最後のチャンス


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

オズワルド・ヂ・アンドラーヂ
1928年の食人運動
ブラジル芸術の革新は、ブラジル人芸術家の出発点であるべき出自の再評価を出発点とし、海外から輸入された文化や技法を食い尽くす事を出発点とし、自律した再生を出発点とする」

そして、これが1922年の「近代芸術週間」が残してくれた大きな遺産だ。より保守的な分野に於いて我々は新しい物に対する恐怖心と共存sるが、これは万人共通の感覚だろう。出自に対するブラジル人の自覚は我々の芸術を見る目、芸術を創出する発想、芸術作品に対する理解を変えた。

Heloísa Lostosa
Ex-diretora do Museu Nacinal de Belas Artes



ブラジルは人種と文化の融合に関する生きた実験室だ。
フランスの歴史学者ルシアン・ファーヴェルによれば、ブラジルに於ける民族、人種、文化の重なり合いは地球上で類を見ない現象だ。

人種と文化の融合はブラジルの文明をすこぶる豊かにした。

Anita Waingort Novinsky
Labratório de Estudos sobre a Intolerância da USP



伝説、風俗、習慣、信仰等々は、大衆文化を構成する。
ブラジルにおける大衆文化は社会の現状に関する認識を生み出す海外発の経験を組み込んでいる。しかし、北
から南まで全国のブラジル人は新しい知識を創り出す事に関して優れた能力を示し、これ等の知識は時代に沿って語り伝えられている。

英国の古物研究家兼書誌学者ウィリアム・ジョン・トムズは1846年に民間伝承の概念を「ある民族の伝統的な叡智」と定義した。この定義を無視することなく、第8回ブラジル民間伝承学会で「フォークロア又は民間伝承とはある共同体またコミュニティーの個別的集合的に表現される自らの伝統に基づく産物である、且つその社会的な独自性を表す文化的な創造物の集まりだ」と定義している


1922年に生まれたモダニズムは無秩序と行き過ぎたナショナリズムをもたらした

Ivan Junqueira