※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

アーリィ・テム

1st Character

プロフィール

種族:ケット・シー 性別:オス 年齢:18(登録時)
職業:万能型壁ネコ
性格:素直/お人よし/正義感
一人称:ボク
二人称:呼び捨て、敬称(しゃん/さん)
語尾:~にゃぁ。~にゃ。


+生い立ち
出身:三連のネコの島にある小さな漁村
経歴:海賊見習い→山賊見習い→冒険者→商人

 小さな漁村の大家族の末っ子に生まれる。
両親の祖父母が健在で、末の孫ということもあり溺愛されて育つ。
教育レベルの低さの生まれた要素の一因。

 ある時村の近くに船舶していた海賊の船に乗り込み、
「海賊の仲間になりたいにゃ~」とのん気にいってのけたら海に蹴落とされた。

 叔父が冒険家であったが故に外の世界、冒険の世界に憧れを抱いていたための行動。
ではあったが、やっぱりどこかずれている。

 そんな行動を繰り返し、船舶している間と近場の航海の間だけ海賊見習いをしていた。

 それから「立派なオトコになるために冒険者になるにゃ!」と宣言し家を飛び出すも、
道中、山賊に襲われて「冒険者さんにゃ!? ボクもなるにゃ~♪」とついていってしまう。
不幸中の幸いか、殺されることも売り飛ばされることもされず、芋の皮向きなど雑用をやっていたが、
「一般人を襲うのはオトコのすることじゃない!=冒険者じゃない?!」と気付き、
夜中に頭領にごめんなさいして出てきてしまう。
よく出られたなと思う(ぁ

 なんのかんのとがんばってサイコラウン領につき、ヘッポのこけそびれの扉をたたくことになる。



+外見
 紫の瞳にグレイを基調とした白の混じり毛。毛足は長くも短くもない。右の肩としっぽの先だけ真っ白い。
耳は尖って空を向いていて、ヒゲはそこそこ長い。爪とぎのできる手を持つ。
 体長は小さく、ケット・シーの中でもかなり小柄な部類。成長不良ではないはずなのだが・・・。
ただし、外見とは裏腹に、イヴリス戦役のおかげでかなり打たれ強く、仲間を庇えるほど。
 大きめのダボダボした赤い長靴を履く。二足歩行。布性のサスペンダーにダボダボな黒チェックのニッカーボッカー。
カーキ色の丈の短い半そでの上着を着用。アイデンティティーでもある大きな海賊帽子に首は赤いスカーフ。
体の半分を隠すほどの大きな黒い革鞄を斜め掛けにしている。


+内面
 強い「男」に憬れる。自分もそうなりたいと思っている。いろんな背中を見てきて、理想像に追いついていない自分を自覚している。

 猫の特性でもある「気ままさ」と、甘やかされて育った「警戒心のなさ」を持っている。それゆえにとても素直。
商売人となる道を選んだため、多少の思慮深さを手に入れたものの、まだまだ成長途中。
良くも悪くもポジティブシンキング。

 皆が皆、笑顔で幸せな世界。 そういうのを目指している。
光が出来れば、影が出来るということもわかっているが、それでも成し遂げたいと思っている。
そのための商人。そのための卒業。