※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

烏鷺の考えるコスト論

仮に建てた参考ページ。しかし、このコスト論どおりにしてもカードパワーが強すぎになる可能性はあります。最終的にはゲームバランスをいかに崩さないかが重要になってくるので、そこはオリカ作成者の腕の見せ所です。自分の作ったオリカのテキストをうまく調整してあげましょう。

クリーチャー

コスト/パワー。「戦国編」以降の 「バニラ(もしくは準バニラ)クリーチャー」 が基準。ナイトやオリジンなど、優遇種族にも例外あり。(《レーザリオン》、《チクタク・キューン》など) (※あくまで大まかな目安です。さらに仮です。)
6000以上のクリーチャーには「W・ブレイカー」、12000以上のクリーチャーには「T(W)・ブレイカー」が付くので、それが前提のコスト/パワーです。
  • 《覚醒するブレイブ・ホーン》をサンプルとして、聖拳編当時のコスト論で考えると「W・ブレイカー」という能力自体は「パワー2000分の能力」のようです。

1/0 2/3000 3/4000 4/5000 5/6000 6/8000 7/10000
自然 1/1000 2/3000 3/4000 4/5000 5/6000 6/8000 7/10000
1/500 2/2500 3/3500 4/5500 5/6500 6/8500 7/10500
1/0 2/2000 3/4000 4/5000 5/6000 6/8000 7/10000
1/1000 2/2000 3/3000 4/5000 5/6000 6/8000 7/10000


召喚条件付きクリーチャー

多色/コスト-1(3色以上の場合-2。) 進化/コスト-3(通常の進化のみ?)