C言語講座-0日目「準備」


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

コンパイラの準備


まずは準備として、コンパイラを用意しなければなりません。これがなければプログラミングを実行することができないので。
学習者には、以下のコンパイラがお勧めです。

学習用C言語開発環境:http://9cguide.appspot.com/p_9cide.html

管理者権限がなくてもインストール可です。


プログラムの記法について


Cの記法について書いておきます。
C言語は「フリーフォーマット」をとっています。これは、行にとらわれず、比較的自由に書ける記法です。「トークン」と呼ばれる最小単位を分割・合体させてしまわなければ、どんな書き方であれOKです。
トークンとはいわば、単語のことです。例えば「int n;」という文であれば「int」と 「n」、それと「;」がトークンになります。これらの間がいくらスペースであいていたり改行されていてもかまいません(;のような記号は別のトークンに引っ付いてもかまいませんが)。しかし「intn;」や「in t n;」のように変なところであけたり、別のものをひっつけてしまうとダメです(ある意味当然です)。

フリーフォーマット言語であるCでは、文の区切りが必要です。そのため、文の最後に「;」をつけます。また、本来一文であるところを、複数の文が必要なときは「{}」を用います(英語で言う節みたいなもの)。

その他、Cの特徴としてまず「大文字」と「小文字」は区別されることがあげられます。「int」と「INT」と「Int」は別物です。また、他の特徴として、Cでプログラム中は全角文字を文章として認識できませんので(""で囲われた中は可)、 全角スペースを空けるとエラーを返します ので注意してください。