーナスを得る。
   基本攻撃ボーナスが+4に達した時点及び以降+4されるごとに、攻撃ロールへのペナルティは更に-1され、ダメージは更に+2される。

《追加HP》
利益 :最大HPが+(5+レベルの1/3)される。

《二刀流》
前提条件 :【敏】3
利益 :左右の手に持った武器でそれぞれ攻撃ができる。利き手側の攻撃には-2、逆手側の攻撃には-4のペナルティを受ける。
   逆手に持っている武器が「副武器」であれば逆手のペナルティは-2になる。逆手での攻撃は1ラウンドに1回しか行えない。

  《二刀の守り》
前提条件 :【敏】3、《二刀流》
利益 :両手にそれぞれ武器を持っている場合、ACに+1の盾ボーナスを得る。

  《二刀流強化》
前提条件 :【敏】4、《二刀流》、基本攻撃ボーナス+6。
利益 :逆手の武器による1回の攻撃の後、-5のペナルティを受けてもう1回逆手の武器で攻撃を行える。

   《上級二刀流》
前提条件 :【敏】5、《二刀流強化》、基本攻撃ボーナス+11。
利益 :逆手の武器による2回目の攻撃の後、更に-5のペナルティを受けて3回目の逆手の武器による攻撃を行える。

   《二刀のかきむしり》
前提条件 :【敏】4、《二刀流強化》、基本攻撃ボーナス+11。
利益 :利き手側と逆手側の攻撃がそれぞれ命中した場合、1d10+(【筋】の1.5倍)の追加ダメージを与える。この追加ダメージは1ラウンドに1回までしか与えられない。

《鋼の意志》
利益 :君の意志は+2される。

《早抜き》
前提条件 :基本攻撃ボーナス+1
利益 :君はイニシアチブ判定に+2の特技ボーナスを得る。武器やポーションなどをフリーアクションで抜くことができる。

《武器習熟》
特殊 :習得するときに武器分類を1つ選択する。 特殊 武器の場合、武器の種類を1種類選択する。
利益 :選択した武器を装備できるようになる。

  《武器熟練》
特殊 :習得するときに武器を1種類選択する。
利益 :選択した武器での攻撃ロールに+1のボーナスを得る。

   《上級武器熟練》
前提条件 :《武器熟練》、ファイター8
特殊 :習得するときに武器を1種類選択する。
利益 :選択した武器での攻撃ロールに+1のボーナスを得る。

   《武器開眼》
前提条件 :《武器熟練》、ファイター4
特殊 :習得するときに武器を1種類選択する。
利益 :選択した武器でのダメージロールに+2のボーナスを得る。

    《上級武器開眼》
前提条件 :《武器開眼》、《上級武器熟練》、ファイター12
特殊 :習得するときに武器を1種類選択する。
利益 :選択した武器でのダメージロールに更に+2のボーナスを得る。

《迎え撃ち》
利益 :機会攻撃を立ちすくみ状態でも行えるようになる。1ラウンドに行える機会攻撃の回数が【敏】まで引き上げられる。

  《足止め》
前提条件 :《迎え撃ち》
利益 :移動に対する機会攻撃を命中させた場合、目標の移動はそこで強制的に終了になる。

《無視界戦闘》
利益 :近接攻撃時に視認困難による失敗判定を1回だけ振りなおすことができる。また、敵の近接攻撃に対して視覚に関するペナルティを受けなくなる。

《鎧習熟》
特殊 :習得するときに自分が装備できるものより1段階上の鎧を1種類選択する。
利益 :選択した鎧を装備できるようになる。

  • クラス特技
《癒しの手回数追加》
《退散回数追加》
《気力追加》
《激怒回数追加》
《化身時発動》
《慈悲追加》
《呪芸時間追加》
《発動妨害》
  《呪文潰し》

  • 魔法系特技
《呪文威力強化》
タイミング :呪文の使用時に宣言する。
利益 :呪文の使用回数を2回多く使用して発動する。呪文のダイスで決める数値(ダメージや回復量)は1.5倍になる。

《呪文威力最大化》
タイミング :呪文の使用時に宣言する。
利益 :呪文の使用回数を3回多く使用して発動する。呪文のダイスで決める数値(ダメージや回復量)は最大値になる。

《呪文音声省略》
タイミング :呪文の使用時に宣言する。
利益 :呪文の使用回数を1回多く使用して発動する。音声が必要な呪文を音声なしで発動できる。バードの呪文にはこの特技は適用されない。

《呪文距離延長》
タイミング :呪文の使用時に宣言する。
利益 :呪文の使用回数を1回多く使用して発動する。射程が近距離・中距離・遠距離の呪文の射程を1段階大きくする。

《呪文効果範囲拡大》
タイミング :呪文の使用時に宣言する。
利益 :呪文の使用回数を3回多く使用して発動する。範囲がある呪文の効果範囲は2倍になる。

《呪文高速化》
タイミング :呪文の使用時に宣言する。
利益 :呪文の使用回数を4回多く使用して発動する。フリーアクションで呪文を発動できる。

《呪文持続時間延長》
タイミング :呪文の使用時に宣言する。
利益 :呪文の使用回数を1回多く使用して発動する。持続時間のある呪文の持続時間は2倍になる。

《呪文熟練》
特殊 :習得するときに呪文の系統を1種類選択する。
利益 :選択した系統の呪文での攻撃ロールに+1のボーナスを得る。

  《上級呪文熟練》
前提条件 :《呪文熟練》
特殊 :習得するときに呪文の系統を1種類選択する。
利益 :選択した系統の呪文での攻撃ロールに更に+1のボーナスを得る。

《呪文相殺強化》
利益 :他者が呪文を使用する際、同じ系統で呪文レベルが1以上高い呪文を使用することで相殺することができるようになる。

《呪文動作省略》
タイミング :呪文の使用時に宣言する。
利益 :呪文の使用回数を1回多く使用して発動する。動作が必要な呪文を動作なしで発動できる。

《招来クリーチャー強化》
前提条件 :召喚術の《呪文熟練》
利益 :君がなんらかのサモン呪文で召喚したクリーチャーは、その呪文の持続時間の間、【筋】と【耐】に+2の強化ボーナスを得る。

《戦闘発動》
利益 :君は防御的発動と精神集中に+4のボーナスを得る。

《鎧の魔術師》
前提条件 :軽装鎧の習熟、術者レベル3。
利益 :鎧による秘術呪文失敗率を10%低減させることができる。

  《重装発動》
前提条件 :中装鎧の習熟、術者レベル7。
利益 :鎧による秘術呪文失敗率を更に10%低減させることができる。

《秘術の打撃》
前提条件 :秘術呪文を行使可能であること
利益 :フリーアクションで武器に秘術呪文の力を注ぎ込むことができる。呪文を注ぎ込まれた武器は1ラウンドの間魔法の武器として扱われ、ダメージに+1のボーナスを得る。
   君の持つ5術者レベル毎に武器へのダメージ・ボーナスは+1され、最大でレベル20の時に+5になる。

  • 一般系特技
《技能熟練》
特殊 :習得するときに技能を1種類選択する。
利益 :選択した技能の判定に+3のボーナスを得る。

《語学の才》
特殊 :習得するときに言語を1種類選択する。
利益 :選択した言語に精通する。

《何でも屋》
利益 :習得していない技能の判定に+2のボーナスを得る。

  • 作成系特技
《スタッフ作成》
前提条件 :術者レベル11
利益 :魔法のスタッフを作成できる。

《その他の魔法のアイテム作成》
前提条件 :術者レベル3
利益 :その他の魔法のアイテムを作成できる。

《ポーション作成》
前提条件 :術者レベル3
利益 :魔法のポーションを作成できる。

《巻物作成》
前提条件 :術者レベル1
利益 :魔法のスクロールを作成できる。

《魔法の武器防具作成》
前提条件 :術者レベル5
利益 :魔法の武器、鎧、盾を作成できる。

《魔法の指輪作成》
前提条件 :術者レベル7
利益 :魔法の指輪を作成できる。

《ロッド作成》
前提条件 :術者レベル9
利益 :魔法のロッドを作成できる。

《ワンド作成》
前提条件 :術者レベル5
利益 :魔法のワンドを作成できる。